Pocket

 

より上質なサービスを受けることができるANAカードをお探しの方には「ANA JCBワイドゴールドカード」がおすすめです。

 

ANA JCBワイドゴールドカードでは、空港ラウンジサービスやプラチナカード級の手厚い旅行保険などの上質なサービスをうけることができます。

 

さらに、10マイルコースでのマイル移行が手数料無料となっていますので、カードの利用で1.0%の還元率でANAマイルを貯めることができます。

 

効率的にANAマイルを貯めることができるだけではなく、ゴールドカードとしての上質なサービスを利用することができるカードとなっているのですね。

 

今回は、ANA JCBカードのゴールドカードとなる、ANA JCBワイドゴールドカードについて徹底解説していきましょう。

 

ANA JCBワイドゴールドカードはこんな方におすすめ

ANA JCBのゴールドカードとして発行されているのがANA JCBワイドゴールドカードです。

 

カードの利用で効率良くANAマイルを貯めたい方
格安年会費でANAカードのゴールドカードが欲しい方
ANA便で海外旅行に出かける機会のある方

 

このような条件に当てはまる方の場合は、ANA JCBワイドゴールドカードをお得に利用することが可能となっています。

 

ANA JCBワイドゴールドカードでは、10マイルコースでのマイル移行が手数料無料となっていますので、いつでも1.0%の還元率でANAマイルを貯めることができます。

 

ANA便・提携航空会社でのフライトの際には、区間基本マイルの25%のフライトボーナスマイルが付与される特典があり、フライトでも効率的にマイルが貯まるのですね。

 

通常のANA JCBの場合、10マイルコースでのマイル移行には年間税別5,000円の移行手数料が必要となります。

 

ANA JCBワイドゴールドカードでは10マイルコースの移行手数料が無料となっていますので、差し引きすると格安でゴールドカードを持つことが可能となっています。

 

ANA JCBワイドゴールドカードでは、

 

最高1億円の海外旅行保険
空港ラウンジサービス
手荷物無料宅配サービス
JCBゴールドデスク

 

など、海外旅行の際にも便利に利用できる付帯サービスが豊富に用意されています。

 

ANA便を利用して海外旅行・出張に出かける機会の多い方には最適なゴールドカードとなっているのですね。

 

通常のANAカードよりも、さらに実用的なカードを求めている方にもおすすめです。

ANA JCBワイドゴールドカードの入会キャンペーン

ANA JCBワイドゴールドカードでは、2018年4月30日までの入会受付分までを対象に、最大31,000マイル相当のポイントがプレゼントされるお得な入会キャンペーンを開催しています。

 

カードの新規入会では、2,000マイルの入会ボーナスマイルが付与されます。

 

新規入会の上、下記条件を達成すると最大8,000マイルがプレゼントされます。

  • ANAキャンペーンの参加登録で3,000マイル
  • ANA便の搭乗で最大2,000マイル(国内線500マイル+国際線1,500マイル)
  • ANAプラスマイル加盟店でのカード利用で最大3,000マイル(10,000円以上・50,000円未満の利用で500マイル、50,000円以上の利用で3,000マイル)

 

さらに、登録+利用で21,000マイル相当のOki Dokiポイントがプレゼントされます。

  • MyJチェックに登録で4,500マイル相当のポイント
  • カードの利用で最大16,500マイル相当のポイント(25万円以上で3,000マイル分、60万円以上で16,500マイル分)

 

ANA JCBワイドゴールドカードのキャンペーンは2018年4月30日受付分までとなっていますので、お得にカードを手に入れるチャンスを見逃さないようにしましょう。

 

ANA JCBワイドゴールドカードの特徴

ANAとJCBが提携して発行するゴールドカードとなっているのが、ANA JCBワイドゴールドカードです。

 

ANA JCBワイドゴールドカードの年会費は税別14,000円となっており、家族カードは年会費税別4,000円で追加することが可能です。

 

ETCカードは新規発行手数料・年会費無料で追加することができますので、車を運転する方の場合にもコストをかけずにETCを利用することができます。

 

ANA JCBワイドゴールドカードの国際ブランドはJCBのみとなっており、国内での使い勝手は抜群のカードとなっています。

 

JCBだと海外利用の使い勝手が悪いのでは?と心配になってしまう方もいるかも知れませんが、近年では海外の主要な観光地でもJCBの加盟店は増えています。

 

