Pocket

 

年会費実質無料!ローソン利用で還元率最大5%!

 

入会キャンペーン

≪入会+エントリー&利用でもれなく最大7000円円相当分プレゼント!≫

 

特典① 入会でiDキャッシュバック500円分、およびdポイント500ポイント!!
特典② 入会&エントリ-+入会後翌々月以内に5万円以上利用でiDキャッシュバック4000円分
特典③ 入会&エントリー+入会翌月末時点で「こえたらリボ」+「キャッシュバックリボご利用枠」の設定で各1000円ずつiDキャッシュバック!

 

dカードとは

dカードは携帯キャリア大手のNTTDoCoMoのプロパーカードとして提供されています。以前は「DCMXカード」として発行されていたDoCoMoのカードが、サービスを一新して新しくリリースされたdカード。

 

 

DoCoMoが提供するカードと言うことで、DoCoMoの携帯を持っていないと作れないのでは?と思ってしまいがちですが、そうした縛りはなく、他社の携帯を契約中の方でも申し込みは可能です。

 

 

Docomoの携帯料金に対するメリットはもちろんのこと、ローソンでの利用などでも大きなメリットを受けることが可能なdカード。その特徴と魅力を徹底解剖していきましょう。

dカードの特徴

kenmen

 

 

Docomoが発行するプロパーカードであるdカード。dカードはdポイントカード、クレジットカード、電子マネーのiDの3つの機能を使うことができる、三位一体のクレジットカードです。国際ブランドは、「VISA」「MasterCard」からお選びできます。

 

 

また、Docomoの携帯をお持ちで無い方でもdカードの申し込みは可能で、Docomo携帯以外の方でも充分にメリットを感じる事が出来るカード構成になっています。

 

 

dポイント加盟店で利用することで還元率2%以上にもなることから、ドコモユーザー以外でもメリットたくさんのカードです。dポイントは機種変更などドコモのサービスへの充当が一番効率的!

 

 

dカードのdポイントはポンタポイントと相互交換出来ますので、ローソンやポンタポイント提携店を利用されている方もお得になります。

dカードの年会費

dカードの年会費は初年度無料・2年目以降は1250円と設定されていますが、年間1回でもdカードの利用があった場合は翌年の年会費も無料になる仕組みになっています。よって、dカードの年会費は実質無料と考えて良いでしょう。

 

 

家族カードに関しても、初年度無料で2年目以降も年間1回以上の利用があれば無料で維持することが出来ます。年間1回もカードの利用がなかった場合の家族カードの年会費は400円となっています。

 

 

※ETCカードも本カード・家族カードと同じ様に、初年度無料・2年目以降も年間1回以上の利用で無料となります。

1回も利用がなかった場合のETC年会費は500円です。

dカードの還元率

dカード1

 

dカードは、クレジットカードとdポイントカードが一体になったカードとなっています。ですので、利用の際に貯める事が出来るポイントはdポイントとなっています。

 

 

dポイントはDocomoのポイントプログラムではありますが、特にDocomoの携帯電話を持っていなくても使用することの出来る「共通ポイントプログラム」となっています。貯まったポイントはDocomoの携帯料金や端末代金への使用はもちろんのこと、マクドナルドやローソンで1ポイント1円として利用することが出来る他、PontaポイントやJALマイルなどの使い勝手の良いポイントへの移行も可能です。

 

《マイル》

JALマイレージ 

1P(100円)=0.5マイル ( 5000P~)

移行手数料:無料

移行上限:月に40000P=20000マイル

 

dカードを一般の加盟店で利用した場合には、100円の利用で1ポイントが付与される還元率1%となっています。また、dカードは電子マネーへのチャージにも利用することが出来ますが、電子マネーへのチャージ代金はポイント付与の対象外となっています。

 

 

電子マネーを利用する際には、dカードに搭載されたチャージ不要で使用することの出来る「 iD」を利用した方が良いかも知れませんね。

dポイントはどう使う?

dカード8

 

カードを利用などで貯めたdポイントは、共通ポイントのPontaポイントと交換して利用することも出来るので、かなり使い道は広くなります。

 

dカード9

 

また、ドコモケータイ契約者限定とはなりますが、dポイントを「iDキャッシュバック」と交換すると、電子マネー「iD」でお支払いいただいた代金が、ご請求時に自動的にキャッシュバックされます。

 

dカード10

 

 

また、こちらは100ポイント単位でドコモのケータイや充電器、アクセサリー等と交換できたり、購入と併せて値引き代わりにポイントを使えます。
 

dカード特約店

dカード特約店でのカード利用なら通常ポイント+追加ポイントの二重ポイントが獲得出来ます。

 

 

dカード5

 

dポイント加盟店ご利用時にdカードをご提示いただくと、dポイントがたまるだけでなく、つかえます!

