Pocket

 

マイル還元率、最大1.71%が可能!
マイル移行手数料無料
国内・海外旅行保険が最大5000万円
旅行保険は家族特約も付帯
空港ラウンジの利用が無料

 

入会キャンペーン

最大62000マイル相当がもらえる!!

 

ANAワイドゴールドカードとは

全日空「ANA」と三井住友カードが提携して発行するのが「ANAワイドゴールドカード」です。

 

 

ANAワイドゴールドカードの一番のメリットは、やはりANAマイルの貯めやすさ。ANAマイレージカードとクレジットカードが一体となったANAワイドゴールドカードは、最大1.71%もの還元率でマイルを貯めることが出来る、脅威のマイレージカードなのです。

 

 

マイルの貯めやすさだけで無く、ゴールドカードならではの高付加価値な付帯サービスも魅力的なANAワイドゴールドカード。

 

 

ここでは、1.71%のマイル還元を実現する方法と、ANAワイドゴールドカードの魅力を徹底的にご紹介していきましょう。

ANAワイドゴールドカードの特徴

ANAワイドゴールドカードはANAと三井住友カードが提携して発行するカードで、国際ブランドはVISAとなっています。カードには電子マネー「Edy」の機能も付帯させることができ、あらゆるシーンで便利に利用することが可能です。

 

 

ANAワイドゴールドカードの年会費は、税別14000円・家族カードは税別4000円となっています。

 

 

ただし「WEB明細書サービス」「マイ・ペイすリボ」の利用で最大税別4500円・家族カードは税込1500円の割引を受けることが出来ます。

 

 

条件付きではありますが、ANA VISA ワイドゴールドは年会費税別9500円・家族カード税別2500円で保有することが可能なのです。

ANAワイドゴールドカードの還元率

ANAワイドゴールドカードの利用で付与されるポイントは、1000円の利用ごとに1ポイントのワールドプレゼントです。

 

 

三井住友カードで貯めることが出来るワールドプレゼントは、手数料無料の「5マイルコース」と有料の「10マイルコース」でANAマイルに交換することが可能です。

 

 

通常では1ポイントを10マイルに移行することが出来る10マイルコースでは、年会費と別に税別6000円の移行手数料が毎年必要になります。

 

 

しかし、ANAワイドゴールドカードでは10マイルコースを無料で利用することが出来ますので、通常マイル還元率1%と言う高還元率で利用することが出来るのです。

 

 

それだけではなく、リボ払いサービスである「マイ・ペイすリボ」に登録すると、通常ポイントとは別に1000円に1ポイントのボーナスポイントを付与されます。

 

 

ボーナスポイントは、1ポイント3マイルに移行することが出来ますので、マイ・ペイすリボに登録するとマイル還元率1.3%でカードを利用することが出来るのですね。

 

 

ワールドプレゼントは月間の利用金額に応じて付与され、ポイントの有効期限は3年となっています。

 

 

有効期限が3年と長めになっていますので、目標としているマイル数までじっくりとポイントを貯めてマイルに交換することが出来るのですね。

 

 

実はANAカードは電子マネーとの相性があまり良くなく、電子マネーへのチャージでポイントが付与されないものが多いのがひとつのデメリットとなっています。

 

 

唯一ポイント付与の対象となるのは、後払い式電子マネーの「iD」のみが対象となっています。

 

 

ANAワイドゴールドカードにはEdyの機能が付帯していますが、チャージの際にはポイント付与の対象にはなりません。

 

 

ただし、Edyの使用に対しては200円の利用に対し1マイルのマイル付与を受けることが可能となっています。

ANAワイドゴールドカードの申込資格 ・限度額

ANAワイドゴールドカードは、満20歳以上で本人に安定した収入がある方が申し込むことが出来ます。

 

 

また、ANAワイドゴールドカードはゴールドクラスのカードであると言うことで、ゴールドカード独自の審査基準によって審査が行われます。

 

 

とは言え、審査のハードルそのものはそれほど高くはなく、20代で300万円台の年収があれば問題なくカード発行に繋がるでしょう。

 

 

