Pocket

 

初めて法人カードを比較検討している方におすすめの1枚。国際ブランド(Visa・Master)の2枚もち可能、海外利用でも安心

 

入会キャンペーン

最大VJAギフトカード3000円分プレゼント!(クラシック)

 

300x250

三井住友ビジネスカードとは

信頼のおける銀行系のプロパービジネスカードの中でも、特に人気が高いカードとなるのが三井住友ビジネスカードです。

 

 

三井住友カードが発行する三井住友ビジネスカードは、特にバランスのとれたビジネスカードとなっています。特に中小企業を対象としたビジネスカードとなっており、コスト感にも優れ、小回りの利くサービス構成が人気の秘密でもあります。

 

 

ビジネス用途に特化した三井住友ビジネスカードは、ビジネスのサポートサービスを数多く受けることが出来るメリットがあります。

 

 

また、海外での使用にも利便性を追及しており、グローバル化の進む現代のビジネスシーンのパートナーともなりえるカードとなっています。

三井住友ビジネスカードの特徴

%e3%83%93%e3%82%b8%e3%83%8d%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%a9%e3%82%b7%e3%83%83%e3%82%af%ef%bc%88%e8%a1%a8%e9%9d%a2%ef%bc%89

 

 

三井住友カードの発行する三井住友ビジネスカードは、国際ブランドにVISA・MASTERの好きなブランドを選択することが出来ます。

 

 

年会費は1250円+税となっており、追加カードも1枚当たり400円+税で追加することが可能です。

 

 

また、ETC年会費は初年度無料・2年目以降は500円となっていますが、年間1回でもETCの利用があれば無料になる、実質年会費無料となっております。社用車にETCを使う機会の多いビジネスカードとしては、嬉しいメリットとなるでしょう。

三井住友ビジネスカードの還元率

三井住友ビジネスカードの利用で付与されるポイントは、1ポイントあたり5円の価値がある「ワールドプレゼント」です。1000円の利用ごとに1ポイントの付与となりますので、通常還元率は0.5%となります。

 

 

また、ポイントの付与は月間の本カード・社員カードの累計使用金額に対して付与されます。社員が利用した会社経費に対してもポイントが付与されるのは嬉しいところですよね。

三井住友ビジネスカードの申込資格・限度額

三井住友ビジネスカードの申し込み資格は法人格のみ、かつ代表者の年齢が18歳以上であることとなっています。また、申し込み対象となる目安としては、従業員の数が20名程度の中小企業が対象となります。

 

 

法人カードと言っても、審査の際に重視されるのはやはり代表者の個人信用情報です。

 

 

三井住友ビジネスカードはCIC・JICCと言った個人信用情報機関に加盟しており、個人でのクレジットカードやカードローンの支払い状況も審査に影響してきます。個人のカードでの支払いの遅延や未払いがある場合には、支払い状況をある程度クリーンにしてから申し込みをした方が安全であると言えるでしょう。

 

 

申し込みはウェブサイトから申し込み書を請求して、郵送で申し込みをする形になります。審査に合格の場合は、通常10日程度でカードが届き、使用可能になります。

 

 

三井住友ビジネスカードの限度額は20万~100万円までの個別に設定されており、ビジネスユースにも対応できるボリュームとなっています。

三井住友ビジネスカードの付帯サービス

三井住友ビジネスカードの魅力のひとつとして、充実した付帯サービスがあります。ビジネスに関するお得なサービスが豊富に用意されており、会社経営に関するサポートを万全にしてくれます。

海外旅行傷害保険

530847

 

三井住友ビジネスカードを利用して航空券やツアー代金などを支払った海外旅行には、海外旅行傷害保険が付帯します。補償内容は最高2000万円までというボリュームの高いものになっており、出張時の安心に繋がるのではないでしょうか。

ショッピング保険

お買い物の際に安心することが出来るショッピング保険は、最高・年間100万円の補償を受けることが出来ます。対象となるのは三井住友ビジネスカードを利用して、海外で購入した商品の万一の事故に対する損害に補償が受けられます。

ビジネスサポートパック

三井住友ビジネスカードでは、ビジネスに嬉しい様々なサポートを受けることが出来るビジネスサポートパックが付帯します。ビジネスにかかる経費をよりお得にしていけるのは嬉しい付帯サービスですよね。

 

 

オフィス用品デリバリーサービス

askul

 

オフィス通販大手の「アスクル」との提携により、事務用品などのオフィス用品をスピーディに配送してもらえます。注文後、当日・もしくは翌日に商品を配送してもらえるスピーディさが魅力ですよね。

 

 

国際エクスプレス輸送割引サービス

dhl_logo2

 

国際的な輸送サービスを展開している「DHL」との提携により、書類や貨物を安心・安全に海外に輸送することが出来ます。輸出の料金に優待割引を受けることが出来るのも嬉しいところですね。

 

 

引っ越し割引サービス

0725

 

「アート引っ越しセンター」との提携で、社員の転勤やオフィスの引っ越しなどをお得に利用することが出来ます。引っ越しの基本料金が20%オフになる他、梱包に使用するダンボール箱も30箱まで無料で利用することが出来ます。

国内外でのレンタカーの利用がお得

logo

 

三井住友ビジネスカードでは、国内外でのレンタカーをお得に利用することが出来ることも魅力のひとつです。

 

 

