Pocket

 

Ponta Premium Plus(ポンタ プレミアム プラス)は条件満たせば実質年会費無料で、共通ポイントの「Pontaポイント」が特定月の利用時の還元率が最大2.0%で貯まるクレジットカードです。

入会キャンペーン

カード到着後2ヶ月間で10万円以上の利用で、pontaポイント6000ポイントプレゼント!さらに、Ponta Web+JACCS WEB登録で各250ポイントプレゼント!

 

Ponta Premium Plus(ポンタ プレミアム プラス)の特徴

ポンタ プレミアム プラスはジャックスと提携したPontaカードで、普通のクレジットカードとして利用することができる、一般コースと、リボ払い専用のリボ専用コースと2パターンから選択して申込ことができます。

 

 

一般コースは、初年度年会費無料で、年間5万円以上利用すれば、次年度の年会費2000円+税が無料となります。家族カードも初年度無料で、2年目以降は400円+税が必要ですが、本会員同様、年間5万円以上の利用で年会費無料です。尚、ETCカードは年会費も発行手数料も無料です。

 

 

リボ専用コースを選択して申し込んだ場合の年会費は、本会員と家族会員どちらも年会費無料です。リボ手数料は1ヵ月当たりご利用残高に対して1.25%(実質年率15%)かかります。手数料のことを考えたら、年会費無料は当然の事ですよね、普通に年間5万円以上利用する方は、迷わず一般コースで申し込みましょう。

 

 

国際ブランドはJCBのみとなっており、カード発行までの時間は、約3週間~4週間かかります。(申込~審査~カードの到着まで)

Ponta Premium Plus(ポンタ プレミアム プラス)の還元率

ponta

 

ポンタ プレミアム プラスの一般コースを選択した場合、100円利用毎にPontaポイントが1ポイント貯まり、還元率1%となります。また、1年の中で、7月・12月のみ10万円以上の利用で還元率が+0.5%アップ20万以上の利用で還元率が+1%アップとなるため、7月・12月は最大還元率2%となります。電子マネーのモバイルSuica・SMART ICOCAへのクレジットチャージ時のポイントは満額付与されます。また、Edy・nanacoはチャージすることは可能ですが、ポイント付与対象外となっているためポイントは尽きません。

 

 

リボ専用コースを選択した場合、100円利用毎にPontaポイントが2ポイント貯まり、還元率2%となります。リボ専用コースは申込時に毎月の返済金額を決めることが出来ます。個人により金額が異なりますが、月5000円~月100000円の金額内で返済額を設定します。

 

 

ここで注意してほしいのが、リボ専用コースは毎月必ず利用した金額(ご利用残高)に対してリボ手数料1.25%が発生します。つまり、毎月5万円返済を設定した場合、その月3万円しか利用しなくても、月末締めから支払日の翌月27日に引き落とされる金額は3万円+リボ手数料1.25%の金額が引き落とされます。

 

 

つまり、通常利用時の還元率が2.0%となっていますが、締日から支払日までの間に、毎月リボ手数料1.25%がかかりますので、差し引いた時の還元率は実質0.75%となるのでご注意ください。

Ponta Premium Plus(ポンタ プレミアム プラス)の審査・限度額

ポンタプレミアムプラスの申込資格は年齢18歳以上で電話連絡可能な方。(高校生を除く) ※未成年の方のお申し込みには親権者の方の同意が必要になります。また、キャッシング枠付の場合、年齢20歳以上65歳以下でご本人が有職者で毎月安定した収入がある方となっております。

 

 

審査基準において、申込資格が18歳以上で電話連絡が可能な方という場合、大学生やフリーターでもカードが作れることが多く、また、世帯主がしっかり働いていれば主婦の方でも審査に通ると言われています。

 

 

利用限度額は一般コース、リボ専用コースともに40万or60万円となってます。キャッシング枠の兼ね合いもあり、申込時の審査状況に応じて利用限度額は異なります。

Ponta Premium Plus(ポンタ プレミアム プラス)の付帯サービス・メリット・デメリット

付帯サービス

海外・国内旅行保険

ポンタプレミアムプラスには最高2000万円の海外旅行保険(自動付帯)と最高1000万円の国内旅行保険(利用付帯)がついています。海外・国内共に家族特約の付帯はありません。