審査完了からカードの発行までは約2週間程度となっています。

 

 

また、ANAワイドゴールドカードの初期利用限度額は70万円~200万円となっており、利用状況によって増枠も可能です。

ANAワイドゴールドカードの付帯サービス

ANAワイドゴールドカードは、ゴールドクラスのカードならではの充実した付帯サービスが用意されています。

 

 

国内・海外ともに旅行保険が自動で付帯しますので、旅行の際の万が一の際にも安心できますよね。

国内旅行保険

死亡・後遺傷害 最高5000万円
入院 5000円/日
通院 2000円/日
手術費用 10万円~40万円

 

また、ANAワイドゴールドカードのメリットとしては、利用付帯で航空機の遅延費用などが補償されるのも嬉しいポイントです・

 

乗継遅延費用 2万円
手荷物遅延費用 1万円
手荷物紛失費用 2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能費用 1万円

海外旅行保険

死亡・後遺傷害 最高5000万円
傷害・疾病治療 最高150万円
賠償責任 最高3000万円
救援者費用 最高100万円
携行品損害 最高50万円

 

 

ANAワイドゴールドカードの海外旅行保険では、傷害・疾病治療費用が最高150万円まで自動で付帯します。

 

 

傷害・疾病治療費用に関しては、複数枚のクレジットカードの補償を上乗せすることが出来ますので、サブカードと併用して補償の上乗せをすることが出来るのです。

 

また、AANAワイドゴールドカードの海外旅行保険にはゴールドカードならではのメリットとして「家族特約」も付帯します。

 

 

家族カードを持っていない家族に対しても自動で最高1000万円の補償が付帯しますので、家族旅行の際も安心ですね。

ANAワイドゴールドカードのメリット

ANAワイドゴールドカードの最も大きなメリットは、やはりANAマイルを貯めやすいカードであることです。

 

 

通常の利用分のポイント付与とは別に、直接マイルが付与される特典が多く用意されているのもANAカードならではの特典と言えるでしょう。

ANAカードマイルプラス特約店での利用でマイルがもらえる

ANAワイドゴールドカードの利用では、1000円ごとに1ポイントのワールドプレゼントを付与されます。

 

 

それだけではなく「ANAカードマイルプラス」の特約店でカードを利用すると、100円・もしくは200円に1マイルの付与を受けることが出来ます。

 

 

ワールドプレゼントは1ポイントを10マイルに移行することが出来るので、マイル付与率にすると1%。

 

 

さらに、ANAカードマイルプラス特約店での利用では0.5%~1%のマイルがプラスされ、1.5%~2%のマイル還元を受けることが出来るのですね。

 

 

ANAカードマイルプラス特約店と言うと、非常に限定されてしまいそうなイメージですが、身近なコンビニやドラッグストアも特約店として提携しています。

 

  • セブンイレブン
  • イトーヨーカドー
  • マツモトキヨシ

 

などの生活に密着した店舗でマイル付与の特典を受けることが出来るのは大きなメリットになりますよね。

ボーナスマイルでザクザクマイルが貯まる

ANAワイドゴールドカードで最も効率良くマイルを貯めるには、やはり航空機の利用です。

 

 

ANAワイドゴールドカードを利用してANAや提携航空会社の航空機のチケットを購入した場合、通常のフライトマイルとは別にボーナスマイルを付与されます。

 

 

ANAの航空便だけではなく、スターアライアンス航空などの提携航空会社のフライトでもボーナスマイル付与の対象となるのは嬉しいメリットですよね。

 

 

また、フライトでのボーナスマイルだけではなく、毎年カードを継続するだけで継続のボーナスマイルがもらえるのも嬉しい点です。

 

 

新規入会でも2000マイルのボーナスマイルを受け取ることができ、その後も毎年カードを継続するだけで2000マイルのボーナスマイルを受け取ることが可能です。

ANAワイドゴールドカードのデメリット

ANAワイドゴールドカードのデメリットをあげるとすれば、10000円を超える年会費を高いとみるか安いとみるかと言う点になるでしょう。

 

 

マイル付与のカードだけ、と考えると年間税別14000円の年会費はデメリットとなってしまうかも知れません。

 

