Pocket

 

ANAマイルを効率的に貯めるために必要となってくるANAカード。

 

よりフライトで効率的にマイルを貯めたい、と言う方におすすめできるANAカードとなるのが「ANA JCBワイドカード」です。

 

ANA JCBワイドカードでは、ANA便・提携航空会社でのフライトで区間基本マイルの25%のマイルを貯めることが可能となっており、フライトでガンガンマイルを貯めることができます。

 

カード特典として、付帯保険の内容も手厚い補償内容になっていますので、国内外での旅行で利用する実用のカードとしてもおすすめすることができるのですね。

 

今回は、ワンランク上のANAカード・ANA JCBワイドカードの特徴やメリット・デメリットを徹底解説していきましょう。

ANA JCBワイドカードはこんな方におすすめ

ANA JCBワイドカードでは、通常のANAカードよりもさらに効率よくANAマイルを貯めることができるカードとなっています。

 

ANAでのフライトが多い方
手厚い旅行保険を利用したい方
毎日のお買い物でお得にマイルを貯めたい方

 

このような条件に当てはまる方の場合には、ANA JCBワイドカードをお得に利用することができるでしょう。

 

ANA JCBワイドカードの最も大きなメリットとも言えるのが、ANA便・提携航空会社でのフライトの際に区間基本マイルの25%が付与される特典です。

 

通常のANAカードの10%のフライトボーナスマイルよりもさらにレートが高くなっていますので、ANAでのフライトが多い方には効率的にマイルを貯めることが可能となっています。

 

また、ANA JCBワイドカードで、カード特典として手厚い内容の旅行保険が付帯しています。

 

自動付帯で最高5,000万円の海外旅行保険では、

 

傷害治療:最高150万円
疾病治療:最高150万円

 

と、手厚い補償が用意されており、海外旅行用のカードとしてもおすすめです。

 

ANA JCBワイドカードの利用で貯めたポイントは、5マイルコース・10マイルコースのいずれかでANAマイルに交換することができます。

 

10マイルコースを選択した場合には1.0%の還元率でANAマイルを貯めることが可能となっていますので、カードの利用で効率よくマイルを貯めたい方にもおすすめです。

 

通常のANAカードよりもワンランク上のサービスをうけることができるのが、ANA JCBワイドカードの大きなメリットとなっているのですね。

ANA JCBワイドカードの入会キャンペーン

ANA JCBワイドカードでは、2018年4月30日までの入会受付分までを対象に、最大26,200マイル相当のポイントがプレゼントされるお得な入会キャンペーンを開催しています。

 

カードの新規入会では、2,000マイルの入会ボーナスマイルが付与されます。

 

新規入会の上、下記条件を達成すると最大6,500マイルがプレゼントされます。

  • ANAキャンペーンの参加登録で1,500マイル
  • ANA便の搭乗で最大2,000マイル(国内線500マイル+国際線1,500マイル)
  • ANAプラスマイル加盟店でのカード利用で最大3,000マイル(10,000円以上・50,000円未満の利用で500マイル、50,000円以上の利用で3,000マイル)

 

さらに、登録+利用で17,700マイル相当のOki Dokiポイントがプレゼントされます。

  • MyJチェックに登録で1,200マイル相当のポイント
  • カードの利用で最大16,500マイル相当のポイント(25万円以上で3,000マイル分、60万円以上で16,500マイル分)

 

ANA JCBワイドカードのキャンペーンは2018年4月30日受付分までとなっていますので、お得にカードを手に入れるチャンスを見逃さないようにしましょう。

 

ANA JCBワイドカードの特徴

ANAとJCBカードが提携して発行する、ワンランク上のANAカードとなるのが「ANA JCBワイドカード」です。

 

ANA JCBワイドカードの年会費は税別7,250円となっており、家族カードは税別1,500円の年会費で追加することが可能となっています。

 

また、ETCカードの追加に関しては年会費・新規発行手数料ともに無料で追加することができます。

 

ANA JCBワイドカードの国際ブランドには、JCBのみを利用することが可能となっています。

 

国内ではJCBの加盟店のシェア率はNO.1となっていますので、日本国内でのカードの使い勝手に悩んでしまうというようなことはないでしょう。

 

ここに注目!