 

 

dカード6

 

上記にように普段の生活でよく利用されるお店などがあれば、dカードやdポイントを効果的に利用することができますね!この他にも主な特約店として三越、伊勢丹、JAL、JALパック、JTB、オリックスレンタカー、紀伊国屋書店などでも利用できます。

dカードの付帯サービス

dカードの付帯サービスはクレジットカードに求めたい「補償」と、やはりDocomoの携帯電話をお使いの方に手厚い付帯サービスが用意されているのが特徴です。

ショッピング保険

dカードの付帯保険として用意されているのがお買い物をした商品の万一の事故に備えてくれる「ショッピング保険」です。dカードを利用して購入した商品の万一の破損や盗難が補償の対象となります。

 

 

購入日から90日までの商品事故が対象となっており、年間で100万円までが対象となります。(1事故あたり3000円の自己負担)

ケータイ補償

dカード

 

DoCoMoの提供するカードならではの補償と言えるのが、こちらの「ケータイ補償」でしょう。携帯電話・スマホの端末代金も年々高額になっており、万一の故障の際の修理代金も高額になっているのが現状です。

 

 

dカード会員には1年間・1万円までのケータイ補償が付帯しており、携帯電話の修理代金を補償してもらえます。

 

 

dカードに電話番号を登録するだけでこのサービスが受けられるので、実質無料で補償サービスに加入できることになるのです。

dカードの審査基準・限度額

dカードの審査は、NTTDoCoMoによる手動審査で行われます。手動審査と言っても申し込みは原則専用ウェブサイトを経由して行い、審査結果が登録したEメールに通知される流れになります。

 

 

dカードの申し込みは、DoCoMoの携帯電話をお持ちでない方でも可能ですが、DoCoMoの端末をお使いの場合はウェブサイトによる申し込みがスムーズになります。

 

 

審査基準そのものはそれほど厳しいものではなく、高校生を除く18歳以上で過去に金融事故などがない限りは、ほぼ問題なく審査に通過することは可能でしょう。この場合の金融事故とは、他社クレジットの返済の遅れや未払いなどが頻発していないか?と言う点です。

 

 

dカードの審査にあたっては「CIC」「JICC」と言った個人信用情報機関に過去のクレジットヒストリーを照会されることになります。万一、心あたりがある場合には、CICやJICCに記載された自分の個人信用情報を確認してみても良いかも知れませんね。

 

 

dカードの利用限度額

dカードには、一括で設定された限度額はなく、個人個人の年収やdカードの利用状況によって変動してきます。また、一時的に増枠をすることも可能ですので、その際はコールセンターに与信の相談をしてみると良いかも知れませんね。

dカードのメリット

dカードのメリットと言うと、やはりなんと言ってもDoCoMoの携帯電話をお使いのユーザーが一番享受することが出来ます。

自動的にdポイントクラブのブロンズステージに!

dカード2

 

DoCoMoの携帯電話を利用中の方がdカードを保有するおおきなメリットとなるのが、dポイントクラブの会員ランク「ブロンズステージ」が付帯することです。

 

 

dポイントクラブには、半年間のポイントの獲得数に応じて会員のランクが設定されています。会員のランクごとに携帯電話の料金の支払い時に付与されるポイント率が変動し、高いランクになればなるほど、毎月付与されるdポイントが多くなってくるのですね。

 

 

通常dポイントカードを新規で作った場合はレギュラーステージからスタートすることになりますが、dカード会員はブロンズステージからのスタートとなります。初月の携帯電話の料金の1%をポイント付与されるので、通常のカード利用と併せればどんどんポイントをお得に貯めることが出来ますね。

dカードのデメリット

dカードのデメリットと言えるのが、電子マネーのチャージに関するポイント付与です。

電子マネーへのチャージではポイントが付与されない

上記でも述べているように、dカードは各種の電子マネーへのチャージに利用することは出来ますが、その際のチャージ代金にはポイントは付与されません。年会費無料のカードの中にも電子マネーのチャージ分のポイントが付与されるカードは多くありますので、その点がdカードの残念な点と言うことが出来るかも知れませんね。

