Pocket

 

国内外での旅行の際にANAマイルを効率的に貯めることができるANAカード。

 

旅行の際に利用するANAカードには、やはり特別なトラベルサービスを求めたいものですよね。

 

トラベルベネフィットに優れたANAカードを求めたい方には、ANA JCBカード プレミアムがおすすめとなっています。

 

ANA JCBカード プレミアムはプラチナクラスのカードとなっており、トラベルベネフィットはもちろんのこと、普段の生活でも特別なサービスをうけることができます。

 

今回は、ANA JCBカードの最上位のカードとなる、ANA JCBカード プレミアムについて徹底的に解説していきましょう。

 

ANA JCBカード プレミアムはこんな方におすすめ

ANA JCBカードの最上位カードとして発行されているのがANA JCBカード プレミアムです。

 

ANA航空便を良く利用している方
普段のお買い物でお得にマイルを貯めたい方
プラチナカードのベネフィットを利用したい方

 

このような条件に当てはまる方にはおすすめできるカードとなっています。

 

ANA JCBカード プレミアムの大きなメリットとなっているのが、ANAのVIPラウンジとなる「ANAラウンジ」を利用することができる点です。

 

ANAラウンジはファーストクラス・ANA上級会員の方しか利用できないラウンジとなっており、搭乗までの待ち時間を特別な空間で過ごすことができます。

 

ANA JCBカード プレミアムでは普段のお買い物で、

 

通常ポイント1,000円に1ポイント
ボーナスポイント1,000円に1ポイント

 

と、合計1,000円に2ポイントを貯めることができます。

 

通常ポイント/ボーナスポイントをそれぞれANAマイルに交換すると合計1.3%の還元率となり、普段のお買い物で1.3%の高還元率でANAマイルを貯めることが可能となっているのですね。

 

また、ANA JCBカード プレミアムはプラチナクラスのカードとなっていますので、プラチナコンシェルジュデスクをはじめとした様々なベネフィットを利用することができます。

 

プライオリティパスをはじめとした空港サービスはもちろんのこと、普段使いできる特典も豊富に用意されているのですね。

 

特別なANAカードを手に入れたい、と言う方には最適なカードと言えるのではないでしょうか。

ANA JCBカード プレミアムの入会キャンペーン

ANA JCBカード プレミアムでは、2018年4月30日までの入会受付分までを対象に、最大40,500マイル相当がプレゼントされる激得キャンペーンを開催しています。

 

カードの新規入会では、10,000マイルの入会ボーナスマイルが付与されます。

 

新規入会の上、下記条件を達成すると最大8,000マイルがプレゼントされます。

  • ANAキャンペーンの参加登録で3,000マイル
  • ANA便の搭乗で最大2,000マイル(国内線500マイル+国際線1,500マイル)
  • ANAプラスマイル加盟店でのカード利用で最大3,000マイル(10,000円以上・50,000円未満の利用で500マイル、50,000円以上の利用で3,000マイル)

 

さらに、登録+利用で22,500マイル相当のOki Dokiポイントがプレゼントされます。

  • MyJチェックに登録で6,000マイル相当のポイント
  • カードの利用で最大16,500マイル相当のポイント(25万円以上で3,000マイル分、60万円以上で16,500マイル分)

 

最大40,500マイル相当の激得なキャンペーンとなっているのですね。

 

ANA JCBカード プレミアムの特徴

ANAとJCBが提携して発行するプラチナクラスのカードとなっているのが「ANA JCBカード プレミアム」です。

 

ANA JCBカード プレミアムの年会費は税別70,000円となっていますが、家族カードは税別4,000円と低額で追加することができます。

 

また、ETCは新規発行手数料・年会費ともに無料となっていますので、本会員の年会費以外ではコストを低く抑えることが可能となっています。

 

ANA JCBカード プレミアムの国際ブランドはJCBのみを利用することができます。

 

プラチナコンシェルジュデスクをはじめとしたJCBプラチナ特典を利用することができますので、毎日の生活で特別なベネフィットを感じることが可能となっているのですね。

ANA JCBカード プレミアムの還元率

ANA JCBカード プレミアムでは、1,000円に1ポイントの通常ポイントに加え、同額のボーナスポイントを獲得することができます。

 

