Pocket

 

 

高速道路の料金をお得な割引料金で利用することができるETCカードは、現在普及率が9割を超えていると言われています。

 

しかし、新規法人の場合、法人用のETCカードが作れなくて困っているという方も多いのではないでしょうか。

 

そうした方の助けになるのが「高速情報協同組合 法人ETCカード」です。

 

高速情報協同組合 法人ETCカードは新規法人の方でも作成可能なETC専用カードとなっていますので、経費となる高速料金をお得に支払うことができるのですね。

 

今回は、高速情報協同組合 法人ETCカードの特徴やメリット・デメリットを詳しく解説していきましょう。

 

高速情報協同組合 法人ETCカードとは

「高速情報協同組合 法人ETCカード」は、九州に本拠を置く「高速情報協同組合」が発行するETC専用カードです。

 

新規法人などの場合でも作成することができるETCカードとして、スタートアップ企業にとっては助かる存在となっています。

 

起業して間もない新規法人の場合、法人用のETCカードを作成しようと思っても、審査に通過せずにカードを作ることができないというケースがあります。

 

高速情報協同組合の考え方は「相互扶助」の理念となっており、出資者全員でリスクを分担することで、倒産リスクのある新規法人でもETCカードを作成することができるのです。

 

高速情報協同組合 法人ETCカードなら、新規法人の場合でも休日・夜間30%割引のETC料金の恩恵をうけることができるのです。

高速情報協同組合 法人ETCカードの特徴

高速情報協同組合 法人ETCカードは、クレジットカード機能は付帯していないETC専用カードとして発行されています。

 

会社を設立して間もない新規法人の場合ですと、法人用のクレジットカードやETCカードを作るのが困難な場合があります。

 

しかし、起業すると経費の支払いというのは待ってくれません。

 

特に車での移動が多い企業の場合、経費となる高速道路料金の支払いに困ってしまっている会社も少なくないのではないでしょうか。

 

高速情報協同組合 法人ETCカードは、そうした新規企業でもすぐに利用することができるETC専用カードとなっています。

高速情報協同組合 法人ETCカードを発行するための必要経費

高速情報協同組合 法人ETCカードを発行するためには「高速情報協同組合」に加入する必要があります。

 

組合に加入とはいっても、特に会合に参加しなければならないといった義務はありませんので、ETCカードを発行するために加入する必要があるという認識で問題ありません。

 

高速情報協同組合に加入するためには出資金として10000円が必要になりますが、出資金は高速情報協同組合の脱会時に返金される預り金となります。

 

出資金以外に必要になってくる必要経費としては、カード発行1枚当たり税別500円のカード発行手数料が必要になってきます。

 

また、年に1回取り扱い手数料として、カード1枚当たり税別500円が必要となっています。

高速情報協同組合 法人ETCカードの利用方法

高速情報協同組合 法人ETCカードは、通常のETCカードと同じように使用することが出来ます。

 

ETC車載器にカードを挿入してETCゲートを通過することが可能となっており、レンタカーなどのETC車載器でも利用することができます。

 

高速情報協同組合 法人ETCカードの利用料金の支払いは、毎月の利用金額を口座振替で支払います。

 

毎月月末締めとなっており、翌々月の8日に指定の口座から口座振替でETCの利用料金が引き落としされます。

 

毎月の利用料金には、利用した高速料金の5%が手数料として必要になってきます。

高速情報協同組合ってなに?

高速情報協同組合 法人ETCカードを申込みするためには「高速情報協同組合」に加入する必要があります。

 

高速情報協同組合って聞いたことが無いけど入会しても大丈夫?と心配になってしまっている方もいるかも知れませんね。

 

高速情報協同組合とは相互扶助の精神を基に、中小企業の経営をサポートするための「中小企業等協同組合」のひとつです。

 

1社では規模が小さく、様々な制度を利用するに当たって大企業よりも不利になりがちな中小企業の経営をサポートする目的で中小企業等協同組合は設立されています。

 

複数の会社が共同になって商品やサービスを購入したり交渉をしたりすることで、より有利な条件で購買・交渉をすることが可能になるのですね。

 

 

では、高速情報協同組合とはどのような組合かというと、中小企業でも事業車用のETCカードを作成して、割引制度を利用する為に設立されている組合となります。

 

