Pocket

 

JCBプロパー発行、最高ランクの法人プラチナカード!

 

「プライオリティパス」「グルメベネフィット」「コンシェルジュ」文句ない付帯サービス!

 

入会キャンペーン

最大7000円分プレゼント!

 

JCBプラチナ法人カードとは

国内クレジットカード大手の「JCB」の発行するプロパー法人カードとして、最高ランクの位置づけとなるのが「JCBプラチナ法人カード」です。

 

 

最上位カードのアイデンティティとしてふさわしい、VIPな付帯サービスが豊富に用意されているJCBプラチナ法人カードは、会社の経営をより楽しめるものにしてくれるパートナーとして役立ってくれるでしょう。

 

 

年会費もプラチナクラスのカードとしては比較的安めに維持する事が出来るのも、法人ユースのクレジットカードとしては嬉しいポイントとなりえます。

 

 

会社のステイタスともなるJCBプラチナ法人カードの魅力をご紹介していきましょう。

JCBプラチナ法人カードの特徴

1600024400 プラチナ法人 FCUG&B

 

 JCBのプロパー法人カードの最上位カードとなるのが、JCBプラチナ法人カードです。ブラックカードを思わせるような高級感あふれるデザインが特徴的です。

 

 

会社名義の口座を利用料金の支払い口座に設定しておけば、面倒な経理作業の手間を一括する事もでき、ひいては人件費などのコスト削減にも一役買ってくれるカードであるとも言えます。

 

 

JCBプラチナ法人カードの年会費は30000円+税となっており、社員カードの追加は1枚あたり6000円で追加が可能です。社員に経費使用の際の決済カードとして持たせておけば、月末・年度末になって領収書の山に悩まされる事無く経理作業を一元化することが出来ます。

 

 

また、社用車の高速利用にも嬉しく、ETC専用カードの追加は無料で発行する事が出来ます。

JCBプラチナ法人カードの還元率

JCBプラチナ法人カードはビジネスカードですが、カード利用に対してポイントが付与されるのも嬉しい点です。

 

 

貯める事が出来るポイントはJCBの「OkiDokiポイント」で、利用金額1000円に対して1ポイントのOkiDokiポイントが付与されます。ポイントの計算は毎月の請求額に対しての付与となります。

 

 

貯まったOkiDokiポイントは1ポイント5円程度の交換レートで、JCBギフト券を始めとした各種の商品・商品券に交換する事が出来ます。

 

 

ですので、JCBプラチナ法人カードの還元率は0.5%と言うことになりますが、決済の金額が大きくなりがちな法人カードですので、どんどんポイントを貯める事ができそうですよね。

 

 

また、JCBプラチナ法人カードでは電子マネーへのチャージはポイント付与の対象外となります。

JCBプラチナ法人カードの審査基準・限度額

JCBプラチナ法人カードはJCBのプロパー法人カードとしては最上位のステイタスカードとなります。

 

 

よって、審査基準としても「プラチナ法人カード独自」の審査基準となっており、通常の法人カードよりも敷居が高くなっています。

 

 

とは言え、インビテーションが必要なプラチナカードほど特殊なカードと言うわけでも無く、20代の個人事業主や会社設立後間もない法人でもカード発行に結び付いたケースも多くあります。

 

 

JCBプラチナ法人カードの審査にあたっては、法人代表者の信用情報が審査の基準になります。

 

 

審査の際には「CIC」「JICC」と言った個人信用情報機関によって、代表者の個人の信用情報を照会されます。

 

 

いくら会社自体が黒字経営であっても、代表者の個人信用情報がクリーンでないと審査に悪影響を与えてしまいますので注意が必要です。

 

 

申し込み後、審査に通過すると約2週間程度でカードが郵送されます。

JCBプラチナ法人カードの利用限度額

JCBプラチナ法人カードの利用限度額は、法人代表者の年収・会社の業績・カードの利用状況などによって個別に設定されます。

 

 

プラチナクラスのカードとなっておりますので、利用限度額も法人ユースにも充分なボリュームを得ることが可能です。

 

 

利用開始時の限度額も150万円以上で設定されることも多く、会社経費の支払いにも対応できるポテンシャルを持っているカードと言えるでしょう。

JCBプラチナ法人カードの付帯サービス

プラチナクラスのカードの恩恵を最も感じることが出来るのが、充実した付帯保険やサービスです。JCBプラチナ法人カードには最高峰のカードにふさわしく、手厚い付帯サービスが充実しているのが特徴のひとつでもあります。

旅行傷害保険

4d66ce4efd01fb91c68c986fc0dbdf87_s

 

JCBプラチナ法人カードでは、国内・海外旅行傷害保険ともに自動付帯で最高1億円の補償が付帯します。特に海外旅行傷害保険に関しては日本の出国から最長3か月まで補償の対象となりますので、長期の旅行・出張の際にも安心です。

 

 

また、カード会員のみではなく同行した家族にも家族特約として最高1000万円の補償が付帯するのも嬉しいポイントです。

 

 

海外旅行・自動付帯

死亡・後遺障害 最高1億円
傷害・疾病治療 最高1000万円
賠償責任 最高1億円
携行品損害 100万円限度
救援者費用 最高1000万円

 

国内旅行・自動付帯

死亡・後遺障害 最高1億円
入院日額 5000円
通院日額 2000円
手術費用 5~2万円(1事故に付き1回限度)

ショッピング保険

entry-34

 

JCBプラチナ法人カードで購入した商品にかけられるショッピング保険は、最高500万円までの補償が受けられるパワフルなものとなっています。

 

 

