Pocket

 

節約カードではなく、人生を楽しむ為のカードです。節約するなら他のカードで!

 

入会キャンペーン

当サイト限定!

通常12,000円(税抜)⇒初年度年会費無料!

 

300x250_rcpgreen_fyf

アメックスグリーンカードとは

chg_green_jp_di_480x304

 

アメックスグリーンカードは、世界一大富豪のビルゲイツや世界一の投資家ウォーレンバフェットなども利用しているクレジットカードです!

 

世界中でも名前の売れている国際ブランド!アメリカンエキスプレスのプロパーカードで、トラベル&エンターテインメントカードとして、その卓越したサービス内容とブランド力で、多くの富裕層などから支持を得ているアメリカンエキスプレスの通常ランクのカードです!

 

日本国内では使いにくいと言われてきたアメックスですが、最近では日本国内ナンバーワンのJCBとの提携により、国内で使えない場所は無い!と言っても良いくらい利便性も良くなりました。そんなアメックスグリーンカードの特徴などをまとめてみました!

アメックスグリーンの特徴

アメックスグリーンの年会費は12000円(税抜)です。高いですよね!!他のカードブランドだとゴールドカード並みの年会費です!事実、サービス内容や付帯保険など、完全にゴールド仕様となっています!

 

しかし、それでもアメックスがこれだけ人気があるのは、この年会費を払ってでも持つ価値があると思われているからです!

 

券面のカッコ良さや高級感、知名度や持っているだけで余裕のある人に感じてしまうようなイメージの良さなどなど、目には見えないメリットも多くあります!

還元率などを重視するというよりは、トラベル(旅行)とエンターテインメント(遊び)についてのサービスや優待が充実しており、節約と言うよりは、人生を豊かにする為に使うカードだと言えると思います!

 

ポイントはメンバーシップリワードポイントが100円で1ポイント貯まり、1000ポイントから様々な物やサービスに変える事が出来ます!還元率は0.4%程度ですので高還元率とは言えません!!

 

一番効率的な交換先はマイルではないかと思います!通常は2000ポイント=1000マイルですが、これを1000ポイント=1000マイルのレートで交換する事が出来ます。

 

このポイント交換の効率を高めるには年会費3000円(税抜)を払ってメンバーシップリワードプラスに加入する必要がありますが、それだとカード維持コストが高くなってしまいますので、貯まったポイントを何かに交換する年にだけメンバーシップリワードプラスに加入すれば、その年だけメンバーシップリワードプラスの年会費を払えば良くなるので、カード維持コストを最小にする事が出来ます!

 

ポイントの有効期限は、一度でもポイントを何かと交換すれば無期限になりますので、例えば目標マイル数に到達をするまでひたすらポイントを貯め続ける事も出来ます!(メンバーシップリワードプラスは加入するとそれだけでポイントが無期限になりますが、ポイントの付与率は変わりません)

 

メンバーシップリワードプラスに加入してマイルに交換すれば、100円で1マイルとなります!1マイルの価値をいくらとするかによりますが、、1マイル=1.5円だと考えても1.5%還元となりますので、絶対的にマイルがお得だと思います!

 

他にも楽天ポイントやTポイントなどへの交換も3000P=1000Pで出来ます!(メンバーシップリワードプラス加入で3000P=1500P)

 

しかし、、かなり還元率は下がりますので、これらの共通ポイントに交換したいのであれば、アメックスグリーンから交換する事はおすすめはしません!

アメックスグリーンの審査

アメックスと聞くと審査が厳しそうなイメージですが、全然そんな事ありません!噂によるとアメックスのゴールドはもっと審査に通り易いとか・・・・

 

普通に正社員として働いているなら問題なく審査に通ると思います。年収は300万円が目安だそうです。

 

ただ、利用限度額の審査は厳しめなようです。最初は利用限度額が10万円程度と低めの設定が多いようです。実績を積んで信用力が上がれば限度額も上がって行きます。リボなども一定期間が経って審査に通らなければ使う事が出来ません!

アメックスグリーンの付帯サービス

アメックスグリーン1

 

海外旅行保険が最高5000万円(利用付帯)と国内旅行保険が最高5000万円(利用付帯)、傷害・疾病治療費用が100万円と、それなりの内容となっています!

 

注意点としては利用付帯であるという事です!旅費や乗り物代などをアメックスグリーンで支払ってないと被保険者にはなりませんので注意してくださいね!

