Pocket

 

 「 マイルをコツコツ貯めて海外旅行に行く 」  その為に作られたカード!!

 

過去にマイルを失効してしまった、、、有効期限を気にしずに貯めたい、、、

 

そんな経験がある方にピッタリなマイレージプラス!!ANA便を利用する事も出来ます。

 

入会キャンペーン

Visaブランド限定!入会+利用で最大5000マイルプレゼント!

 

【マイレージプラスセゾンカードとは】

クレディセゾンの発行する「マイレージプラスセゾンカード」は、ユナイテッド航空のマイルを最も効率良く貯めることが出来るカードとして注目されています。

 

 

マイレージプラスセゾンカードを申し込むのであれば、是非一緒に利用したいのが「マイルアップメンバーズ」です。

高還元のユナイテッド航空のマイル還元がメリットのマイレージプラスセゾンカードの魅力を最大限に発揮することができるのですね。

 

 

マイル還元の観点のみでのメリットだけではなく、マイレージプラスセゾンカードには高付加価値の付帯サービスも充実しています。

マイルに興味がある方には必ず押さえておいて頂きたいマイレージプラスセゾンカードのメリット・デメリットを調べていきましょう。

【マイレージプラスセゾンカードの特徴】

card

 

クレディセゾンが発行するマイレージプラスセゾンカードは、国際ブランドとしてVISA・MASTER・アメックスのいずれかを選択することができます。

 

 

いずれのブランドを選択した場合でも年会費は1500円+税で、マイレージプラスセゾンカードには家族カードはありません。

ETCカードも無料で追加することができるのも嬉しいポイントですよね。

●マイレージプラスセゾンカードの還元率

マイレージプラスセゾンカードのアイデンティティと言えるのが、ユナイテッド航空マイルの高還元です。

 

 

通常還元率は1000円で5マイルの付与となっており、マイル還元率としては0.5%となります。

0.5%の還元率では高還元とは言えないと感じてしまったかも知れませんが、マイレージプラスセゾンカードのメリットを享受するには「マイルアップメンバーズ」に登録しておくべきです。

 

 

マイルアップメンバーズの登録には、カード本体の年会費と別に5000円+税の年会費が必要になってきます。

その代わり、通常のショッピングでのカード利用のマイル付与が1000円につき15マイルと1.5%の高還元のカードになるのです。

 

 

尚、電子マネーへのクレジットチャージは、モバイルSuica・SMART ICOCAのみポイントが満額付与されます。nanacoはチャージ可能ですが、ポイント付与が無いのでnanaco利用者は他カードを代用してチャージしましょう。

 

 

また、マイレージプラスセゾンカードはコスモ石油での利用でマイル付与が優待される特典があります。

 

マイルアップメンバーズに登録したマイレージプラスセゾンカードをコスモ石油で利用すると、1000円につき20マイル・2%のマイル還元を受けることができるのです。

マイルアップメンバーズに登録する為には、カード本体の年会費と合わせて6500円+税の年会費が年間必要になりますが、マイル還元で充分に元を取ることができますよね。

 

マイレージプラス1

【ポイント・マイルの貯め方・貯まる利用先】

◆スターアライアンス各社の航空券購入(ANAなど) 

※スターアライアンスは世界中の27の航空会社からなるグループ

 

◆航空チケットの代金分のマイル積算

 

◆毎年カード継続で500マイルプレゼント!(アメックスブランド限定)

 

◆カード特典として、毎月5日・20日に全国の西友・リヴィン・サニーでのお買い物が5%引き

【マイレージプラスセゾンカードの審査・利用限度額】

マイレージプラスセゾンカードはクレディセゾンが発行するカードです。

ですので、当然審査基準についてはクレディセゾンの審査基準に準ずるということになります。

 

 

比較的審査は通り易いと言えるクレディセゾンのクレジットカードですので、20代でも安定した収入があればまず問題なく審査を通すことはできるでしょう。

申し込み条件としては、高校生を除く18歳以上で電話連絡が可能な方となっていますので、パート主婦の方でも作りやすいカードになっています。

 

 

ただし、クレディセゾンの審査に関しても個人信用情報機関への照会はされますので、過去にクレジットカードでの支払いで遅れが多かったり、支払い事故があったりした人は注意が必要です。