高速情報協同組合 法人ETCカードの作成に高速情報協同組合への加入が必要は「ETCコーポレートカード」の制度を利用したETCを発行しているからです。

 

ETCコーポレートカードは大口での申込みの団体に発行される、割引率の大きなETCカードとなっています。

 

多数の中小企業がひとつの組合としてETCカードを利用することで、大口の契約者にしかうけることができない割引制度を共有することができるのですね。

 

 

高速情報協同組合 法人ETCカードを申込みする際に高速情報協同組合に加入しても、特に組合活動などが必要になることはありません。

 

高速情報協同組合は、完全にETCを発行するためだけの組合であると考えて差し支えないでしょう。

高速情報協同組合 法人ETCカードの申込資格

高速情報協同組合 法人ETCカードは、原則として中小企業の法人が対象となっていますが、個人事業主の方でも申込みをすることが可能です。

 

高速情報協同組合 法人ETCカードは審査を必要とせず、出資金を預けることで誰でも作れるETCカードとなっています。

 

高速情報協同組合 法人ETCカードを申込みする際には、

 

・登記簿謄本の写し(法人の場合)

・確定申告書の写し(個人事業主の場合)

・車検証の写し

・ETC車載器のセットアップ証明書の写し

 

といった書類が必要になります。

 

書類の提出後、カードの到着まで約10日間が必要となりますので、申込みの際には余裕を持って申込みをするようにしましょう。

高速情報協同組合 法人ETCカードの申込みの流れ

高速情報協同組合 法人ETCカードを申込みする際には、高速情報協同組合への入会が必要になっています。

 

高速情報協同組合への入会は、高速情報協同組合 法人ETCカードの申込みページから入会することができます。

 

申込みをすることができるのは、中小企業の法人の方はもちろんのこと、個人事業主の方でも申込みをすることが可能です。

 

入会が完了すると、登記簿謄本などの必要書類を郵送して高速情報協同組合 法人ETCカードを申込みする流れになっています。

 

申込みの際には、ETC車載器のセットアップ証明書の写しが必要になっていますので、事前にカーショップなどでETCの取り付け・セットアップを済ませておきましょう。

高速情報協同組合 法人ETCカードの付帯サービス

高速情報協同組合 法人ETCカードは、クレジットカード機能の無いETC専用カードとなっていますので、残念ながら付帯サービスは用意されておりません。

 

あくまでも、高速道路の料金を支払うための専用カードとしての位置づけのカードとなるのですね。

高速情報協同組合 法人ETCカードのメリット

新規法人・個人事業主の方でも作成可能な「高速情報協同組合 法人ETCカード」

 

法人ETCカードとして、高速料金の支払いに利用することができる高速情報協同組合 法人ETCカードですが、カードの利用ではどのようなメリットをうけることができるのでしょうか?

 

ここでは、高速情報協同組合 法人ETCカードのメリットをまとめてみましょう。

新規法人・個人事業主の方でも法人ETCカードを作ることができる

高速情報協同組合 法人ETCカードの最も大きなメリットというと、やはり新規法人・個人事業主の方でも法人ETCカードを持つことができる点でしょう。

 

法人ETCカードは通常、法人クレジットカードに付帯する形で利用することができます。

 

しかし、法人クレジットカードの審査は、個人用のクレジットカードよりも審査のハードルが高くなってしまいがちになっています。

 

法人クレジットカードの申込資格には、起業後3年以上・黒字経営であることなどの条件が設けられているものが多く、新規法人では法人クレジットカードを申込むことすらできません。

 

高速情報協同組合 法人ETCカードは、新規法人はもちろん、個人事業主の方でも申込みをすることができますので、法人クレジットカードを持てない方でも法人ETCカードを利用することができるのですね。

高速料金の割引率が高い

高速情報協同組合 法人ETCカードは、中小企業等協同組合の理念により、相互扶助の精神で成り立っているETCカードです。

 

高速情報協同組合がETCカードを一括して申込みをすることで、大口契約者を対象とした割引の恩恵をうけることができるのが高速情報協同組合 法人ETCカードの大きなメリットとなっているのですね。

 

実際、高速情報協同組合 法人ETCカードにどの程度の割引が適用されるのか?というと、

 

休日割引:30%オフ
深夜割引:30%オフ

 

と言った大きな割引をうけることができます。

 