 

金額的にも少し物足りない金額ですので、他のカードブランドで年会費無料の旅行保険自動付帯になっているカードを持っておいて金額の上乗せをする事をお勧めします!傷害・疾病治療費用などは、海外の高額な医療費を考えると、300万円くらいの枠は持っておきたい所です!

 

アメックスグリーンカードで購入した商品は購入日から90日、1名につき年間最高500万円を補償してくれるショッピング保険、アメックスグリーンで購入した商品の返品・交換をお店が受け入れない場合に購入日から90日以内ならアメックスが代わりに返品・交換を受け付けてくれるリターン・プロテクション、オンライン上での不正利用による損害を全額補償してくれるオンライン・プロテクションなど、補償面はかなり充実している印象です。

 

IMG_3677

 

世界中の空港ラウンジが使えるプライオリティパスのスタンダード会員資格も付帯してますので、空港での待ち時間などにゆったりと過ごす事が出来たりもします。E&Tカードという事でトラベル系の空港サービスは特に充実している印象です!空港までの送迎サービスや空港で手荷物を預かってくれるサービスや、空港パーキングサービスなどはお手の物となっています!

 

そして海外旅行時に頼りになる、24時間365日いつでも日本語で対応、サポートしてくれるグローバルホットラインもあります。

海外で日本語で対応してくれるなんてホントに心強いですよね!

 

 

そしてもう一つ!!エンターテインメント系のサービスも忘れてはなりません!

 

SELECTS_Travel_960x230_150107_tcm585-120513

 

世界中のレストランやホテルなどで割引などの優待を受ける事が出来るアメリカンエキスプレスセレクトや、コンサートやスポーツ観戦のチケットなどを用意してくれるチケットアクセスや、ゴルフ場の予約を代行してくれるゴルフデスクなどなど、エンターテインメントのサービスも充実しています!

 

まだまだここでは紹介しきれない数々の優待がありますが、見て頂いてわかるように、「遊び」をもっと充実させてくれるような優待・サービスが多い印象だと思います!

アメックスグリーンのメリット

一番メリットだと思う点は、やはりステイタスではないかと思います(・∀・)

 

正直、実際の所、昔ほどのステイタスはありません!!ホントに誰でも持つ事が出来るようになりました!ただ、やはり世間のイメージは依然として高ステイタスを維持しているように思います!それ以外の充実した優待や保険などは、相応の年会費を払っていますので普通だと思います!

 

また、国内・海外旅行によく行かれる方で、アメックスグリーンカードをメインカードとして利用する方でしたら、保険や付帯サービスを充分メリットを感じることができます。

アメックスグリーンのデメリット

アメックスグリーンのデメリットとしては、よく言われるのが年会費の高さです!たしかに高額の年会費ですが、このカードの特徴を考えると妥当な金額ではないかと思います(・∀・)

 

そもそもカードのコンセプトが節約やお得感を得る為のものではないので、年会費がどうこうと言う事自体が的を得ていないのではないかと思います!

 

還元率重視や少しでも得をしたくてカードを作るのであれば、選択するカードでは無いかと思います!!ちなみにETCカードの年会費も500円(税抜)となっています!

 

もう一つは、還元率の低さではないかと思います!ポイント付与は100円=1Pですが、1Pの価値で考えると低い還元率です!年会費を3000円(税抜)払ってメンバーシップリワードに加入すれば、多少還元率は上がりますが、年会費が3000円(税抜)発生してますのであまりお得とは言えません。ポイントを交換する上で一番お得なのはマイルで1000Pで1000マイルと交換出来ます!

 

 

もう一つ個人的に思う事としては、使いこなせない(必要ない)特典が多いのではないかという事です。それらの特典によって年会費が高くなっている感はある気がしますので何とも言えない事です!

アメックスグリーンとよく比較されるカード

002

 

 

アメックスグリーンと比較されるカードの一枚で、同じステージにラインアップされるカードとしてセゾンブルーアメックスカードが有ります。

 

 

ライバルと言うには少し差があり過ぎる気もしますが、比較をしてみたいと思います!

 

 

セゾンブルーアメックスとは、セゾンが発行するカードで国際ブランドがアメックスのカードです!ポイントプログラムなどはセゾンの永久不滅ポイントだったり、基本的にはセゾンの使用になっていて、アメックスグリーンカードの年会費や審査基準などのハードルを引き下げて、必要の無い優待などを省き、若年層にターゲットを置いたコンセプトのカードです!