JCBの充実した付帯サービスも利用することができますので、海外旅行の際にも便利に利用することが可能となっているのですね。

ANA JCBワイドゴールドカードの還元率

ANA JCBワイドゴールドカードでは、月間の累計利用金額の1,000円に5ポイントのOkiDokiポイントを貯めることができます。

 

OkiDokiポイントは、1ポイント=5円で利用することが可能となっていますので、通常還元率は0.5%と言うことになりますね。

 

カード特典として、ポイントの有効期限は通常カードよりも1年長くなっており3年間となっていますので、ゆっくりとポイントを貯めることが可能となっています。

 

ANA JCBワイドゴールドカードでは、移行手数料無料で1ポイント=10マイルとしてANAマイルに移行することが可能となっています。

 

ANAマイルにポイントを交換した場合のマイル付与率は1.0%となっており、高還元率でANAマイルを貯めることができるのですね。

電子マネー対応

ANA JCBワイドゴールドカードには、楽天Edyを搭載することが可能となっており、楽天Edyの利用では200円で1マイルのANAマイルを貯めることができます。

 

ANA JCBワイドゴールドカードでの楽天Edyへのチャージでも200円に1マイルを貯めることができますので、チャージと利用で合計1.0%のマイルを貯めることができるのですね。

 

さらに、ANA JCBワイドゴールドカードは、iPhone7以降のiPhone等で利用することができるApple Payに登録して利用することができます。

 

Apple Payの利用でもクレジットポイントを貯めることができますので、電子マネーの利用でも相性良くポイントを貯めることができるのですね。

ポイントの交換先・お得な使い道

ANA JCBワイドゴールドカードの利用で貯めたOkiDokiポイントは、各種ギフト券や共通ポイントに交換して利用することができます。

 

ただし、ANA JCBワイドゴールドカードでは、移行手数料無料で10マイルコースでのANAマイル移行を利用することが可能となっています。

 

ANA JCBワイドゴールドカードをお使いの方は、ほとんどの方がANAマイルへの移行を利用するのではないでしょうか。

 

ANAマイルでは、

 

日本国内線 5,000マイル〜
韓国 12,000マイル〜
香港 17,000マイル〜
バンコク 30,000マイル〜
ホノルル 35,000マイル〜

 

このように、マイルでお得に特典航空券をゲットすることが可能となっています。

 

ANA JCBワイドゴールドカードをしっかり利用して、ANAの特典航空券を目指してみるのも良いのではないでしょうか。

 

ここに注目!

ANAマイルの有効期限は通常36か月となっていますので、中には目標のマイル数に届かずに有効期限を迎えてしまうという方もいるのではないでしょうか。

 

ANA JCBワイドゴールドカードでのANAマイルへの移行では、

 

マルチポイントコース
自動移行コース

 

のいずれかを選択することができます。

 

マルチポイントコースでは、自分の任意のタイミングでポイントをマイルに交換することができますので、OkiDokiポイントの有効期限と合わせて最長6年間の有効期限を利用できます。

 

じっくりとポイントを貯めて、ビジネス・ファーストクラスでの特典航空券の交換を目指してみると言うのも良いのではないでしょうか。

ANA JCBワイドゴールドカードの申込資格・限度額・発行期間

ANA JCBワイドゴールドカードでは、原則20歳以上で本人に安定継続収入のある方が申込みをすることができます。

 

本人に安定収入のある方が対象となっていますので、専業主婦の方の場合は申込みが不可と言うことになりますね。

 

また、審査はゴールドカード独自の審査基準となっていますので、一般カードの審査よりもハードルは若干高くなっています。

 

他社での利用状況
JCBのクレジットヒストリー

 

など、申込みの前には1回確認しておいた方が良いかも知れませんね。

 

ANA JCBワイドゴールドカードの利用限度額は、申込時の年収・クレジットヒストリーによって変わります。

 

また、通常2週間程度の発行期間が必要となっていますので、申込みの際には発行期間に余裕を持って申込みをするようにしましょう。

ANA JCBワイドゴールドカードの付帯保険

ANA JCBワイドゴールドカードでは、ゴールドカードに相応しく、手厚い付帯保険が用意されています。

 

国内旅行保険では、自動付帯で最高5,000万円の補償をうけることができます。

 

ここでは、さらに詳しくANA JCBワイドゴールドカードの付帯保険の内容を解説していきましょう。

海外旅行保険

海外旅行保険付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療 最高300万円
疾病治療 最高300万円
携行品損害 最高50万円
救援者費用 最高400万円
賠償責任 最高1億円

 

ANA JCBワイドゴールドカードでは、自動付帯で最高1億円の海外旅行保険が付帯しています。

 