OkiDokiポイントは1ポイント=5円として利用することができますので、通常還元率は1.0%と言うことになります。

 

ポイント付与条件は月間の請求金額での付与となっており、ポイント有効期限は5年間と長期間になっています。

 

ANA JCBカード プレミアムで貯めたOkiDokiポイントは、移行手数料無料で1ポイント=10マイルとしてANAマイルに交換することができます。

 

ボーナスポイントは1ポイント=3マイルとして交換することができますので、合計1.3%の高還元でマイルを貯めることができるのですね。

電子マネー対応

ANA JCBカード プレミアムは電子マネーとの相性も良く、楽天Edyのチャージで200円に1マイルのANAマイルを直接貯めることができます。

 

搭載された楽天Edyの利用でも200円に1マイルが貯まりますので、合計1.0%のANAマイルを貯めることができるのですね。

 

さらに、iPhone7以降のiPhone等で利用できるApple Payに登録することができますので、QUICPay加盟店でApple Payでの決済をすることができます。

 

QUICPayの利用でもクレジットポイントを貯めることができますので、1.0%の高還元率でApple Payを利用することができます。

 

電子マネーとの相性も良く、便利に利用することができるのもANA JCBカード プレミアムの大きなメリットとなっているのですね。

ポイントの交換先・お得な使い道

ANA JCBカード プレミアムの利用で貯めたOkiDokiポイントは、各種ギフト券・ポイントだけではなく、ANAマイルにも移行手数料無料で貯めることができます。

 

ANAカードと言う特性から、貯めたポイントはANAマイルに交換すると言う方が多いのではないでしょうか。

 

ANA JCBカード プレミアムでは、通常ポイント1,000円に1ポイントに加え、同額のボーナスポイントを貯めることができます。

 

通常ポイント 1ポイント=10マイル
ボーナスポイント 1ポイント=3マイル

 

上記のようなレートでANAマイルに交換することができますので、合計1.3%の高還元率でマイルを貯めることができるのですね。

 

ANA JCBカード プレミアムでは、

 

任意のタイミングでマイルに移行する「マルチポイントコース」
マイルに交換可能なポイント数に達したら自動的に移行する「自動移行コース」

 

2つの移行コースの中から、好きなコースを選択することができます。

 

マルチポイントコースを選択した場合には、自分の任意のタイミングでマイルに移行することができますので、OkiDokiポイントの有効期限を待って交換することができます。

 

OkiDokiポイントの有効期限5年間とANAマイルの有効期限3年を合計して、8年間の長期間でゆっくりANAマイルを貯めることができるのですね。

 

ゆっくりとマイルを貯めることができますので、ビジネス・ファーストクラスの特典航空券を狙うことも可能となっているのですね。

ANA JCBカード プレミアムの申込資格・限度額・発行期間

ANA JCBカード プレミアムの申込資格は、原則として30歳以上で本人に安定した収入のある方となっています。

 

学生・専業主婦の方の申込みは不可となっており、年齢条件も30歳以上の方に限定されており、申込みの窓口は広いとは言えません。

 

審査基準もJCBプラチナカード独自の審査基準となっていますので、審査のハードルも高くなっています。

 

審査をうける際には、年収などの属性はもちろんのこと、他社クレジットカードの遅延・未払いなどがないかをしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

利用限度額は申込時の年収・クレジットヒストリーによって個別に設定されます。

 

また、ANA JCBカード プレミアムの発行期間は平均2週間程度となっていますので、申込みの際には発行期間に余裕を持って申込みするようにしましょう。

ANA JCBカード プレミアムの付帯保険

ANA JCBカード プレミアムには、最上級の旅行保険が付帯しており、実際の旅行の際の急病・ケガに備えることができます。

 

国内旅行保険は自動付帯で補償され、最高1億円の補償に加え、入院・通院・手術費用も補償された手厚い内容となっています。

 

ここでは、海外旅行の際に利用する頻度の高くなる、海外旅行保険の内容を詳しく解説していきましょう。

海外旅行保険

海外旅行保険付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療 最高1,000万円
疾病治療 最高1,000万円
携行品損害 最高100万円
救援者費用 最高1,000万円
家族特約 最高1,000万円
賠償責任 最高1億円