思い当たることがある方は、いったん支払い状況をきれいにしてからマイレージプラスセゾンカードの審査申し込みをした方が無難と言えるでしょう。

●マイレージプラスセゾンカードの利用限度額

マイレージプラスセゾンカードの利用限度額は30万円~150万円となっており、申し込み時の年収や個人信用情報機関への照会結果によって最初の利用可能額が決定されます。

 

 

初回の利用限度額が少なかった場合でも、マイレージプラスセゾンカードでのクレジットヒストリーを積み上げていけば、利用限度額の増枠は可能です。

 

 

また、他のクレディセゾンのカードを利用している場合、そのカードの限度額をそのまま引き継ぐこともできます。

【マイレージプラスセゾンカードの付帯サービス】

マイレージプラスセゾンカードのメリットは、マイルを貯めやすいという点だけではなく充実した付帯サービスにもあります。

年会費2000円未満の一般カードとしては最高水準とも言えるマイレージプラスセゾンカードの付帯サービスをご紹介していきましょう。

●旅行傷害保険

マイレージプラスセゾンカードには一般カードとしては最高水準と言える手厚い補償内容になっています。

 

 

マイレージプラスセゾンカードの海外旅行傷害保険は、自動付帯で最高3000万円までを補償してもらえます。

自動付帯ですので、チケットやツアー代金などの料金を、マイレージプラスセゾンカード以外のカードで決済をしても補償が受けられるのは嬉しいポイントですよね。

 

≪海外旅行傷害保険≫

死亡・後遺障害:最高3000万円

病気・けがの治療費:最高300万円これはそーとー優秀な補償額です

携行品損害:30万

➡基本的に、病気・けがの治療費・携行品損害しか使わないと言っても過言ではないので、そこの補償が自動付帯でしっかりとついているのは優秀です。。

(国内旅行保険の付帯はありません)

●国際ブランドをアメックスにすると

_FApAu7VkKtmy1XpFticOL

 

マイレージプラスセゾンカードは国際ブランドとして、VISA・MASTER・アメックスのいずれかを選択することが出来ます。

その中でも、マイレージプラスセゾンカードには国際ブランドをアメックスにした時にだけ付帯されるサービスが存在します。

 

 

マイレージプラスセゾンカードの国際ブランドをアメックスにすると受けられる付帯サービスは、

 

様々な商品やサービスの割引特典を受けることができる「アメリカン・エキスプレス・セレクト」

 

旅行時の安心を得られる「アメリカン・エキスプレス・トラベル・サービス・オフィス」

 

などの付帯サービスを受けることが出来るのです。

 

マイレージプラス2

【マイレージプラスセゾンカードのメリット】

マイレージプラスセゾンカードのメリットと言うと、やはり一番先に頭に浮かぶのはユナイテッド航空マイルが貯めやすいと言う点でしょう。

 

 

しかし「ユナイテッド航空のマイル」と言うと、あまり馴染みの無い方も居るかも知れません。

実は、ユナイテッド航空のマイルは非常に使い勝手の良いマイルでもあるのです。

●「スターアライアンス」で様々な特典航空券との交換が可能

partner_airlines_091202

 

ユナイテッド航空は世界最大級とも言える航空連合のスターアライアンスに加盟する航空会社です。

 

 

スターアライアンスに加盟する航空各社では、相互利用サービスができる特典があり、加盟航空会社同士での連携がなされています。

日本国内航空会社である「ANA」もスターアライアンスに加盟しており、マイレージプラスセゾンカードで貯めたユナイテッド航空マイルをANAの無料航空券に交換することも可能です。

 

 

マイレージプラスセゾンカードでお得に貯めたマイルを、使い勝手の良いANAでの無料航空券に交換できるというのは大きなメリットになりますよね。

また、ANAをはじめとしたスターアライアンスの加盟航空会社での搭乗の際にもマイレージプラスセゾンカードではユナイテッド航空マイルを貯めることが出来ます。

 

 

マイレージプラスセゾンカードで貯めることができるのがユナイテッド航空のマイルと聞いて、使い勝手に不安を感じた方もいるかも知れませんが、スターアライアンス加盟のユナイテッド航空のマイルは非常に柔軟に利用できるマイルなのです。

●ANAの国内便の特典航空券の必要マイル数が最少

上記でもお伝えしたように、マイレージプラスはANAと同じスターアライアンスに加入しているため、貯めたマイルをANAで利用することができます。

 

通常ANAカードなどで貯めたマイルを国内特典航空券に交換する場合に必要なマイル数は通常時期で「15000マイル」必要です。

ただ、マイレージプラスで貯めたマイルをANAの国内特典航空券に交換すれば、ANAを利用した時より5000マイル少ない「10000マイル」で利用することができます!