 

 

まず年会費が12000円(税抜)と3000円(税抜)とかなりの差額が有ります!どちらも入会キャンペーン適用で初年度年会費無料ですが、セゾンブルーアメックスに限っては26歳まで年会費無料となっていて、学生や新社会人の方に非常におすすめの入会キャンペーンとなっています。

 

 

還元率的にはそれほど差は有りませんので気にする必要はないかと思います!マイルに関しては、アメックスグリーンがANAとデルタなのに対して、セゾンはANAとJALが交換先にあります!ANAとJALという日本を代表する二つの航空会社の選択肢があるというのは嬉しいですね!

 

 

ただ、アメックスグリーンでもワンワールド所属の航空会社のマイルに交換できますので、そこからJALを利用すればいいだけなのでそれほど問題はありません!!

 

 

海外旅行保険に関しては、アメックスグリーンが最高5000万円で利用付帯なのに対して、セゾンは最高3000万円で自動付帯となっています!

 

 

しかし、旅行保険に関しては一番大事な傷害・疾病治療費用がアメックスグリーンが100万円(利用付帯)なのに対して、セゾンブルーは300万円(自動付帯)となっていますので、セゾンブルーが圧倒的に勝っていると思います!300万円の自動付帯はかなり優良な条件ですので、この点に関してはセゾンブルーは素晴らしいと思います!

 

 

その他、トラベル&エンターテインメント系のサービスに関しては、ほぼアメックスに軍配が上がりますが、先にも述べたようにあまり必要の無いサービスも多くありますので、それを省いてカード維持コストを引き下げたセゾンブルーも良いカードだと思います。

 

 

しかし!!アメックス最大のメリットであるステイタスに関しては、絶対的にアメックスグリーンカードです!!セゾンブルーですとステイタスという部分に関してはほとんど無くなりますので、そこを重視されるならアメックスグリーンがおススメです!

 

 

ただ、海外旅行保険や傷害・疾病治療費用が自動付帯となるセゾンブルーアメックスは、サブカードとして持っておいてもいいかもしれませんね!

 

 

アメックスグリーンはこんな人におすすめです!

ステイタスを感じたい方
アメックスのインビテーションカードを目指している方(プラチナ・ブラック)
企業家の方、野心のある方
女性の前で良い格好をしたい見栄っ張りな男性
還元率重視では無く、優待やサービス重視の方
特別扱いされるのが好きな方

やはり持っている人は上記のような属性の方が多いような気がします(完全に個人的な意見)また、カード自体のコンセプトも上記のような人をターゲットにしている感もあります!

 

アメックスグリーンは他と差を付けたい人が持つカードとして最適です!持っているだけでお金持ちを連想させるステータスはいまだ健在です。海外旅行や優雅に食事をする際などに、かなり役立つカードです。

 

またANAマイルを実質無期限で貯める事が出来ますので、エンターテイメントでカードを使いこなしつつ、日常の支払いを集約させてANAマイルを貯めて海外旅行に行く!なんてのが最高の使い方です!!

 

それと、、アメックスには最上位カードにアメックスセンチュリオンという伝説のブラックカードがあります!!

 

このカードはアメックスグリーンやアメックスゴールドで実績を積んでプラチナカードをインビテーションで取得した後、さらに実績を積んだ者にしか道は開けません!頑張っても道は開けないかもしれません!!ただ、目指したい方はグリーンカードからスタートして行きましょう~!!(いきなりゴールドでも問題無いです)

 

300x250_rcpgreen_fyf

関連記事

o0800052213037103452
マイレージプラスとはスターアライアンスに加盟するユナイテッド航空が提供する マイレージサービスです。 そんなマイレージプラ

3NBwspLk
※2016年3月30日更新(各カードの特徴追加) クレジットカードの国際ブランドの中で、最もステータスが高いと言われているアメリカン・エキス

img_1514963_63692279_2
20代後半~30代のビジネスマンの方々で、 「そろそろ、ステータスの高いクレジットカードを一枚は持ってきたい…」と思われている方は、少なからず

 

Pocket

基本情報

申し込み資格20歳以上の安定した収入がある方で、日本国内に定住所をお持ちの方
発行期間約3週間
入会金無料
年会費(本人)初年度12000円+税
2年目以降12000円+税
年会費(家族)初年度6000円+税
2年目以降6000円+税
解約金無料
締日20日
支払日翌月10日
支払い方法 1回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い、
旅行障害補償海外最高5000万円
国内最高5000万円
ショッピング保険最高500万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費初年度無料
備考2年目以降500円+税(年1回以上利用で無料)
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社会社名アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
所在地東京都杉並区荻窪4-30-16
設立日1954年11月