海外旅行の際に利用する頻度の高い、傷害・疾病治療の補償金額も最高300万円となっており、海外旅行の際に実用に利用することができるカードとなっています。

 

ANA航空便での旅行や出張の際にも、安心して補償をうけることが可能となっているのですね。

航空便遅延費用

乗継遅延費用 2万円
出航遅延・欠航・搭乗不能 2万円
受託手荷物遅延 2万円
受託手荷物紛失 4万円

 

ANA JCBワイドゴールドカードでは、国内外の旅行保険で航空便遅延費用が補償されています。

 

特に航空便の遅延が起こりやすい、海外での利用分が補償されるのは嬉しいメリットとなっていますね。

ショッピング保険

ANA JCBワイドゴールドカードでは、年間500万円の充実したショッピング保険が付帯しています。

 

プラチナカードクラスのショッピング保険となっていますので、カードを利用したショッピングも安心ですね。

 

免責金額として必要になるのは1事故あたり3,000円となっていますので、少額の商品の事故の際にも手軽に利用しやすくなっているのですね。

ANA JCBワイドゴールドカードの付帯サービス

ANA JCBワイドゴールドカードでは、ANAカード・JCBカードの通常の特典に加えて、ゴールドカード特典を利用することができます。

 

ここでは、ANA JCBワイドゴールドカードで利用できる付帯サービスの内容を解説していきましょう。

空港ラウンジサービス

ANA JCBワイドゴールドカードでは、国内主要空港・およびハワイ・ホノルル国際空港の空港ラウンジを無料で利用することが可能となっています。

 

航空便を利用する際に、最もメリットの大きいサービスとなるのが空港ラウンジの無料サービスです。

 

空港ラウンジでは、フリードリンクや軽食の提供を受けることが可能となっており、航空機の到着までを有意義に待つことができます。

 

ANA便を利用してフライトをする際には、お得に利用できるサービスとなっているのですね。

ゴールドカード専用デスク

ANA JCBワイドゴールドカードでは、ゴールドカード専用デスクを利用することが可能となっています。

 

ゴールドカード会員専用のデスクとなっていますので、待ち時間のストレスなくカードの各種手続きをすることができます。

 

また、有料のサービスとはなりますが、ゴールドカード専用デスクではホテルや航空券の手配を依頼することもできます。

 

通常の手続きだけではなく、予約サービスを利用することができるのもJCBゴールドデスクの大きなメリットとなっています。

ANA JCBワイドゴールドカードのメリット

ANA JCBワイドゴールドカードでは、カード特典として非常にお得なメリットが用意されています。

 

特に、カードの利用でANAマイルをお得に貯めることが可能となっており、ANAマイラーにはおすすめのカードとなっています。

 

ここでは、ANA JCBワイドゴールドカードを利用するうえでのメリットとなる部分を解説していきましょう。

カード利用・継続ボーナスでザクザクマイルが貯まる

ANA JCBワイドゴールドカードでは、移行手数料無料で10マイルコースを利用することができますので、1.0%の還元率でANAマイルを貯めることができます。

 

通常のカード利用だけではなく、ANA便・提携航空会社でのフライトの際には、区間基本マイルの25%のフライトボーナスマイルを貯めることができます。

 

カードの利用・フライトで効率良くマイルを貯めることができますので、ANAマイラーには最適のカードとなっているのですね。

 

それだけではなく、ANA JCBワイドゴールドカードでは、カードの更新時に2,000マイルの継続ボーナスマイルが付与される特典があります。

 

毎年、カードを継続して利用するだけでボーナスマイルが付与されると言うのも、大きなメリットとなるのですね。

楽天Edy・QUICPay nanacoなど、電子マネーの相性も良い

ANA JCBワイドゴールドカードでは、カード特典として、楽天Edyのチャージで200円に1マイルのANAマイルが貯まる特典があります。

 

通常、ANA JCBカードでは電子マネーのチャージでのポイント・マイルの付与はありませんので、楽天Edyを利用している方には大きなメリットとなりますよね。

 

ANA JCBワイドゴールドカードに搭載された楽天Edyの利用でも、200円に1マイルのANAマイルを貯めることができますので、ダブルでマイルを獲得することができるのですね。

 

さらに、ANA JCBワイドゴールドカードではQUICPayが搭載されており、電子マネーのnanacoのQUICPay機能・QUICPay nanacoを利用することができます。

