Pocket

 

中小企業の経営者の方や個人事業主の方の中には、法人カードにも上質なゴールドカードの特典を求めたいと言う方もいるのではないでしょうか。

 

バランスの取れたビジネスサポートと、ゴールドカードならではの上質な付帯サービスを利用できる法人クレジットカードが「三井住友ビジネスカード forOwners ゴールド」です。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、登記簿謄本・決算書不要の簡単申込みで、スタートアップ企業の方にも気軽に申込みをすることができる法人ゴールドカードとなっています。

 

また、空港ラウンジサービスや最高5,000万円の海外旅行保険も充実しており、海外出張の多い経営者の方にも選んで頂けるゴールドカードとなっているのですね。

 

今回は、上質なビジネスパートナーとして利用することができる、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの特徴・メリット・デメリットをご紹介していきましょう。

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドはこんな方におすすめ

三井住友カードのビジネスゴールドカードとして発行されているのが「三井住友ビジネスカード forOwners ゴールド」です。

 

スタートアップ企業の方
上質なゴールドカードを法人クレジットカードでも利用したい方
分割・リボ払い・キャッシングも利用したい方

 

このような条件に当てはまる個人事業主・法人代表者の方は、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドをおすすめできる方であると言えるでしょう。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの申込みでは、法人カードの申込みの際に面倒な登記簿謄本や決算書不要で申込みをすることができます。

 

スタートアップ企業の方や、独立したばかりの個人事業主の方の場合でも、申込みのハードルは比較的低くなっています。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、空港ラウンジサービスや最高5,000万円の海外旅行保険と言った、ゴールドカードならではの付帯サービスも充実しています。

 

法人クレジットカードの場合には、単なるクレジットカードとしての役割だけではなく、会社の顔ともなるカードとなりますので、ステータス性の優れたカードを利用したいですよね。

 

また、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、法人クレジットカードとしては珍しくキャッシング・分割・リボ払いを選択することが可能となっています。

 

個人事業主の方の事業資金の借入や、高額な経費の分割払いなどに便利に利用することが可能となっているのですね。

 

これから、ますます成長をしていきたい企業の方にとっては最適の法人ゴールドカードが、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドなのですね。

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの入会特典

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、2018年3月30日までの期間限定で、カードの入会・利用で最大12,000円分のギフト券を獲得することができます。

 

期間中に三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドに新規入会した方に、入会特典としてもれなく6,000円分の三井住友VJAギフトカードがプレゼントされます。

 

また、各種カードの入会やカードの利用で、さらに三井住友VJAギフトカードが加算されてプレゼントされます。

 

新規入会時にパートナーカードの同時入会で1,000円分
新規入会時に「iD」の同時申込で1,000円分
新規入会時に「マイ・ペイすリボ」の登録、および入会から3か月以内の7万円以上の利用で1,000円分
公共料金・携帯電話料金の支払い設定・およびVpass会員登録で3,000円分

 

上記の利用条件を満たすと、合計で12,000円分の三井住友VJAギフトカードを獲得することができます。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの年会費は税別10,000円となっていますので、年会費相当分以上のギフトカードを獲得することができるのですね。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの特徴

三井住友カードが発行する法人ゴールドカードが三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドです。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの年会費は初年度年会費無料・2年目以降税別10,000円となっており、社員カードとなるパートナーカードは1枚あたり税別2,000円で発行することができます。

 

ただし、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、リボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」の利用で年会費が半額になる特典があり、さらにお得にカードを利用することができます。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドのETCカードは、初年度無料・2年目以降税別500円となっていますが、年間1回でもカードの利用があれば年会費無料になる特典があります。

 

社用車を多く抱える企業の場合などにもお得に利用することが可能となっていますので、カード保有のコストを抑えて利用することができるのですね。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの国際ブランドは、VISAもしくはMastercardを選択することができます。

 

