Pocket

 

学生の方の場合でも、長期休暇や卒業旅行などでANA航空便を利用する機会は多くなってくるでしょう。

 

学生でも持てるANAカードが欲しい、と言う方には「ANA JCBカード(学生用)」がおすすめとなっています。

 

ANA JCBカード(学生用)では、在学中は年会費無料で利用することが可能となっており、ANAマイルをお得に貯めることができるカードとなっています。

 

さらに、卒業時には卒業ボーナスマイルも付与される特典がありますので、在学中に保有しておきたいカードなのですね。

 

今回は、学生の方におすすめのANA JCBカード(学生用)の特徴やメリット・デメリットを解説していきましょう。

ANA JCBカード(学生用)はこんな方におすすめ

ANAとJCBが提携して発行する学生向けカードが「ANA JCBカード(学生用)」です。

 

高校生を除く学生の方
年会費無料でカードを利用したい方
ANAマイルをお得に貯めたい方

 

ANA JCBカード(学生用)は、国内在住の学生の方だけが申込みをすることができるANAカードとなっています。

 

学生の方でもANAカードを利用したい、と言う方には最適のカードとなっているのですね。

 

学生向けカードとしての特権で、在学中は年会費無料でカードを利用することが可能となっています。

 

ANAカードの利用では通常税別2,000円以上の年会費が必要となっていますので、コストをかけずにカードを維持することができるのは大きなメリットになりますね。

 

ANA JCBカード(学生用)では、カードの利用・ANA便の利用で効率よくマイルを貯めることができます。

 

また、継続ボーナスマイルも付与されますので、カードを維持しているだけで毎年マイルを貯めることも可能となっています。

 

ANA JCBカード(学生用)の入会キャンペーン

ANA JCBカード(学生用)では、2018年4月30日までの入会受付分までを対象に、最大24,700マイル相当のポイントがプレゼントされる特典があります。

 

カードの新規入会では、1,000マイルの入会ボーナスマイルが付与されます。

 

新規入会の上、下記条件を達成すると最大6,000マイルがプレゼントされます。

  • ANAキャンペーンの参加登録で1,000マイル
  • ANA便の搭乗で最大2,000マイル(国内線500マイル+国際線1,500マイル)
  • ANAプラスマイル加盟店でのカード利用で最大3,000マイル(10,000円以上・50,000円未満の利用で500マイル、50,000円以上の利用で3,000マイル)

 

さらに、登録+利用で17,700マイル相当のOki Dokiポイントがプレゼントされます。

  • MyJチェックに登録で1,200マイル相当のポイント
  • カードの利用で最大16,500マイル相当のポイント(25万円以上で3,000マイル分、60万円以上で16,500マイル分)

 

在学中年会費無料で利用することができるANA JCBカード(学生用)の申込みで、非常にお得な特典をゲットすることが可能となっています!

 

ANA JCBカード(学生用)の特徴

ANAとJCBが提携して発行する学生向けカードがANA JCBカード(学生用)です。

 

ANA JCBカード(学生用)では、カード特典として在学中は年会費無料で利用することができます。

 

家族カードは発行されていませんが、ETCカードを追加する場合には年会費・発行手数料無料で発行することが可能です。

 

また、ANA JCBカード(学生用)の国際ブランドは、当然のことながらJCBのみを利用することができます。

 

国産の国際ブランドであるJCBは国内での加盟店のシェアNO.1となっており、クレジットカードに対応している店舗であればほぼ問題なく利用することができるでしょう。

 

JCBカードでは、海外旅行の際に利用することができる便利な付帯サービスも用意されており、ANAカードの国際ブランドとしては最適となるのではないでしょうか。

ANA JCBカード(学生用)の還元率

ANA JCBカード(学生用)では、月間の累計利用金額1,000円で1ポイントのOkiDokiポイントを貯めることができます。

 

OkiDokiポイントは、1ポイント=5円として様々なギフト券や共通ポイントに交換して利用することができますので、通常還元率は0.5%となります。

 