海外ではJCBは使い勝手が悪いのでは?と心配になってしまう方もいるかも知れませんが、近年では海外の主要な観光地などにもJCBの加盟店は増えている傾向にあります。

 

JCBの付帯サービスは、海外旅行の際に便利に利用できるサービスも多く、国内外で便利に利用することができるカードとなっているのですね。

ANA JCBワイドカードの還元率

ANA JCBワイドカードの利用では、1,000円に1ポイントのOkiDokiポイントを貯めることができます。

 

ポイントの付与は月間の累計金額からの付与となっており、ポイントの有効期限は2年間となっています。

 

月間でのポイント付与となりますので、毎月ポイントにならずに切り捨てられてしまう端数は最大でも999円と、無駄なくポイントを貯めることが可能となっています。

 

貯まったポイントは1ポイント=5円として各種ギフト券・共通ポイントに交換することができますので、通常還元率は0.5%と言うことになりますね。

 

ANA JCBワイドカードでは、5マイルコース・10マイルコースのいずれかのコースで、ポイントをANAマイルに交換することも可能となっています。

 

10マイルコースを選択した場合には1.0%の高還元率でANAマイルを貯めることが可能となっています。

電子マネー対応

ANA JCBワイドカードでは、電子マネーへのチャージによるポイント付与をうけることができません。

 

ただし、ANA JCBワイドカードでは、

 

楽天Edy
QUICPay

 

と言った電子マネーをカードに搭載することが可能となっています。

 

ANA JCBワイドカードに一体の楽天Edyでお買い物をした場合には、200円に1マイルのANAマイルを直接貯めることができます。

 

また、QUICPayの利用ではクレジットカードの利用と同様に、1,000円に1ポイントのOkiDokiポイントを貯められますので、効率的にポイント・マイルを貯めることができるのですね。

 

ANA JCBワイドカードは、Apple Payにも対応しており、Apple Payの支払いでもポイントを貯めることが可能となっています。

ポイントの交換先・お得な使い道

ANA JCBワイドカードで貯めたOkiDokiポイントは、各種ギフト券・共通ポイントに1ポイント=5円として交換することができます。

 

  必要ポイント 交換先
nanacoポイント 200ポイント 1,000ポイント
WAONポイント 200ポイント 1,000ポイント
ビックポイント 200ポイント 1,000ポイント
JCBギフトカード 1,050ポイント 5,000円分

 

このように、使い勝手の良い様々な交換先に利用することが可能です。

 

ただし、ANA JCBワイドカードでは、貯まったポイントをお得なレートでANAマイルに移行することが可能となっています。

 

移行手数料はポイント移行のコースによって変わってきます。

 

5マイルコース 無料
10マイルコース 年度ごとに税別5,000円

 

このように、10マイルコースでは移行手数料が必要となってくるものの、1ポイント=10マイルのお得なレートでポイントをマイルに移行することができます。

 

10マイルコースを利用すれば1.0%の高還元率でANAマイルを貯めることが可能となっていますので、よりお得にANAマイルを貯めたい方にはおすすめとなっています。

10マイルコースの移行手数料を半額にする裏技

10マイルコースを利用すれば、1.0%の高還元率でANAマイルを貯めることが可能ですが、やはり年間税別5,000円の移行手数料は高いと感じてしまうかも知れません。

 

ANA JCBワイドカードでは、ポイントをマイルに移行する際に、

 

マルチポイントコース
自動移行コース

 

のいずれかのコースを選択することができます。

 

自動移行コースでは、貯まったポイントが自動的にANAマイルに移行されますので、毎年税別5,000円の移行手数料が必要となります。

 

マルチポイントコースでは、ポイントをマイルに交換するタイミングを自分で選択することが可能となっています。

 