国際ブランドの加盟店のシェアでは、VISAがNO.1・MastercardがNO.2となっていますので、加盟店のカバー率も非常に高くなっているのですね。

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの還元率

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの利用では、月間の累計利用金額1,000円に対して1ポイントのワールドプレゼントを貯めることができます。

 

ワールドプレゼントは、1ポイント=5円として多用な交換先に交換して利用することができますので、通常還元率0.5%で利用することが可能となっています。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドで獲得したワールドプレゼントの有効期限は、通常カードで獲得したワールドプレゼントより優遇され、3年間となっています。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、電子マネーのチャージによるポイント付与はありません。

 

ただし、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、iPhone7以降のiPhoneで利用することができるApple Payに登録することが可能となっています。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドをApple Payに登録すると、iD加盟店でApple Pay決済をすることが可能となります。

 

Apple Pay決済の場合でも0.5%のワールドプレゼントを貯めることができますので、電子マネーの利用でお得にポイントを貯めることができるのですね。

ポイントの交換先・お得な使い道

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの利用では、1,000円に1ポイントのワールドプレゼントを貯めることができます。

 

ワールドプレゼントは、1ポイント=5円として多様な交換先に利用することができます。

 

ここでは、ワールドプレゼントの交換先の一例をご紹介して行きましょう。

 

  必要ポイント 交換先
三井住友VJAギフトカード 1,100ポイント
2,100ポイント
3,100ポイント
4,100ポイント
5,000円分
10,000円分
15,000円分
20,000円分
ルートインホテルズ宿泊優待券 400ポイント 2,000円分
楽天スーパーポイント 200ポイント 1,000ポイント
WAON 200ポイント 1,000ポイント
ビックポイント 200ポイント 1,000ポイント
au WALLETポイント
iDキャッシュバック
200ポイント 1,000円分

 

このように、ワールドプレゼントでは多様な金券・共通ポイントに交換して利用することができます。

 

また、ワールドプレゼントはANAマイルに100ポイント=300マイルのレートで交換することができますので、0.3%の還元率でマイルを貯めることができます。

 

マイル還元率は低くなっていますが、経費の支払いで貯まったポイントをマイルに交換することができると言うのは大きなメリットとなりますよね。

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの申込資格・限度額・発行期間

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの申込資格は、満20歳以上の個人事業主・および法人代表者の方が申込みをすることができます。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの大きなメリットとして、カードの申込みの際に登記簿謄本や決算書の提出不要で申込みをすることができる点があります。

 

スタートアップ企業の方や、独立したての個人事業主の方でも申込みをすることができますので、気軽に法人クレジットカードを申込むことができるのですね。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの発行期間は、平均して2週間〜3週間となっており、通常の法人クレジットカードよりもスムーズに発行することができます。

 

また、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの限度額は50万円〜200万円となっていますので、ビジネスユースでの利用でも充分な限度額が用意されています。

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの付帯保険

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、ゴールドカードに相応しい手厚い補償内容の付帯保険が用意されています。

 

国内外で最高5,000万円の補償をうけることが可能となっていますので、出張の多い企業の方でも安心して利用することが可能となっているのですね。

 

ここでは、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの付帯保険の内容を詳しく解説していきましょう。

国内旅行保険

国内旅行保険付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 自動付帯:最高1,000万円
利用付帯:最高5,000万円
入院日額 5,000円
通院日額 2,000円
手術費用 最高20万円

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドは、自動付帯で最高1,000万円・利用付帯では最高5,000万円の国内旅行保険が付帯しています。

 

国内旅行保険では入院・通院・手術費用まで補償されており、手厚い補償となっているのですね。

海外旅行保険

海外旅行保険付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 自動付帯:最高1,000万円
利用付帯:最高5,000万円
傷害治療 最高300万円
疾病治療 最高300万円
救援者費用 最高500万円
携行品損害 最高50万円
賠償責任 最高5,000万円

