Pocket

 

限度額も最高300万円、国内・海外旅行保険も最高5000万円補償空港ラウンジ無料で付帯サービス抜群でコスパの高い法人ゴールドカード!

 

入会キャンペーン

最大VJAギフトカード8000円分プレゼント!(ゴールド)

 

300x250

三井住友ビジネスゴールドカードとは

三井住友カードが発行するプロパー法人カードの上位カードとなるのが、三井住友ビジネスゴールドカードです。ゴールドカードならではの充実した付帯サービスと、何よりもビジネスユースにもしっかりと対応できる潤沢な利用限度額も魅力のひとつになっています。

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードは20枚まで追加カードを発行することができ、従業員20名程度の中小企業であれば社員全体にカードを行き渡らせることが可能です。それだけではなく、ビジネスに必要なさまざまなサービスが付帯している三井住友ビジネスゴールドカードは、会社のビジネスをのサポート役としてピッタリのカードとなっています。

 

 

バランスの取れたビジネスカードとして人気の三井住友ビジネスゴールドカードの魅力をご紹介していきましょう。

三井住友ビジネスゴールドカードの特徴

16763353_P.eps

 

 

三井住友カードが発行するプロパー法人カード「三井住友ビジネスゴールドカード」は、VISA・MASTERの国際ブランドから好きな方を選択することが出来ます。また、VISAとMASTERの両方のブランドでカードを追加発行することが可能で、使用するシーンを選ばないのも特徴のひとつです。

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードの年会費は10000円+税で、追加カードは1枚につき2000円+税の年会費が必要になります。また、VISAとMASTERの両方のブランドをお申込みの場合は、本カードの年会費が12000円+税・追加カードが4000円+税と、2000円+税の年会費の追加があります。

 

 

※ETC年会費は初年度無料で、2年目以降は年間1回以上のETC利用で無料になります。

年間1度もETCを利用しなかった場合には、500円の年会費が必要になってきます。

三井住友ビジネスゴールドカードの還元率

三井住友ビジネスゴールドカードの利用では、1000円ごとに1ポイントの「ワールドプレゼント」が付与されます。

 

 

ワールドプレゼントは1ポイント約5円ほどの価値で、各種のギフトカードなどに交換することが可能です。ですので、三井住友ビジネスゴールドカードのポイント還元率は0.5%ということになります。

 

 

ワールドプレゼントの付与は、月額の利用金額の累計に対して付与されます。社員カードなどで利用したポイントも累計で計算されますので、社員経費をカードで支払うように徹底しておけば、効率良くポイントを貯めることが出来ますね。

 

※ビジネスカードで付与されたポイントについては、マイルや共通ポイントへの交換は対象外となります。

三井住友ビジネスゴールドカードの申込資格・限度額

三井住友ビジネスゴールドカードの申し込み対象となるのは、法人に限定されます。やはりゴールドクラスのカードとなりますので、一般カードと比較すると審査については厳しめになってくると考えて良いでしょう。

 

 

審査の際に重視されるのは会社の業績はもちろんのこと、代表者の個人的な信用情報が審査に影響してきます。

 

三井住友ビジネスゴールドカードの審査の際には、

 

クレジットカード会社が多く加盟するCIC
消費者金融の会社が多く加盟するJICC

 

に代表者の個人信用情報を照会されます。

 

ゴールドカードの審査と言うと、構えてしまうかも知れませんが会社設立間もない会社でもカード発行に結びついたケースは多くあります。ただ、他社のクレジット会社などでの未払いや支払い遅延などの情報が、個人信用情報機関に残されていると審査通過は難しくなってしまいます。

 

 

申し込みの前に、CIC・JICCのウェブサイトで自分の個人信用情報を参照しておいても安心かも知れませんね。

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードはインターネットからの申し込みになります。申し込み後、審査に通過すると10日前後でカードが郵送で届き、ビジネスカードの使用が可能になります。

 

 

また、三井住友ビジネスゴールドカードの大きなメリットともなるのが、最大300万円までという限度額です。カード申し込み初期は比較的限度額は低めに設定されていますので、必要に応じて増枠の審査を経て枠を増やしていきましょう。

三井住友ビジネスゴールドカードの付帯サービス

三井住友ビジネスゴールドカードの大きな魅力ともなるのが、ビジネスに必要となる付帯サービスが充実している点です。年会費以上の付加価値を感じることの出来る、ゴールドクラスのカードならではの豊富な付帯サービスをご紹介していきましょう。

旅行傷害保険

Print

 

三井住友ビジネスゴールドカードには、国内・海外の旅行傷害保険も充実しています。

 

 

国内旅行傷害保険では、自動付帯で最高1000万円・利用付帯で最高5000万円の補償が付帯します。同じく、海外旅行傷害保険でも自動付帯で最高1000万円・利用付帯で最高5000万円の補償を受けることが出来ますので、出張の際にも安心できますね。

ショッピング保険

a8cda23425e592504484de452bbad5b4_s

 

三井住友ビジネスゴールドカードを利用して購入した商品には、国内外問わずショッピング保険が付帯します。

 

 

最高で年間300万円までの、商品の万が一の損害を補償してもらえますので、ビジネスで購入した物品の破損や盗難などの際にも安心です。

VISAビジネスオファー・VISAビジネスグルメオファー

main_image_sp

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードの国際ブランドを、VISAカードに設定した際の限定の付帯特典となります。

 

 

VISAビジネスオファーでは、消耗品の購入や会議室の利用などを特典割引の料金で利用することが出来ます。VISAビジネスグルメオファーでは、国内の人気のレストランを優待価格で利用することが出来ます。