 

カード盗難保険・ネットあんしんサービス

カード盗難保険とは、クレジットカードが盗まれて悪用されたときの損害を補償するサービスです。また、ネットあんしんサービスとは、ネット上でカードが悪用された場合に、その損害についての支払いを免除してくれるものです。

 

メリット

ponta2

 

ポンタプレミアムプラスのメリットはどこで利用しても100円につきPontaポイントが還元率1%で1ポイント貯まり、Suicaチャージ時のポイントも満額付与されます。7月・12月に20万以上利用した場合の還元率が2%と最強クラスの還元率になる所も大きなメリットです。さらに、Ponta提携店などで利用することで還元率は最大で3%になるお店もあります。

 

 

さらに、海外旅行保険も最高2000万円まで自動付帯されていて、旅行に行く方にもおすすめです。

 

 

7月と12月にまとまった買い物などするだけで、年会費無料になるので、この2ヵ月だけスポットで利用するために究極のサブカードとして保有するのもおすすめです。

 

デメリット

ポンタプレミアムプラスのデメリットは一部のお店や公共料金ではカード利用分のポイントが付与されません。公共料金のうち、電気代、水道代、ガス代にはポイントが付きません。水道局やガス会社、電力会社の支払いにPontaプレミアム・プラスによる引き落としを設定しても、Pontaポイントは貯まりませんので注意しましょう。一方、電話代(固定電話、携帯電話、インターネット接続)にはポイントが付きます

 

 

年間5万円以上の利用で実質年会費無料になるので、こちら特にデメリットはありませんが、強いて上げれば家族カードの年会費が400円+税が必要になる所でしょう。ただ、家族カードも年間5万円以上の利用で年会費無料となります。

 

 

そんなに利用する予定がない方は、同じPontaポイントに相互交換できる還元率1.2%リクルートカードdカードを検討してみてはいかがでしょうか?

Ponta Premium Plus(ポンタ プレミアム プラス)のまとめ・こんな方におすすめ

pontapremiumplus1

 

ポンタプレミアムプラスは申込時に一般コースとリボ専用コースを選択することができ、一般コースを選択した場合の還元率は1%で、リボ専用コースを選択した場合の還元率は2.0%となります。リボ専用コースで利用した場合、還元率が高くお得だと思いがちですが、必ず1.25%のリボ手数料が必要となるので、この場合の実質還元率は0.75%となるのでお忘れなく!

 

 

申込資格も18歳以上で、審査も通りやすく利用限度額も最低でも40万あるのでメインカードとして利用しても十分お使いいただけるクレジットカードです。

 

 

また、7月・12月などボーナス時期に20万以上利用すれば最高水準の還元率2%となるので、スポットのみで利用するのもおすすめです。

 

ポンタプレミアムプラスはこんな方におすすめ
Pontaポイントを高還元率で貯めたい方
7月・12月に最低10万円以上利用する方
1年に1回以上海外旅行に行く方

 

2ヶ月間で20万円以上の利用+Ponta専用ファーストプレゼント応募で、pontaポイント最大8000ポイントプレゼント!さらに、Ponta Web+JACCS WEB会員登録で各250ポイントプレゼント!のキャンペーンもしているので、5月or10月に申込んで利用すれば、入会キャンペーンと還元率2%適用でpontaポイントが一気に貯めることが出来るので是非チェックしてみてください!

 

 

Pocket

基本情報

申し込み資格18歳以上で電話連絡可能な方(高校生を除く)
発行期間申込後、約1ヵ月
入会金
年会費(本人)初年度初年度無料
2年目以降2000円+税 年間5万円以上の利用で翌年度年会費が無料
年会費(家族)初年度400円+税
2年目以降400円+税 年間5万円以上の利用で翌年度年会費が無料
解約金
締日月末
支払日翌月27日払い
支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い、
旅行障害補償海外2000万円(自動付帯)
国内1000万円(利用付帯)
ショッピング保険
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社会社名
所在地
設立日