 

 

dカードには、チャージ不要で後払いで使用できる「iD」が付属していますので、電子マネーを使用したい場合にはそちらを利用した方が良いかも知れませんね。また、年会費のかからないカードですので、別の電子マネーへのチャージ用のカードと併用して使用するのも賢い利用方法と言えます。

dカードのお得な使い方

dカード3

 

dカードの賢い使い方としては、ローソンやマクドナルドでのお支払いの際にdカードを利用することです。

 

 

dカードを利用してローソンを利用すると、請求時に3%割引になって請求されます。当然、ローソンでのお買い物の際に支払った金額の1%はポイントとして還元されます、さらに、dカード提示で利用金額の1%分のポイントも付与され、合計5%引きでお買い物が出来るということになりますね。

 

 

dカード4

 

 

また、マクドナルドではiDを利用して決済した場合、

 

支払額の3%が請求時に割引
1%分のdポイント付与
dカードの提示でさらに1%ポイント付与

 

マクドナルドでの利用の場合にはポイントの付与と併せて5%の還元を受けることが出来ますので、大きいメリットとなりますよね。

dカードの意外に知らない携帯料金に関するポイント付与の仕組み

dカード7

 

上記のように、dカードのホームページを見ていても、「ドコモご利用料金でdポイントがお得に貯まる!」という記載があるので、多くの方が、携帯代金をdカードで支払った際にポイントが貯まるという解釈をされている方も多いのではないでしょうか?

 

 

実はこれは違うのです、ドコモケータイ+ドコモひかりの利用で貯まるポイントは利用金額の1%(1000円=10ポイント)です。このポイントの付与条件は「dカード契約者」となっているので、携帯電話の料金をdカードで支払わなくてもOKです。

 

 

因みに、dカードは電話番号を自分のドコモの携帯電話に設定するだけで補償サービスが適用されます。むしろ、dカードでドコモ料金を支払うと、ドコモ料金分にはdカード決済での1%のdポイントが付かないので支払うメリットがありません。

 

 

よって、還元率1%以上の他のクレジットカードで支払うことで、携帯代とドコモ光(インターネット回線)の利用金額分のポイントが2重取りすることができます!

 

 

この情報は意外に知らない方もいるので、是非実践してみて下さいね!

まとめ・こんな方におすすめ

やはりDoCoMoのユーザーに大きなメリットがあるように感じられるdカードですが、決してそのようなことはなく、バランスの良いカードであることがお分かり頂けたかと思います。

 

DoCoMoユーザーの方
ケータイの保険に入っていない方
ローソン、マクドナルドを良く利用する方
iDをよく利用される方

 

などの方はdカードを申し込みをすることでのメリットを充分に感じることが出来るのではないでしょうか。

 

 

DoCoMoユーザーにオススメのカードであることは言うまでもありませんが、ローソン・マクドナルドでも割引優待を受けることが出来るのがdカードの大きなメリット。

 

 

また、携帯キャリアの店舗でも携帯電話の故障補償をオススメされたことがある方も多いかと思いますが、意外と年間の保険料が高額なもの。dカードにはケータイ補償も1万円まで付帯するので、携帯電話の保険代わりに持っておくのも良いかも知れませんね。

 

 

関連記事

dcard
ドコモが発行していたDCMXカードが2015年11月20日からdカードに変わりました。 ドコモの携帯を利用している人はもち

Pocket

基本情報

申し込み資格満18歳以上でiモードまたはspモードが利用できる携帯電話番号をお持ちの方
発行期間最短5営業日
入会金無料
年会費(本人)初年度初年度無料 ※年に1回以上の利用で次年度の年会費無料
2年目以降1250円+税 
年会費(家族)初年度無料
2年目以降400円+税
解約金無料
締日15日
支払日公式サイト参照
支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い、
旅行障害補償海外
国内
ショッピング保険最高100万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費初年度無料
備考2年目以降は500円+税で年間で一回でもカード利用があれば無料
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社会社名株式会社NTTドコモ
所在地
設立日