ANA JCBカード(学生用)で貯めたOkiDokiポイントは、ANAマイルに交換することが可能となっていますので、ほとんどの方はANAマイルへの移行を選択するのではないでしょうか。

 

また、OkiDokiポイントの有効期限はポイント獲得から2年間となっています。

 

ANA JCBカード(学生用)では、電子マネーのチャージによるポイント付与はありません。

 

ただし、ANA JCBカード(学生用)には、

 

楽天Edy
QUICPay

 

と言った電子マネー機能を一体にして利用することができます。

 

楽天Edyの利用では200円に1マイル・QUICPayの利用では1,000円に1ポイントのOkiDokiポイントを貯めることができます。

 

QUICPayが搭載されていることで、iPhone7以降のiPhoneで利用できるApple Payの登録用のカードとしても利用可能となっています。

ポイントの交換先・お得な使い道

ANA JCBカード(学生用)の利用では、1,000円に1ポイントのOkiDokiポイントを貯めることができます。

 

OkiDokiポイントは、各種ギフト券や共通ポイントに交換することが可能な、使い勝手の良いポイントプログラムとなっています。

 

ANAカードとしての特典として、貯まったOkiDokiポイントをお得なレートで交換することができます。

 

移行手数料は2つのコースで変わってきます。

 

1ポイント=5マイルコース 無料
1ポイント=10マイルコース 年度ごとに税別5,000円

 

また、ポイントからマイルの移行方法も、自動移行・都度交換と好みによって設定できます。

 

自動移行を選択した場合には、毎年・税別5,000円の移行手数料が必要となります。

 

都度交換を選択して、OkiDokiポイントの有効期限2年間で交換をすれば、2年に1回の移行手数料の支払いだけで利用することができます。

 

OkiDokiポイントの有効期限を待ってマイルに移行すれば、OkiDokiポイントの有効期限2年間とANAマイルの有効期限3年間、合計5年間の有効期限で利用することが可能となります。

 

OkiDokiポイントをANAマイルに交換する場合には、10マイルコースで都度交換での移行がおすすめとなっています。

ANA JCBカード(学生用)の申込資格・限度額・発行期間

ANA JCBカード(学生用)では、国内に在住する高校生を除く18歳以上の学生の方が申込みをすることができます。

 

大学
大学院生
短大
専門学校
高専の4年生・5年生

 

上記のような学校に在学中の学生の方が申込みをすることが可能となっています。

 

学生の方でも申込みをすることができるカードとなっていますので、審査のハードルはそれほど高くはありません。

 

国内の学校に在学中の学生の方で、初めてクレジットカードを申込みする方であればほぼ問題なく審査に通過することができるでしょう。

 

ANA JCBカード(学生用)の利用限度額は、申込時の年収・信用情報によって個別に設定されます。

 

カードの発行期間は、通常2週間程度・最短5営業日での発行が可能となっています。

ANA JCBカード(学生用)の付帯保険

ANA JCBカード(学生用)には、国内外で利用することができる旅行保険が付帯しています。

 

国内旅行保険 死亡・後遺障害 最高1,000万円
海外旅行保険 死亡・後遺障害 最高1,000万円

 

国内外の旅行保険は自動付帯で補償されますので、ANA JCBカード(学生用)を利用せずに購入した旅行の際にも補償を利用することができます。

 

ただし、ANA JCBカード(学生用)の補償は死亡・後遺障害のみの最低限の補償となっています。

 

実際の旅行に利用する際には、補償上乗せ用のカードと併用するのがおすすめです。

ショッピング保険

ANA JCBカード(学生用)では、海外旅行の際に利用することができるショッピング保険が用意されています。

 

海外のJCB加盟店での利用分が対象となり、購入から90日以内の商品の破損や盗難による損害を補償してもらうことができます。

 

ショッピング保険は年間100万円までが補償され、免責金額として1事故あたり1万円の自己負担が必要となります。

 

よりショッピング保険の利用の可能性が高くなる、海外での利用分が補償の対象となるのは嬉しいですよね。

ANA JCBカード(学生用)の付帯サービス

ANA JCBカード(学生用)では、ANAカードとしての特典はもちろん、JCBの手厚い付帯サービスを利用することが可能となっています。

 