高速情報協同組合 法人ETCカードの支払いには、高速料金の5%の手数料が必要となっていますが、差し引きしても25%の割引をうけることが可能となっているのですね。

 

また、割引が適用される時間帯以外でも、高速道路の料金は区間によって「通常料金」と「ETC料金」が設定されている場合があります。

 

現金で高速を通過するよりも割引になるETCを利用することができますので、会社の経費の削減にも一役買ってくれるカードになるのですね。

高速利料金の経費管理が簡便になる

新規法人や個人事業主の方で、法人クレジットカードをお持ちでない方の場合、現金や個人用のETCカードで高速料金を支払っている方も多いでしょう。

 

個人用の出費と事業用の出費が一緒になってしまうと、困ってしまうのが経理処理の際の手間です。

 

領収書と照らし合わせながら、どれが経費でどれが個人の出費かと仕訳をする作業は、時間と労力の無駄遣いになってしまいますよね。

 

高速情報協同組合 法人ETCカードであれば、会社の経費として使用した高速料金の支払いを、個人での出費と完全に分けることができますので経費管理の手間を削減することができます。

 

また、毎月の利用料金には利用明細書も発行されますので、経費の管理を簡単にすることができるのですね。

従業員用のカードも追加発行することができる

高速情報協同組合 法人ETCカードは、必要に応じて複数枚のカードを発行することが可能となっています。

 

社用車が複数ある中小企業の場合でも、従業員の使用する車全てでETCカードを利用することができますので、お得に高速を利用することができるのですね。

 

また、利用明細書で詳細の利用状況を確認することができますので、社員が不正にETCを利用していないかを監督することも可能です。

 

高速情報協同組合 法人ETCカードのデメリット

新規法人・個人事業主の方でもETC割引の恩恵をうけることができる高速情報協同組合 法人ETCカード。

 

しかし、法人クレジットカード付帯のETCと比べてしまうと、多少制限がある点は致し方無い部分になってきます。

 

ここでは、高速情報協同組合 法人ETCカードのデメリットとなる点を解説していきましょう。

クレジットカード機能が付帯しない

高速情報協同組合 法人ETCカードはETC専用カードとなっていますので、高速道路の料金の支払い以外には利用することができません。

 

新規法人・個人事業主の方で、法人クレジットカードの審査に通過しない場合には「法人デビットカード」という選択肢もあります。

 

法人デビットカードは、口座に入金している残高分しか利用することが出来ませんが、通常のクレジットカードと同じようにクレジット加盟店で利用することができます。

 

事業用の支出を個人の支出と分けるという目的では、

 

・ETCは高速情報協同組合 法人ETCカード

・その他の経費支払いは法人デビットカード

 

という選択肢もあります。

高速料金の利用でポイントを貯めることができない

高速情報協同組合 法人ETCカードにはポイントサービスが用意されておらず、高速料金の支払いでポイントを貯めることができません。

 

また、ETCカードで利用することができる「ETCマイレージ」も利用することができませんので、純粋にETC料金支払い用のカードということになります。

 

ただし、高速情報協同組合 法人ETCカードには休日や夜間での30%割引の優待がありますので、その点だけでも大きなメリットとなるのではないでしょうか。

高速情報協同組合 法人ETCカードはこんな方におすすめ

高速情報協同組合 法人ETCカードは、法人クレジットカードの審査通過が難しい方でも申込みをすることができる法人ETCカードです。

 

新規法人の方
個人事業主の方
フリーランスの方

 

以上のような、法人クレジットカードを作ることが難しい方でもETC割引の恩恵をうけることが可能なのですね。

 

高速情報協同組合 法人ETCカードでは、休日・夜間の30%割引などの大きな割引制度をうけることができるメリットがあります。

 

また、経費での高速料金の支払いを分けることで、経費管理を簡単にすることができるのですね。

 

 

Pocket

基本情報

申し込み資格法人・個人事業主
発行期間10日前後
入会金出資金(脱退時に返金) 10000円/1社
年会費(本人)初年度540円
2年目以降540円
年会費(家族)初年度
2年目以降
解約金
締日月末締め
支払日翌月20日に請求書発行・翌々月8日に口座振替
支払い方法
旅行障害補償海外
国内
ショッピング保険
紛失・盗難保証
ETCカード年会費
備考
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社会社名高速情報協同組合
所在地福岡県北九州市小倉北区神幸町9-1
設立日平成5年3月