OkiDokiポイントの有効期限ギリギリの2年間に1回、ANAマイルへの移行を利用すれば、2年に1回の移行手数料の発生でポイントをマイルに交換することができます。

 

マルチポイントコースで2年に1回のマイル交換をすることで、マイル移行手数料を半額に節約することが可能となっているのですね。

ANA JCBワイドカードの申込資格・限度額・発行期間

ANA JCBワイドカードの申込資格は、18歳以上で本人・または配偶者に安定した収入のある方となっています。

 

学生の方の申込みは不可となっていますので、学生の方は「ANA JCBカード(学生用)」を利用するようにしましょう。

 

ANA JCBワイドカードは、ANA JCB一般カードよりもワンランク上のカードとなっていますが、特に審査基準に違いはありません。

 

18歳以上の社会人の方で、過去に金融事故などを起こしたことがない方であれば、問題なくカードを取得することができるでしょう。

 

ANA JCBワイドカードの利用限度額は申込時の年収・信用情報によって個別に設定されます。

 

発行期間は通常2週間程度となっていますが、最短で5営業日での発行が可能となっています。

ANA JCBワイドカードの付帯保険

ANA JCBワイドカードでは、カード特典として手厚い旅行保険が用意されており、実際のANA便での旅行の際にも役立つカードとなっています。

 

国内旅行保険では、航空便の搭乗中のみを対象として、自動付帯で最高5,000万円の補償が付帯しています。

 

さらに、海外旅行保険では手厚い内容の補償が付帯しています。

海外旅行保険

海外旅行保険付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高5,000万円
傷害治療 最高150万円
疾病治療 最高150万円
携行品損害 最高50万円
救援者費用 最高100万円
賠償責任保険 最高5,000万円

 

ANA JCBワイドカードでは、自動付帯で最高5,000万円の海外旅行保険が付帯しています。

 

傷害・疾病治療の補償は最高150万円まで付帯しており、海外旅行用に実用できる優秀な保険を利用することができるのですね。

ショッピング保険

ANA JCBワイドカードでは、海外での購入商品に対して年間100万円までのショッピング保険が付帯します。

 

海外でのJCB加盟店で購入した商品が補償の対象となりますので、より商品の破損・盗難のリスクの高い海外での商品事故を補償してもらうことができます。

 

ショッピング保険の利用には、免責金額として1事故あたり1万円の免責金額が必要となります。

ANA JCBワイドカードの付帯サービス

ANA JCBワイドカードでは、ANAカードの通常の特典だけではなく、JCBの付帯サービスを利用することが可能となっています。

 

ここでは、ANA JCBワイドカードで利用することができる付帯サービスの内容を解説していきましょう。

JCBプラザ/プラザラウンジ

海外旅行に出かける際に役立つサービスとなるのが、海外主要都市に設置された海外デスク「JCBプラザ」のサービスです。

 

JCBプラザでは、現地の日本語スタッフの対応で、JCB加盟店や交通情報などの案内をうけることができます。

 

さらに、JCBプラザラウンジでは、JCBプラザのサービスに加えてラウンジ機能も利用することが可能となっています。

 

JCBプラザラウンジでは、フリードリンクの提供や当日中の手荷物預かりサービスなども利用できますので、海外旅行中の拠点として利用することができます。

 

一部有料サービスとはなりますが、レストランやオプショナルツアーの予約・手配を利用することも可能となっています。

JCB優待ガイド

海外旅行に出かける際には必ずチェックしておきたいのが「JCB優待ガイド」です。

 

JCB優待ガイドは、海外各エリアでのJCB加盟店の情報が、MAP付きで詳しく解説されたガイドブックとなっています。

 

海外旅行の際にJCB優待ガイドを提示のうえ、ANA JCBワイドカードで支払いをすると、割引優待やプレゼントなどの様々な優待をうけることができます。

 

海外旅行の際の予定を組み立てる際には、必ず活用したいサービスとなっているのですね。

ANA JCBワイドカードのメリット

ANA JCBワイドカードでは、通常のANAカードに比べて、さらにANAマイルが貯めやすいカードとなっています。

 

カードの利用でお得にANAマイルを貯めたい方には、非常に大きなメリットのあるカードなのですね。

継続・フライトボーナスマイルが優遇!