 

ANA JCBカード プレミアムでは、自動付帯で最高1億円の海外旅行保険が付帯しています。

 

傷害・疾病治療の補償金額は最高1,000万円までと最高クラスになっているほか、家族特約も最高1,000万円まで補償された手厚い内容の補償となっています。

 

さらに、ANA JCBカード プレミアムでは、国内外の旅行保険に航空便遅延費用が補償されます。

 

乗継遅延費用 2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能 2万円
受託手荷物遅延 2万円
受託手荷物紛失 4万円

 

海外旅行保険だけではなく、国内旅行保険でも航空便遅延費用の補償をうけることができますので、安心して空の旅を楽しむことができます。

 

ANAカードの補償としては、これほど安心できる補償を備えたカードはないのではないでしょうか。

ショッピング保険

ANA JCBカード プレミアムには、年間500万円までのショッピング保険が付帯しています。

 

国内外のJCB加盟店で購入した商品の、購入日から90日以内の破損・盗難による損害に備えることが可能となっています。

 

年間の補償金額が500万円とパワフルになっていますので、プラチナカードで購入した高額な商品の補償にも安心して利用することができるのですね。

 

免責金額も1事故あたり3,000円と低額になっており、少額の商品事故の際にも利用しやすくなっているのも、嬉しいポイントとなっています。

ANA JCBカード プレミアムの付帯サービス

ANA JCBカード プレミアムでは、実際のフライトの際に非常に役立つ特典として、JCBプラチナカードの付帯サービスを利用することができます。

 

特に、ラウンジサービスに優れたサービス構成となっており、ANA便でのフライトの際に非常にお得に利用することが可能となっています。

 

ここでは、ANA JCBカード プレミアムで利用することができる、付帯サービスの内容を解説していきましょう。

最強のラウンジサービスが付帯

ANA JCBカード プレミアムでは、国内主要空港のラウンジ無料サービスに加え、最強のラウンジサービスが付帯しています。

 

ANA国内線ラウンジの利用特典
プライオリティパスの付帯

 

このように、3つのラウンジ特典を使い分けることが可能となっています。

 

世界1,000か所以上の空港ラウンジを利用することができるプライオリティパスですが、ANAラウンジは対象外となっており、利用することができません。

 

ANA JCBカード プレミアムでは、ANAラウンジを利用することができますので、国内線でのフライトの際に非常に有意義にラウンジを利用することができます。

 

海外ではプライオリティパスを利用して各国空港のVIPラウンジを利用することが可能となっていますので、まさに最強のラウンジサービスが付帯していると言って良いでしょう。

プラチナコンシェルジュで旅行・グルメも完璧!

ANA JCBカード プレミアムでは、24時間365日受付で利用することができる「プラチナコンシェルジュ」を利用することができます。

 

プラチナコンシェルジュでは、電話1本でホテル・航空券の手配を依頼することが可能となっており、旅行・出張の際に非常に役立つサービスとなっています。

それだけではなく、

 

ダイニングの手配
ギフトの手配
コンサートチケットの予約

 

など、様々な予約・手配業務を依頼することが可能となっています。

 

JCBのコンシェルジュサービスは、上質なサービスをうけることができると言う評価も高い、人気のコンシェルジュサービスとなっています。

ANA JCBカード プレミアムのメリット

ANA JCBカード プレミアムでは、プラチナカードならではの特別な特典が用意されたカードとなっています。

 

年会費は税別70,000円と高額なものの、最強にマイルが貯まるカードとなっており、ANA便を利用する方にはメリットが大きくなっているのですね。

 

ここでは、ANA JCBカード プレミアムを利用する際にメリットとなる部分を解説していきましょう。

カード利用・ボーナスマイルでガンガンマイルが貯まる

ANA JCBカード プレミアムでは、カードを利用したショッピングで1.3%の高還元でマイルを貯めることが可能となっています。

 

さらに、ANA便・提携航空会社でのフライトの際には、区間基本マイルの50%がフライトボーナスマイルとして付与される特典があります。

 

通常のマイル獲得率の約1.5倍の速度でマイルを貯めることができますので、非常に効率的にフライトマイルを貯めることができます。

 