 

しかし、ANAワイドゴールドカードはゴールドカードならではの豊富な付帯サービスが用意されています。

 

 

また、年会費は税別14000円ですが、WEB明細書サービスの利用・マイ・ペイすリボの利用で最大税別9500円まで年会費を割引することが出来ます。

 

 

さらに毎年2000マイルの継続マイルがもらえるので、1マイル2円ほどの価値があるとすると、実質5500円程度の保有コストでカードを維持することが出来るのです。

 

 

一見すると、高額に感じられる年会費も、様々な割引やボーナスマイルなどを考えると、決してデメリットとは言えないのですね。

マイル還元率1.71%!最強ANAカードと言われる理由

ANAワイドゴールドカードの一番のセールスポイントとなっているのが、通常マイル還元率1.71%の実現が可能な点です。

 

 

ANAワイドゴールドカードで1.71%のマイル還元を受ける為には、

 

マイ・ペイすリボへの登録
ソラチカカードとの併用
年間300万円以上のカード利用

 

の3点が必要となってきます。

 

 

上記でも説明したように、通常のポイント還元の他に1ポイント3マイルのボーナスマイルを付与されるマイ・ペイすリボへの登録は必須です。

 

 

ボーナスマイルは直接ANAマイルに交換すると、1ポイントあたり3マイルで、通常ポイントの移行分と合わせて1.3%のマイル還元が可能。

 

 

しかし、ソラチカカードと併用をしてボーナスマイルを一旦「Gポイント」に交換してからANAマイルに移行することで、1ポイント4マイル以上で交換することも可能なのです。

 

 

さらにANAワイドゴールドカードでは、年間の利用金額に応じて翌年の利用金額にボーナスマイルが付与される特典もあります。

 

 

年間300万円以上利用すると50万円の決済ごとに300ポイントのボーナスマイルを受け取ることが可能です。

 

 

付与されたボーナスマイルは、ソラチカカードでGポイントを経由することで、最大で合計1.71%のマイル付与を受けることが可能なのです。

 

 

少しの工夫で脅威のマイル付与率を実現できる点が、ANA VISA ワイドゴールドが最強ANAカードと言われている所以でもあるのですね。

 

 

通称ソラチカルートと呼ばれているマイル還元率UPの方法の詳細は下記にて詳しく解説しています。

img-ana
さて、今回はANAマイラー必見の、「ANAマイルを貯めるための王道プロセス」を紹介していきたいと思います。

ANAワイドゴールドカードはこんな方におすすめ

最も効率良くANAマイルを貯めることが出来るカードと言っても過言ではない、ANAワイドゴールドカード。

 
ANAマイルをお得に貯めたい方
低コストのゴールドカードが欲しい方
セブンイレブン、イトーヨーカドーなどを良く利用する方

 

は、ANAワイドゴールドカードを作っておいて損は無い人であると言っても良いでしょう。

 

 

なんと言っても、最大で1.71%のマイル付与率を実現することが出来るANAワイドゴールドカードは最強のANAカードです。

 

 

さらに、セブンイレブンやイトーヨーカドーなどのANAカードマイル特約店での利用では、さらにマイルを獲得することが可能。

 

 

マイルの還元だけではなく、自動付帯で国内・海外ともに最大5000万円まで補償される旅行保険、ゴールドカードならではの付帯サービスも大きな魅力です。

 

 

Pocket

基本情報

申し込み資格原則として満30歳以上で、本人に安定継続収入のある方
発行期間約2週間
入会金無料
年会費(本人)初年度14,000円+税
2年目以降14,000円+税
年会費(家族)初年度4,000円+税
2年目以降4,000円+税
解約金-
締日毎月15日
支払日翌月10日
支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い、
旅行障害補償海外最高5,000万円
国内最高5,000万円
ショッピング保険年間300万円(免責1事故3千円)
紛失・盗難保証
ETCカード年会費初年度無料
備考2年目以降、1回以上利用で年会費無料
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社会社名三井住友カード株式会社
所在地大阪市中央区今橋4-5-15
設立日1967年12月