国内のレンタカーサービスでは「タイムズカー」「日産レンタカー」と提携しており、営業車をお得に利用することが出来ます。また、海外でのレンタカー利用も「ハーツレンタカー」と提携しており、海外でのレンタカーの貸出がスムーズに利用できるのも嬉しいところです。

 

 

ビジネスカードには嬉しい付帯サービスのひとつと言ってもいいでしょう。

福利厚生代行サービス

会社経営時に嬉しい付帯サービスとなるのが、こちらの「福利厚生代行サービス」です。

 

 

国内外に1000か所以上を数える宿泊施設やスポーツクラブなどを優待価格で利用することができ、社員に対する福利厚生をお得に利用することが出来ます。人間ドッグ・英会話教室なども優待価格で利用することが出来ますので、社員の健康や教育にも利用することが出来るのですね。

三井住友ビジネスカードのメリット

三井住友ビジネスカードのメリットとなるのは、海外利用でも利便性の高いカードのサービス構成です。グローバル化の加速している現代のビジネスシーンに役立つメリットが充実しているのですね。

VISA・MASTERの双方のカードを同時発行することが出来る

img_master_logo

 

特に海外利用で役立つメリットとなるのが、VISA・MASTERのブランドのカードを両方発行することが出来る点です。海外利用では、VISA・MASTERの使用できる店舗が限定されているショップも多く、両方の提携店に対応することでカードを利用できるシーンを増やすことが可能なのですね。

 

 

また、海外のキャッシュサービスの利便性が高いのも三井住友ビジネスカードの特徴のひとつです。

 

VISAブランドでは「PLUS」
MASTERブランドでは「Cirrus」

 

と言った世界のATMネットワークを利用することが出来ますので、簡単に現地通貨を用意することが可能です。

 

※VISAカードとMASTERカードの両方を発行する場合には、カード年会費が1500円+税となります。

エアライン&ホテルデスク

1219916656_photo

 

 

三井住友ビジネスカードは近畿日本ツーリストグループと提携しており、お得に航空券とホテルの予約が出来るのも大きなメリットとなります。

 

 

割引の航空券や優待価格で利用できるホテルの手配を、便利に利用することが出来る「エアライン&ホテルデスク」海外出張の多い会社の強い味方になってくれることは言うまでもありませんね。

三井住友ビジネスカードのデメリット

三井住友ビジネスカードのデメリットとなるのは、ビジネスカードならではの制限となる部分です。

ポイントの使い道が限定されてしまう

三井住友ビジネスカードで獲得した「ワールドプレゼント」は、他のポイントなどに移行することが出来ません。

 

 

ワールドプレゼントは、マイルにお得に交換することが出来るのがメリットとなるポイントプログラム。しかし、ビジネスカードで獲得したポイントはギフト券などへの交換などに使い道が限定されてしまうのがデメリットと言えるでしょう。

付帯保険が海外限定

三井住友ビジネスカードには、旅行傷害保険とショッピング保険と言った付帯保険が用意されています。

 

 

しかし、旅行傷害保険は海外旅行傷害保険、ショッピング保険は海外で購入した商品と、海外での利用に限定された保険構成となっています。国内での旅行保険などに備えるには、別のサブカードを用意する必要があるのがデメリットです。

三井住友ビジネスゴールドカードと比較

16763353_P.eps

 

三井住友ビジネスカードには、上位カードとして「三井住友ビジネスゴールドカード」がラインナップされています。

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードは年会費10000円とコストは上がってしまうものの、サービス内容もゴールドカードならではの充実したものになっています。旅行傷害保険も国内・海外に対応し、最大5000万円までという安心の補償内容になっています。

 

 

また、やはりビジネスカードとして嬉しいポイントが、限度額が300万円までというパワフルな利用枠です。三井住友ビジネスカードの限度枠は100万円までとなっておりますので、限度額に物足りなさを感じる方は三井住友ビジネスゴールドカードを検討しても良いかも知れませんね。

 

三井住友ビジネスゴールドカードの詳細はこちら

まとめ・こんな方におすすめ

低コストのカード維持費で、ビジネスに必要な様々なサービスを受けることが出来る三井住友ビジネスカード。

 

従業員20名以下の中小企業
カードのコストを抑えたい
海外出張が多い

 

などの会社の経営者様には、是非おすすめしたいカードとなっています。

 

 

年会費1250円・社員カードも400円で追加することが出来る三井住友ビジネスカードはランニングコストを抑えたい会社にピッタリのカードです。海外での付帯保険や、海外キャッシュサービスも充実しており、海外出張の多い会社の経営をサポートしてくれるでしょう。

 

 

限度額は100万円となっており、従業員の少ない中小企業向けのビジネスカードと言えるでしょう。さらに多くの経費に対応したい場合には、限度額が300万円とボリューミーな三井住友ビジネスゴールドカードもおすすめです。

 

 

300x250

 

Pocket

基本情報

申し込み資格法人のみを対象 (カード使用者20名以下)
発行期間約3週間
入会金無料
年会費(本人)初年度1,250円+税
2年目以降1,250円+税
年会費(家族)初年度400円+税
2年目以降400円+税
解約金-
締日15日締め
支払日翌月10日はらい
支払い方法 1回払い、
旅行障害補償海外最高2,000万円
国内-
ショッピング保険年間100万円(海外利用のみ)
紛失・盗難保証
ETCカード年会費初年度無料(税抜500円+税)
備考2年目以降、1回以上利用で年会費無料
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社会社名三井住友カード株式会社
所在地東京都港区海岸1-2-20
設立日