VJタクシーチケット

main_bnr08

 

サインレスでスピーディに使用可能なタクシーチケットを発行手数料無料で使用できる特典も付帯します。大切な顧客の送迎や、移動の際に便利な特典ですね。

 

 

利用したタクシー料金は、三井住友ビジネスゴールドカードに請求されますので、経費管理も一元化できます。

三井住友ビジネスゴールドカードのメリット

三井住友ビジネスゴールドカードには、充実したビジネスに必要な付帯サービスの他にも嬉しいメリットが数多く用意されています。

空港ラウンジ無料利用

3337-lang-multi

 

 

国内の主要空港のラウンジで三井住友ビジネスゴールドカードを提示すると、ラウンジを無料で利用できるメリットがあります。空港での搭乗までの待ち時間を有意義に過ごすことが出来るのは、日々忙しく飛び回るビジネスマンにとって大きなメリットとなりますね。

 

 

空港ラウンジにはビジネスデスクを利用できるラウンジもあり、待ち時間を有効に利用してビジネスを進めることが出来るのですね。

ボーナスポイント

三井住友ビジネスゴールドカードの利用で付与されるワールドプレゼントには、利用で付与されるポイントと累計ボーナスポイントが用意されています。

 

 

年間の累計獲得ポイントが1000ポイントを超えると、ボーナスポイントの付与の対象となり、300ポイントのボーナスポイントが付与されます。

三井住友ビジネスゴールドカードのデメリット

スタンダードな法人ゴールドカードとして、バランスの取れたカードである三井住友ビジネスゴールドカード。しかし、デメリットとなる部分が全く無いと言うわけではありません。

電子マネーへのチャージでポイントが付与されない

三井住友ビジネスゴールドカードでは、電子マネーへのチャージはポイントの付与対象外となっています。

 

 

ビジネスユースでも、少額の支払いなどの際は電子マネーを利用するケースはあるでしょうから、デメリットのひとつと数えていいでしょう。

国内キャッシングの利用が出来ない

三井住友ビジネスゴールドカードのもうひとつのデメリットとなるのが、国内でのキャッシングの利用が出来ない点です。

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードのキャッシング枠は、海外での利用部分しか設定されておらず、急場の資金繰りの際にキャッシングを利用するといったことはできなくなっています。

三井住友ビジネスプラチナカードと比較

16758802_P0.eps

 

 

三井住友カードが発行する法人カードの最上位カードとなるのが「三井住友ビジネスプラチナカード」です。

 

 

三井住友ビジネスプラチナカードの年会費は50000円+税・追加カードも1枚あたり5000円+税と高額になっていますが、年会費以上の付加価値が用意されています。

 

 

そのひとつとなるのが、充実した付帯サービスです。

 

旅行傷害保険、国内外最高1億円までを補償
ショッピング保険、最高500万円
世界中の空港VIPラウンジを利用できる「プライオリティパス」が無料で付帯
24時間対応のプラチナコンシェルジュデスク

 

など、各種のサービスがゴールドカードと比較してもワンランク上のものになっています。

 

 

また、利用限度額も最高500万円までとパワフルな限度額になっており、会社の経費を集約しても充分に支払い可能なポテンシャルを秘めています。毎月の利用金額が多くなりがちな会社様などは、三井住友ビジネスプラチナカードを選択しても良いかも知れませんね。

 

海外出張の多い会社
私設秘書が欲しい社長様

 

などは、三井住友ビジネスプラチナカードをおすすめできる会社であると言えるでしょう。

 

 

プラチナカードに付帯するプラチナコンシェルジュデスクは、急なレストランの予約や海外でのお土産の手配など、様々な要望に応えてくれます。

 

 

また、乗り継ぎの時間が長くなりがちな海外航空日便の利用の多い会社なども、プライオリティパスの魅力を充分に活用できるでしょう。

 

三井住友ビジネスプラチナカードの詳細はこちら

まとめ・こんな方におすすめ

バランスの取れた、シンプルなビジネスカードである「三井住友ビジネスゴールドカード」

 

従業員20名以下の中小企業
ローコストでゴールドクラスのカードが持ちたい方
国内出張が多い会社

などは、三井住友ビジネスゴールドカードを作るべき会社であると言うことが出来るでしょう。

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードでは20枚までの追加カードを発行することができ、1枚当たりの追加カードのコストも2000円とローコストです。

 

例えば、20枚フルにカードを追加したとしても、

 

本カード10000円

追加カード2000円×20枚

 

合計50000円で会社全体のカード経費を抑えることが可能です。

 

 

また、三井住友ビジネスゴールドカードでは、国内の空港ラウンジの無料サービスも付帯していますので、国内出張の多い会社様にもおすすめの一枚です。

 

 

海外旅行の多い会社様には、プライオリティパスの付帯した三井住友ビジネスプラチナカードもおすすめです。

 

300x250

 

Pocket

基本情報

申し込み資格法人のみを対象 (カード使用者20名以下)
発行期間約10日~2週間
入会金無料
年会費(本人)初年度10000円+税
2年目以降10000円+税
年会費(家族)初年度2000円+税(最大20枚)
2年目以降2000円+税(最大20枚)
解約金-
締日15日締め
支払日翌月10日払い
支払い方法 1回払い、
旅行障害補償海外最高5000万円
国内最高5000万円
ショッピング保険年間300万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費初年度無料(税抜500円+税)
備考2年目以降、1回以上利用で年会費無料
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社会社名三井住友カード株式会社
所在地東京都港区海岸1-2-20
設立日