それだけではなく、毎年カードを継続するだけで、10,000マイルの継続ボーナスマイルが付与される特典があります。

 

カードの利用・フライトだけではなく、カードを持ち続けているだけで大量のマイルを貯めることができるのですね。

ANAでのカード利用ではマイル3.0%以上

ANA JCBカード プレミアムでは、さらにマイルをお得に貯めることができる「ANAカードマイルプラス」を利用することができます。

 

ANAカードマイルプラスでは、通常のクレジットポイントに加えて、店舗ごとにANAマイルが付与される特典があります。

 

例を挙げると、イトーヨーカドー・セブンイレブンでは0.5%のANAマイルが付与されますので、合計1.8%の還元率でANAマイルを貯めることが可能となっているのですね。

 

ANA航空券・機内販売などのANAでの利用では、プレミアムカード特典として2.0%のANAマイルが加算されます。

 

クレジットポイントと合わせると3.3%の高還元でマイルを貯めることが可能となっていますので、ANAの利用でガンガンマイルを貯めることが可能となっているのですね。

ANA JCBカード プレミアムのデメリット

ANA JCBカード プレミアムのデメリットとなってしまう点としては、やはりその高額な年会費がネックとなっています。

 

ANAプレミアムカードと言う背景もありますが、税別70,000円と言う年会費はやはり負担になってしまいますよね。

 

ANA JCBカード プレミアムにはグルメベネフィットなどは用意されておらず、普段使いのベネフィットとしては税別20,000円のJCBプラチナ」の方が充実しています。

 

ただし、ANA JCBカード プレミアムでは、プライオリティパスでも利用できないANA国内線ラウンジを利用できる特典があります。

 

ANAでのフライトを良く利用する方にとっては、決して年会費は高額であるとは言い切れないカードとなっているのですね。

ANA VISAプラチナ プレミアムカードとの違い

ANA JCBカード プレミアムの国際ブランド違いのカードとなるのが「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」です。

 

 

ANA VISAプラチナ プレミアムカードの年会費は税別80,000円となっていますので、年会費のコストはANA JCBカード プレミアムの方が低くなっています。

 

ただし、ANA VISAプラチナ プレミアムカードでは、1ポイントを15マイルに交換できる「15マイルコース」が無料となっており、1.5%の還元率でANAマイルを貯めることができます。

 

さらに、ANA VISAプラチナ プレミアムカードでは、2名分のコース料理の利用で1名分が無料になる「プラチナグルメ」を利用することができます。

 

ANA JCBカード プレミアムでは、コース料理が無料になるグルメベネフィットは対象外となっていますので、普段使いでのベネフィットでも劣ります。

 

ANA JCBカード プレミアムが優れている点としては、

 

ポイントの有効期限
海外旅行保険の補償内容

 

となっており、ANA VISAプラチナ プレミアムカードの方が1万円年会費は高いものの、コスパには優れていると言って良いでしょう。

ANAを良く利用するなら、特別なサービスを受けられるANA JCBカード プレミアムを!

今回は、ANA JCBカードの最上位カードとなる「ANA JCBカード プレミアム」を特集してご紹介してきました。

 

ANA JCBカード プレミアムでは、通常還元率1.3%という高還元に加え、フライトボーナスマイル50%と、マイルを非常に貯めやすいカードとなっています。

 

また、継続ボーナスマイルも10,000マイルの大量マイルが付与されますので、カードを維持するだけで効率良くマイルを貯めることができるのですね。

 

カード特典として、プライオリティパスの付帯に加え、ANA国内線ラウンジを利用することが可能となっています。

 

ANAを良く利用する方にはメリットの大きい、特別なサービスをうけることができるカードとなっているのですね。

 

 

Pocket

基本情報

申し込み資格30歳以上で本人に安定した収入のある方
発行期間約2週間
入会金無料
年会費(本人)初年度70,000円+税
2年目以降70,000円+税
年会費(家族)初年度4,000円+税
2年目以降4,000円+税
解約金無料
締日公式サイト参照
支払日公式サイト参照
支払い方法
旅行傷害補償海外最高1億円
国内最高1億円
ショッピング保険最高500万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社株式会社ジェーシービー