 

nanaco加盟店でQUICPay nanacoを利用すると、通常のクレジットポイントに加えて200円に1ポイントのnanacoポイントを貯めることができます。

 

nanacoポイントは500ポイント=250マイルでANAマイルに交換することができますので、

 

10マイルコースでのANAマイル1.0%還元
nanacoでのマイル還元0.25%

 

と、合計1.25%還元でANAマイルを貯めることができます。

 

さらに、セブンイレブンでの利用の場合には、マイルがお得に貯まる「ANAカードマイルプラス」となっていますので、合計1.75%還元でマイルを貯めることができます。

 

このように、電子マネーと非常に相性良く利用することができるのも、ANA JCBワイドゴールドカードの大きなメリットとなっているのですね。

ANA JCBワイドゴールドカードのデメリット

ANA JCBワイドゴールドカードは、ANAとJCBが提携して発行するゴールドカードとなっています。

 

ただし、ANA JCBワイドゴールドカードの利用では、JCBの最高峰である「JCBザ・クラス」のインビテーションをうけることができません。

 

JCB発行のカードとなっていますので、JCBのクレヒスに影響はゼロとは言えませんが、プロパーカードではありませんのでJCBザ・クラスのインビは不可となっているのですね。

 

ANA JCBワイドゴールドカードの利用では「ANA JCBカードプレミアム」の審査を受ける際に有利なクレヒスを積むことができます。

 

JCBザ・クラスを目指したい場合には、プロパーの「JCBゴールド」を利用するようにしましょう。

 

ANA VISAワイドゴールドとの違い

ANA JCBワイドゴールドカードのライバルカードとも言って良いカードが、ANAと三井住友カードが提携して発行する「ANA VISAワイドゴールド」です。

 

ANA VISAワイドゴールド

 

ANA JCBワイドゴールドカードとANA VISAワイドゴールドでは、ともに年会費税別14,000円となっており、共通のサービスも多くなっています。

 

ただし、ANA VISAワイドゴールドでは各種利用条件を満たすことで、年会費の割引をうけることが可能となっています。

 

マイ・ペイすリボの利用で税別3500円割引
WEB明細の利用で税別1,000円割引

 

と、合計4,500円の年会費割引をうけることが可能となっています。

 

さらに、ANA VISAワイドゴールドでは、マイ・ペイすリボの利用で獲得ポイントと同額のボーナスポイントを獲得することが可能となっています。

 

年会費のコストも安く、ポイントも有利に貯めることができるANA VISAワイドゴールドですが、電子マネーのチャージによるポイント付与は対象外となっています。

 

 

ANA JCBワイドゴールドカードでは、楽天Edyのクレジットチャージで200円に1マイルのANAマイルを貯めることができすので、楽天Edyを利用する方にはお得です。

 

また、ANA JCBワイドゴールドカードとANA VISAワイドゴールドでは、海外旅行保険の内容に大きな違いがあります。

 

  ANA JCBワイドゴールド ANA VISAワイドゴールド
死亡・後遺障害 最高1億円 最高5,000万円
傷害治療 最高300万円 最高150万円
疾病治療 最高300万円 最高150万円
航空便遅延費用

 

このように、よりバランスの取れたゴールドカードをお探しの方には、ANA JCBワイドゴールドカードの方が有利となっているのですね。

 

上質な付帯サービスを利用できるゴールドカードが欲しいならANA JCBワイドゴールドカード

今回は、ANAとJCBが提携して発行するゴールドカードの「ANA JCBワイドゴールドカード」を特集してご紹介してきました。

 

ANA JCBワイドゴールドカードでは、10マイルコースでの移行手数料が無料となっており、1.0%の還元率でANAマイルを貯めることが可能となっています。

 

さらに、区間マイルの25%のフライトボーナスマイル・継続ボーナスマイルと、ガンガンANAマイルを貯めることが可能となっています。

 

それだけではなく、空港ラウンジサービス・ゴールドカード専用デスクと、ゴールドカードならではの充実した付帯サービスを利用することができます。

 

より上質なANAカードを利用したい方には、非常にお得に使えるゴールドカードとなるのではないでしょうか。

 

 

Pocket

基本情報

申し込み資格20歳以上で本人に安定継続収入のある方
発行期間約2週間
入会金無料
年会費(本人)初年度14,000円+税
2年目以降14,000円+税
年会費(家族)初年度4,000円+税
2年目以降4,000円+税
解約金無料
締日公式サイト参照
支払日公式サイト参照
支払い方法
旅行傷害補償海外最高1億円
国内最高5,000万円
ショッピング保険最高500万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社株式会社ジェーシービー