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの海外旅行保険では、自動付帯で最高1,000万円・利用付帯で最高5,000万円の補償をうけることができます。

 

海外旅行の際に利用する機会の多い、傷害・疾病治療の補償は最高300万円となっており、海外出張などの際にも安心して利用することが可能となっています。

ショッピング保険

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドのショッピング保険では、年間300万円までの補償をうけることが可能となっています。

 

年間の補償金額も手厚くなっていますので、ゴールドカードで購入する金額帯の補償にもカバーできる補償金額が魅力となっているのですね。

 

免責金額も1事故あたり3,000円と少額になっていますので、少額の商品の事故の場合でも利用しやすくなっているのですね。

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの付帯サービス

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、ゴールドカードならではの非常に上質な付帯サービスが用意されています。

 

空港ラウンジサービスをはじめとした上質なサービスを利用できますので、ビジネス・プライベートに便利に利用することができます。

 

ここでは、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの付帯サービスの内容を解説していきましょう。

ビジネスサポートパック

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、ビジネスに必要な様々な経費を割引料金で利用できる「ビジネスサポートパック」が付帯しています。

 

ビジネスサポートパックでは、オフィス用品をスピーディに発送してくれる「アスクル」や、国際輸送便の「DHLエクスプレス」などを会員限定の割引料金で利用することができます。

 

ビジネスで必ず必要になってくる経費を、優待料金で利用することができますので、会社の経費をスリムにしてくれることに一役買ってくれるのですね。

 

また、ビジネスサポートパックの利用でも、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドのポイントを貯めることができますので、2重にお得になるのですね。

空港ラウンジサービス

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、国内主要空港のラウンジを利用できる、空港ラウンジサービスが付帯しています。

 

空港ラウンジには、ビジネスデスクなどが設置されたビジネスラウンジもあり、ビジネス出張などの際に搭乗待ちの時間を無駄にせずに時間を過ごすことができます。

 

また、ラウンジによってはアルコール等のサービスをうけることができるラウンジもありますので、出張帰りなどにはゆったり疲れを取ることもできるのですね。

 

航空便を利用するうえで、一番の苦痛となってしまう搭乗待ちの時間をのんびり過ごせる、空港ラウンジサービスが付帯するのは大きなメリットとなります。

エアライン&ホテルデスク

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、電話1本で海外航空券・ホテルを予約することができる「エアライン&ホテルデスク」を利用することができます。

 

エアライン&ホテルデスクでは、来店不要の電話1本で航空券・ホテルを手配できますので、急な出張の場合にも便利に利用することができます。

 

また、航空券のクラス・ホテルのグレードなども希望に合わせて選択することができますので、プライベートの旅行からビジネス出張まで柔軟に利用することができます。

 

以外と面倒な航空券・ホテルの手配を電話1本で代行してくれますので、事務員のストレスを軽減するのにも一役買ってくれるのではないでしょうか。

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドのメリット

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの最も大きなメリットとなっているのが、カードの利用でビジネス経費の支払いをお得に節約することができる点です。

 

優秀なポイントプログラムも用意されており、カードの利用でガンガンポイントを貯めることも可能となっているのですね。

 

ここでは、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドのメリットとなる部分を解説していきましょう。

経費の支払いでガンガンポイントが貯まる

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの最も大きなメリットとなっているのが、経費の支払いでガンガンポイントを貯めることができる点でしょう。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの限度額は最高200万円と手厚くなっていますので、全ての経費支払いを三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドに切り替えれば大量のポイントを貯めることができます。

 

貯まったポイントは、各種ギフト券や共通ポイントはもちろんのこと、ANAマイルに交換することもできますので、経費支払いで貯めたポイントで特典航空券を交換することも可能です。

 

また、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、年間の獲得ポイントに応じてボーナスポイントを受け取ることも可能となっています。

 