海外旅行の際に便利に利用することができる特典が豊富に用意されており、ANAカードの付帯サービスとしては最適と言えるでしょう。

 

ここでは、ANA JCBカード(学生用)の付帯サービスの内容を解説していきましょう。

JCBプラザ/プラザラウンジを利用可能

ANA JCBカード(学生用)では、JCBの海外デスク「JCBプラザ」を利用することができます。

 

JCBプラザでは海外の加盟店の情報や、現地の情報収集に利用することが可能となっており、海外旅行に慣れない方の海外旅行の際のサポートとして利用できます。

 

さらに、海外の主要都市に設置されたJCBプラザラウンジは、海外デスクとしてだけではなく旅行中の休憩に利用することも可能です。

 

JCBプラザラウンジでは、

 

フリードリンク
マッサージ機
新聞・雑誌の閲覧
お荷物預かりサービス

 

などを利用することが可能となっており、海外旅行の拠点として利用することができるのですね。

 

JCBプラザ/プラザラウンジでは、現地の日本語スタッフが対応してくれますので、安心して利用することが可能となっています。

海外旅行の際にお得に使える優待サービス

ANA JCBカード(学生用)では、海外旅行の際にお得になる優待サービスを利用することができます。

 

JCB優待ガイドでは、海外優待店でのお得な優待ガイドがMAP付きで紹介されています。

 

現地での食事・お買い物の際には、JCB優待ガイドを提示のうえANA JCBカード(学生用)の利用での支払いで、お得な優待をうけることができます。

 

また、ハワイ旅行の際には、よりお得にJCBカードを利用することが可能となっており、カードの提示でワイキキ・トロリーが無料になる特典があります。

 

ハワイにはJCBプラザラウンジ・ホノルルもありますので、ハワイ旅行の際にもおすすめとなっています。

免税店での優待割引

ANA JCB一般カードでは、免税店などのお買い物をお得に利用可能となる優待割引をうけることができます。

 

ANAグループの空港免税店でのカード利用では、お買い物金額が5%割引になる特典があり、お土産品などをお得な料金で購入することができます。

 

さらに、機内販売やANA SKY SHOPでもお得な割引をうけることが可能となっており、空港でのお買い物でお得に利用することが可能となっています。

 

フライトだけではなく、空港でお得に利用することができるカードとなっているのですね。

エクスプレス予約

エクスプレス予約は、東海道・山陽新幹線でお得に利用することができるサービスとなっています。

 

東海道・山陽新幹線のチケットをいつでも会員価格で利用することが可能となっており、新幹線をお得に利用することができます。

 

24時間365日、オンラインでの新幹線の予約・手配が可能となっていますので、ビジネス出張の際にも便利に利用できるサービスとなっています。

 

予約の変更も乗車直前まで可能となっていますので、急な予定変更の際にも慌てずに予約を変更することができるのですね。

ANA JCBカード(学生用)のメリット

ANA JCBカード(学生用)は、学生向けの様々な特典が用意されたお得なANAカードとなっています。

 

カード特典として在学中は年会費無料で利用できるカードともなっていますので、学生の方には必携のカードとなっているのですね。

 

ここでは、ANA JCBカード(学生用)のメリットとなる点を解説していきましょう。

普段のお買い物やボーナスマイル、さらに卒業時には卒業ボーナスも

ANA JCBカード(学生用)の最も大きなメリットとなっているのが、カードの利用で効率的にマイルを貯めることができる点でしょう。

 

ANA JCBカード(学生用)の利用では、10マイルコースの利用で1.0%の還元率でANAマイルを貯めることができます。

 

さらに、ANA便・提携航空会社でのフライトでは、区間基本マイルの10%のフライトボーナスマイルを獲得することができます。

 

それだけではなく、ANA JCBカード(学生用)では毎年のカード更新で1,000マイルの継続ボーナスマイルが付与される特典があり、カードを継続するだけでマイルが貯まります。