ANA JCBワイドカードでは、ANA便・提携航空会社でのフライトを利用すると、区間基本マイルの25%のフライトボーナスマイルが付与される特典があります。

 

通常のANAカードのフライトボーナスマイル10%よりも、倍以上有利にフライトボーナスマイルを貯めることができるのですね。

 

実際にANAでのフライトの機会が多い方には、非常に効率良くマイルを貯めることができるカードとなっています。

 

それだけではなく、ANA JCBワイドカードでは、毎年カードを継続するだけで2,000マイルの継続ボーナスマイルが付与されます。

 

カードの利用・フライト・カードの継続でお得にマイルを貯めることができるので、ガンガンANAマイルを貯めることが可能となっているのですね。

普段のお買い物でもお得にマイルを貯めることができる

ANA JCBワイドカードでは、10マイルコースを選択することで、1.0%の還元率でANAマイルを貯めることが可能となっています。

 

さらに、ANAカードではお得にマイルを貯めることができる「ANAカードマイルプラス」が用意されています。

 

ANAカードマイルプラスでは、通常のクレジットポイントに加えて、店舗ごとに直接ANAマイルが付与される特典があります。

 

イトーヨーカドー・セブンイレブンで200円に1マイル
ENEOSで100円に1マイル

 

など、身近な店舗でダブルポイントを獲得することができますので、普段のお買い物でお得にマイルを貯めることが可能となっているのですね。

 

クレジットカードの利用でマイルを貯めたい、陸マイラーの方にもおすすめのカードとなっているのですね。

ANA JCBワイドカードのデメリット

ANA JCBワイドカードでは、通常のANAカードと比べて年会費の差が税別5,250円となっています。

 

ANAカードとの差はボーナスマイル・付帯保険の差のみとなっており、付帯サービスの内容などには大きな違いはありません。

 

税別7,250円のカードと言うと、格安ゴールドカード並みの年会費となっていますので、空港ラウンジなどの付帯サービスが付いていない点は残念ですよね。

 

ただし、フライトで付与されるフライトボーナスマイルには15%、継続ボーナスマイルは1,000マイルと、ANAカードとは大きな差があります。

 

ANA便を年間頻繁に利用する方の場合には、ANA JCBワイドカードがお得になることには間違いがないでしょう。

ワンランク上のANAカード・ANA JCBワイドカードでガンガンANAマイルを貯めよう!

今回は、ANAとJCBが提携して発行するワンランク上のANAカード「ANA JCBワイドカード」を特集してご紹介してきました。

 

ANA JCBワイドカードでは、カード特典としてANA便・提携航空会社でのフライトで、区間マイルの25%のフライトボーナスマイルが付与される特典があります。

 

さらに、カードの継続で毎年2,000マイルのANAマイルを獲得することができますので、ガンガンANAマイルを貯めることができるカードとなっています。

 

ANA JCBワイドカードでは、自動付帯で最高5,000万円の海外旅行保険も付帯しており、ANA便での旅行・出張の際にも安心して利用することができます。

 

実際にフライトの機会が多い方には、お得なメリットが豊富に用意されているカードと言っても良いのではないでしょうか。

 

 

Pocket

基本情報

申し込み資格18歳以上で本人または配偶者に安定した収入のある方
発行期間最短5営業日
入会金無料
年会費(本人)初年度7,250円+税
2年目以降7,250円+税
年会費(家族)初年度1,500円+税
2年目以降1,500円+税
解約金無料
締日公式サイト参照
支払日公式サイト参照
支払い方法
旅行傷害補償海外最高5,000万円
国内-
ショッピング保険最高100万円(海外購入品に限る)
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社株式会社ジェーシービー