 

マイルアップメンバーズに加入して、マイル還元率1.5%でマイルを貯めれば、国内特典航空券分の10000マイルは簡単に貯めることができますね。

 

ユナイテッド航空の特典航空券 

2015年6月2日より日本国内特典航空券への交換が、よりお得になりました。 

 

・片道800マイルまで、必要マイル10000マイル➡5000マイル (東京⇒沖縄)

・片道801マイル以上、必要マイル数10000マイル➡8000マイル (東京⇒石垣島)

●海外特典航空券に交換しても燃油サーチャージ無料

通常、ANAやJALのマイルを海外特典航空券に交換する場合、空港利用税などの諸費用とは別に燃油サーチャージが利用する国により必要となります。

 

ただ、マイレージプラスでは燃油サーチャージが無料なので、海外特典航空券に交換した場合の諸経費は最小で済みます。

 

また、特典航空券の利用に関しても、2親等以内の親族以外(友人・彼女)でも利用可能な点も嬉しいポイントですね!

●カードを利用していれば、マイルの有効期限は無し

マイレージプラスセゾンカードで貯めることができるマイルの有効期限は、原則18か月となっています。

 

 

しかし、18か月の間に1度でもカードを利用すればマイルの有効期限は、最後の利用から18か月に更新されます。

18か月に1回もカードを利用しない、と言うことはまず無いと思いますので、実質的にはマイルの有効期限は無しと考えても良いのでしょう。

【マイレージプラスセゾンカードのデメリット】

年会費2000円を切る一般カードとしては破格に充実した付帯サービスと、高還元率のマイル付与。

そんなマイレージプラスセゾンカードですが、デメリットと言える部分はないのでしょうか。

●年間30000マイルまでしか付与されない

マイルアップメンバーズに加入すれば、マイル還元率1.5%でマイルを貯めることができるマイレージプラスセゾンカード。

 

マイレージプラスセゾンカードは年間で30000マイルまでしか付与されないというデメリットがあります。

 

 

30000マイル獲得する場合、カードの年間利用額が200万円相当になります。

 

年間利用額が200万以内の方の場合は特にデメリットを感じませんが、200万から500万程度利用される方なら年間75000マイルまで付与されるマイレージプラスセゾンゴールドカードをおススメします。

●クレディセゾンのセールスポイント・永久不滅ポイントは貯まらない

クレディセゾンが発行するクレジットカードには、人気の秘密として「永久不滅ポイント」があります。

 

 

しかし、マイレージプラスセゾンカードで貯めることが出来るのは、ユナイテッド航空のマイル。

クレディセゾンのアイデンティティとも言える永久不滅ポイントを貯めることはできませんので、その部分がデメリットとも言えるでしょう。

 

 

とは言っても、カードを使い続けることでユナイテッド航空のマイルも実質年会費無料にすることもできますので、大きなデメリットとは言えないでしょう。

●特典航空券は利用予定日の21日以内は手数料がかかる

マイレージプラスセゾンカードは、マイル還元率1.5%でマイルが驚くほど貯めやすいのですが、唯一のデメリットとして挙げられるのが特典航空券を21日以内に利用する場合、緊急発券手数料として航空券1枚につき75$必要になる点です。

 

 

あらかじめ予定を組んで特典航空券を利用される方なら大きなデメリットにはなりませんが、急な用事や出張などで特典航空券を利用したい方にはデメリットとなります。

【特典航空券で海外旅行に行く為のカード】

src_10973730

 

特典航空券海外旅行時に必要な保険が充実していたり、国内で陸マイルを貯めやすくなっており、なおかつ、マイルの有効期限が実質的に無期限なので、海外旅行に行く為の仕上がりとなっているカードと言っても過言ではありません。

 

その証拠に、海外旅行保険の補償項目に、ケガや病気になった時の治療費を補償する項目がありますが、この補償の項目が手厚いです。

 

しかも、この項目は最も使う可能性の高い補償です。一番使う可能性の高い項目をしっかりと補償している点は、ホントにユーザーの事を考えていると感じます。他社の同格のマイルカードなどはこの補償は無しとなっています。