 

卒業時には2,000マイルの卒業ボーナスマイルが付与される特典もありますので、在学中に手に入れておきたいカードですよね。

 

卒業時には卒業ボーナスマイル付与のうえ、ANA JCB一般カードにカードが自動的に切り替えとなります。

スカイメイトの特別割引を利用可能

ANA JCBカード(学生用)では、学生向けカードの特権として「スカイメイト」の割引特典を利用することができます。

 

スカイメイトの割引特典は、12歳〜22歳までの方が利用することができる割引サービスとなっています。

 

最大で50%割引でANA航空券を購入することが可能となっていますので、非常にお得にANA便のフライトを利用することができます。

 

スカイメイト割引でANA航空券を購入する際には、ANA国内線カウンター・または旅行代理店でANA JCBカード(学生用)で購入することができます。

 

搭乗の際には、ANA JCBカード(学生用)と免許証を提示すればOKです。

 

ここに注目!

通常、割引運賃でのフライトの場合には、獲得できる区間マイルも少なくなってしまいます。

 

ただし、スカイメイト割引でのフライトの場合には、割引運賃であるにも関わらず100%のフライトマイルを獲得することができます。

 

さらに、10%のフライトボーナスマイルも獲得することが可能となっていますので、スカイメイト割引ではお得な割引運賃で、マイルも効率的に貯めることができるのですね。

nanacoポイントとダブルポイント可能!

ANA JCBカード(学生用)には、QUICPayが搭載されていますので、電子マネーnanacoの「QUICPay nanaco」を利用することができます。

 

nanacoにはQUICPay機能も付帯しており、ANA JCBカード(学生用)を支払いカードに設定することができます。

 

QUICPay nanacoをセブンイレブンをはじめとしたnanaco加盟店で利用すると、クレジットポイントとnanacoポイントのダブルポイントを貯めることができます。

 

nanacoポイントは500ポイント=250マイルとしてANAマイルに交換することができますので、より効率的にマイルを貯めることが可能となっているのですね。

ANA JCBカード(学生用)のデメリット

ANA JCBカード(学生用)のデメリットとなってくるのは、在学中しか利用することができない点でしょう。

 

学生専用カードとなっていますので当然と言えば当然ですが、18歳〜22歳の方でも学生の方でなければ利用することはできません。

 

また、卒業時には自動的にANA JCB一般カードに切り替わりますので、年会費が必要なカードに切り替わってしまうということになります。

 

ANA JCBカード(学生用)は、あくまでも学生専用の特権として利用することができるカードとなっているのですね。

 

ANA JCB一般カードへの切り替え時には、卒業ボーナスマイルとして2,000マイルが付与されますので、ANA JCB一般カードをよりお得に手に入れることができるのですね。

学生向けカードとしての特権が満載のANA JCBカード(学生用)

今回は、ANAとJCBが提携して発行する学生向けカード・ANA JCBカード(学生用)を特集してご紹介してきました。

 

ANA JCBカード(学生用)は、在学中は年会費無料で利用できるカードとなっており、学生の方には非常にお得に利用することができるカードとなっています。

 

カードの利用で貯めたポイントは、10マイルコースの利用で1.0%のANAマイルを貯めることが可能となっており、カードの利用でお得にマイルを貯めることができます。

 

さらに、スカイメイト割引でANA航空便をお得に購入することが可能となっており、フライトの際にもお得に利用できるカードとなっています。

 

卒業時には卒業ボーナスマイルも付与されますので、在学中に必ず手に入れておきたいカードとなっているのですね。

 

 

Pocket

基本情報

申し込み資格高校生を除く18歳以上の学生の方
発行期間最短5営業日
入会金無料
年会費(本人)初年度無料
2年目以降無料
年会費(家族)初年度-
2年目以降-
解約金無料
締日公式サイト参照
支払日公式サイト参照
支払い方法
旅行傷害補償海外最高1,000万円
国内最高1,000万円
ショッピング保険最高100万円(海外加盟店)
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社株式会社ジェーシービー