商品の購入から90日以内に、偶発的な事故などで商品に損害が認められた場合、年間500万円までの補償を受けることが可能です。

カーアクシデントケア見舞金

プラチナカードならではの付帯保険ともいえるのが、こちらのカーアクシデントケア見舞金です。ETCの盗難、車上荒らしや交通事故などにあってしまった場合に、JCBプラチナ法人カードから5万円の見舞金が支払われます。

 

 

当然、任意で加入している自動車保険とは別に支払われますので、事故の際の落ち込んだ気分が少し和らぐかも知れませんね。

JCBプラチナ法人カードのメリット

JCBプラチナ法人カードの一番のメリットとなるのが、VIPなサービスの数々。提供されるサービスのひとつひとつをとっても、年会費以上の価値のあるメリットを受けることが可能なのです。

プラチナコンシェルジュデスク

_MG_8885

 

JCBプラチナ法人カードには、JCBプロパーカードの最上位カード「JCB THE CLASS」と同じく「プラチナコンシェルジュデスク」の利用が可能です。

 

 

プラチナコンシェルジュデスクは、24時間365日対応で個人秘書のように様々な要望に応えてくれるサービス。レストランの予約や航空券の手配、そしてゴルフ場の予約などもいつでも最高のサービスを提供してくれます。

 

 

例えば大切な顧客との接待中に、夜中であっても気の利いたバーやレストランを探して予約してもらうことも可能です。

 

 

ビジネスのパートナーにもなりえるプラチナコンシェルジュデスクは、JCBプラチナ法人カードの最も大きなメリットのひとつとも言えるのです。

グルメベネフィット

9d53e87865f969e9771327ffddd463b7_s

 

ビジネス上の接待はもちろんのこと、家族との会食でも大きなメリットとなるのが「グルメベネフィット」です。

 

 

全国に100店以上用意された提携有名レストランでの食事の際に、2人以上の利用で特定のコースを頼めば1人分が無料になるというサービス。

 

 

当然、3万円を超えるコース料理のお店があれば1分のコース料金が無料になりますので、1度の食事で年会費以上のメリットを受けることが可能になるのです。

※利用回数は1店舗につき6ヶ月毎に1回利用できるので、同じお店は1年で2回利用できることになります。よって利用するお店を変えれば年に何回でも利用できます。

 

 

グルメベネフィットはまさに、JCBプラチナ法人カードを保有している会員の特別な優待サービスと言えるでしょう。

プライオリティパス

ゴールドクラス以上のカードに付帯しているかどうかで、カードの格がわかるサービスとも言えるのが「プライオリティパス(プレステージ会員)」です。

 

 

世界の主要空港のVIPラウンジを無料で使用することが出来る、VIP感を最も味わうことが出来るサービスのひとつとも言っても過言ではないでしょう。

 

 

海外出張も多くなりがちな経営者にとって、搭乗・乗り継ぎの待ち時間を有意義に過ごすことが出来るのは大きなメリットとなります。

JCBプラチナ法人カードのデメリット

グルメベネフィット・プライオリティパスなど、豊富なサービスが魅力的なJCBプラチナ法人カード。

 

 

年会費30000円と言うコストも、約600$相当のプライオリティパスが無料で付帯することを考えるとデメリットはありません。

 

唯一のデメリットと言えるのが、JCBプラチナ法人カードが「ビジネスカード」と言う点。

 

 

個人でも欲しくなってしまうようなカード構成ですが、法人のみが申し込みの対象となってしまうのが、唯一のデメリットと言えるでしょうか。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードと比較

visual_011

 

 

JCBプラチナ法人カードと同じく、プラチナクラスのビジネスカードとして人気のカードが「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード」です。

 

年会費については、

 

JCBプラチナ法人カード:30000円
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカード:20000円

 

と、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードの方が10000円ほど安く設定されています。さらに、年間200万円以上の利用する法人の場合、翌年度の年会費も半額の10000円+税となります。

 

 

ただ、付帯保険の点ではセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードが国内旅行保険最高5000万円に対し、JCBプラチナ法人カードは最高1億円と手厚くなっています。

 

 

また、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードにも「プライオリティパス」が無料で付帯していますが「グルメベネフィット」のようなサービスはありません。

 

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードはその代わりに、JALマイル還元率が最大1.125%とマイルを貯めやすいカード構成になっています。

 

 

手厚い付帯サービスが欲しい方はJCBプラチナ法人カード、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードはマイルを貯めたい方や年会費を抑えたい方と言う選択肢になってくるのではないでしょうか。

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスカードの詳細・公式サイトはこちら

まとめ・こんな方におすすめ

ビジネスをますます楽しいものにしてくれるJCBプラチナ法人カード。

 

カードデザイン+ステータス重視の方
法人プラチナカードを探している方
私設秘書が欲しい方
高級レストランを利用したり接待が多い方
海外出張が多い方

 

は、是非作っておくべきカードであると言っても良いでしょう。

 

 

JCBビジネスカード最高峰であるJCBプラチナ法人カードは、他社のプラチナビジネスカードと比較してもサービスが充実しています。

 

 

特にプラチナコンシェルジュデスクは、私設秘書のようにビジネスにおける様々な要望をかなえてくれるサービス。

 

 

また、グルメベネフィットだけでは年会費以上のサービスを受けることが出来るJCBプラチナ法人カードは、経営者・個人事業主の特権であるとも言えるのです。

 

 

Pocket

基本情報

申し込み資格法人
発行期間約2週間
入会金無料
年会費(本人)初年度30000+税
2年目以降30000+税
年会費(家族)初年度6000円+税
2年目以降6000円+税
解約金無料
締日公式サイト参照
支払日公式サイト参照
支払い方法
旅行障害補償海外最高1億円
国内最高1億円
ショッピング保険最高500万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社会社名株式会社ジェーシービー
所在地東京都港区南青山5-1-22 青山ライズスクエア
設立日