 

 

国内特典航空券や、近距離便の特典航空券必要マイル数が大幅にアップしてしまいましたが、ハワイ、北米、ヨーロッパなどの遠距離に行くには特典航空券の必要マイル数もあまりアップされておらず、マイル還元率も高いままなので、まさに海外旅行仕様のカードです。。

【マイレージプラスセゾンカードとANAカードを比較】

anacard

 

マイレージプラスセゾンカードと同じように、マイルを貯めることに特化したクレジットカードとしては「ANAカード」があります。

 

ANAカードの年会費も2000円+税と、マイレージプラスセゾンカードとほぼ同等です。

 

 

マイレージプラスセゾンカードとANAカードの大きな違いと言うと、マイルの付与方法です。

 

ユナイテッド航空マイルが直接貯まるマイレージプラスセゾンカードとは違い、ANAカードで貯めることができるのは、「ワールドプレゼント」です。

 

 

ワールドプレゼントポイントをマイルにする為には、マイルへの移行をする必要があります。

ANAカードでのマイル移行には、

 

無料の1ポイントあたり5マイルのコース
手数料5000円で1ポイントあたり10マイルのコース

 

と2種類あり、大量のポイントをマイルに移行するには手数料がかかってでも10マイルコースがオススメと言えるでしょう。

 

とは言え、同じ手数料を払うのであれば、マイルの付与率そのものがアップするマイレージプラスセゾンカードの「マイルアップメンバーズ」を利用した方が有利です。

 

 

マイレージプラスセゾンカードで貯めたマイルもANAマイルと同じように利用出来ますので、利便性の面でも問題なく利用することが出来るでしょう。

 

 

ANAカードの詳細・公式サイトはこちら

●ANAカードとの年会費比較

《ANAカード》

年会費2160円+移行手数料(10マイルコース)6480円=8640円 1000円⇔13マイル

 

《マイレージプラス》

年会費1620円+マイルアップメンバーズ5400円で7020円  1000円⇔15~20マイル

 

 

マイレージプラスの方が、年会費が1620円安くてマイル還元率も高いです。

【まとめ・こんな方におすすめ】

マイレージプラスセゾンカードは非常にコストパフォーマンスに優れたマイレージカードであると言えるでしょう。

また、マイレージプラスセゾンカードはこんな方におすすめです。

 

年間カード利用額200万円前後の方
コツコツとしかマイルを貯める事が出来ない方
過去に期限切れでマイルを失効してしまった方
西友・リヴィン・サニーを利用する方
ANAを利用してる方

スターアライアンスに加盟するユナイテッド航空のマイルを貯めることが出来るマイレージプラスセゾンカードは、国内の利用でも不便を感じることはありません。

 

 

そして、年会費2000円を切る一般カードとしては異例とも言える付帯サービスも充実しており、海外旅行に行く際には便利に使えるカードです。

 

特に国際ブランドをアメックスに設定すれば、アメックスブランド独自の付帯サービスも受けることが出来るマイレージプラスセゾンカードは、年会費以上のサービスを受けることが出来るクレジットカードです。

 

 

ANAマイラーには、必ず持っておいてもらいたいクレジットカードのひとつと言っても良いのではないでしょうか。

 

 

関連記事

5e827a4a6f1b27c1089a934252cc74d7_m
昨晩のアメトークではケンコバさんは飛行機に乗らなくても生活の中のショッピングだけでもマイルが貯めれるという話から、実はマイル好きで100万マイル(地球5周分

airp2
クレジットカードで貯めたポイントを、マイルへ交換することが1番還元率が高くなる事はご存知でしょうか? マ

o0800052213037103452
マイレージプラスとはスターアライアンスに加盟するユナイテッド航空が提供する マイレージサービスです。 そんなマイレージプラ

 

Pocket

基本情報

申し込み資格高校生を除く18歳以上で電話連絡が取れる方
発行期間最短3営業日
入会金無料
年会費(本人)初年度1500円+税
2年目以降1500円+税
年会費(家族)初年度
2年目以降
解約金無料
締日月末
支払日翌々月4日
支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス払い、リボ払い、
旅行障害補償海外最高3000万円(自動付帯)
国内最高3000万(自動付帯)
ショッピング保険
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社会社名株式会社クレディセゾン
所在地東京都豊島区東池袋3-1-1 サンシャイン60
設立日1951年5月