年間1,000ポイントの獲得で300ポイントのボーナスポイントを獲得することができますので、最大0.65%の還元率でポイントを貯めることができます。

ホテル優待などのゴールドカードならではのサービス

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、宿泊サイト「Relux」の優待をうけることが可能となっており、ホテル優待などのサービスをうけることができます。

 

上質な高級旅館・ホテルのみが登録されているReluxでは、ウェルカムドリンクなどの優待をうけることが可能となっており、より上質な宿泊を楽しむことができます。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、Reluxの料金よりも3,000円引きになる特典がありますので、よりお得に旅館・ホテルを予約することが可能となっているのですね。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、ホテル優待の他にも空港サービスなど、ゴールドカードならではの手厚いサービスが用意されています。

 

特に出張の多い経営者の方には、ゴールドカードの特典で優待三昧のメリットをうけることができるのですね。

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドのデメリット

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドのデメリットとして挙げられるのは、電子マネーのチャージに対してポイントが付与されない点でしょう。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、WAONなどの電子マネーにチャージすることは可能となっていますが、電子マネーのチャージによるポイントの付与がありません。

 

電子マネーにチャージしてポイントを貯めることができれば、ポイントの2重取りなどでさらに効率的にポイントを貯めることができますので残念ですよね。

 

ただし、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドではiDの利用で0.5%のワールドプレゼントを貯めることが可能となっています。

 

Apple Payに登録することも可能となっていますので、実用のうえではそれほど困ると言ったことはないのではないでしょうか。

三井住友ビジネスゴールドカードとの違い

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドを発行する三井住友カードでは、法人ゴールドカードとして「三井住友ビジネスゴールドカード」も発行しています。

 

 

三井住友ビジネスゴールドカードは、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドと同じく、税別10,000円で維持することができる法人ゴールドカードです。

 

カードの利用限度額は三井住友ビジネスゴールドカードの方が優れており、最高300万円までのパワフルな限度額を利用することができます。

 

ただし、三井住友ビジネスゴールドカードでは、支払い方法は一括のみ、キャッシングリボも利用不可となっていますので、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドと比較すると使い勝手は悪くなっています。

 

三井住友ビジネスゴールドカードで貯めたポイントでは、キャッシュバックやマイルへの交換をすることはできませんので、ポイントの使い道も限定されてしまうのですね。

 

より柔軟にカードを利用したい方には、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドが便利に利用できるのでは無いでしょうか。

出張の多い社長には、法人カードもゴールドカードで!

今回は、三井住友カードの発行するビジネスゴールドカード「三井住友ビジネスカード forOwners ゴールド」を特集してご紹介してきました。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは、ビジネス経費を抑える「ビジネスサポートパック」に加え、空港ラウンジサービスなども付帯した上質なカードとなっています。

 

それだけではなく、ゴールドカード特典として、ホテル優待や空港サービスの優待なども豊富に用意されており、旅行・出張の際に便利に利用することができるのですね。

 

また、三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドでは経費の支払いでお得にポイントを貯めることができますので、経費の削減にも一役買ってくれるカードとなっています。

 

三井住友ビジネスカード forOwners ゴールドの入会では最大12,000円分の三井住友VJAギフトカードを獲得できますので、お得にカードを手に入れて見られてはいかがでしょうか!

 

 

Pocket

基本情報

申し込み資格満20歳以上の個人事業主・および法人代表者の方
発行期間2〜3週間
入会金無料
年会費(本人)初年度無料
2年目以降10,000円+税
年会費(家族)初年度-
2年目以降-
解約金無料
締日15日 もしくは 末日
支払日翌月10日 もしくは 翌月26日
支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い、
旅行傷害補償海外自動付帯:最高1,000万円 利用付帯:最高5,000万円
国内自動付帯:最高1,000万円 利用付帯:最高5,000万円
ショッピング保険最高300万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費初年度無料、2年目以降500円+税
備考※年1回以上のETC利用で無料
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社三井住友カード株式会社