Pocket

 

法人代表者・個人事業主の方の中には、ビジネスカードも上質なカードを利用したいと言う方も多いのではないでしょうか。

 

ビジネスを徹底的にサポートしてくれるビジネスカードとして利用することができるのが「ダイナースクラブ ビジネスカード」です。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、ビジネスへの悩みを専門家に無料で相談できる「ダイナースクラブ・ビジネス・コンシェルジュ」などのビジネスサポートを受けることができます。

 

また、ダイナースクラブ ビジネスカードでは、ダイナースクラブカードならではのベネフィットも充実しており、特別な優待をうけることができます。

 

今回は、ハイブランドの代名詞・ダイナースクラブのビジネスカードである、ダイナースクラブ ビジネスカードの特徴を徹底的に解説していきましょう。

ダイナースクラブ ビジネスカードはこんな方におすすめ

ハイブランドのクレジットカードブランド、ダイナースクラブが発行するビジネスカードがダイナースクラブ ビジネスカードです。

 

上質なビジネスカードを求めている経営者・個人事業主の方
取引先との接待などの際に上質なベネフィットを利用したい方
海外出張の多い会社の方

 

このような条件に当てはまる方は、ダイナースクラブ ビジネスカードを取得するべきであると言えるでしょう。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、電話一本でビジネスへの悩みを解消することができるダイナースクラブ・ビジネス・コンシェルジュを利用できます。

 

また、ダイナースクラブ・プライベートアドバイザーサービスでは、ビジネスオーナーの経営上の悩みを解決するアドバイスを受けることができます。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、ダイナースクラブカードならではの上質なベネフィットを利用することができます。

 

コース料理の1名分無料のサービスなども利用することができますので、接待などでダイニングの特典を利用したい方にもおすすめです。

 

また、ダイナースクラブ ビジネスカードでは、最高1億円の海外旅行保険と、空港ラウンジサービスをはじめとした様々な空港サービスを利用することができます。

 

ダイナースクラブの空港ラウンジサービスでは、VIPラウンジも含めたラウンジが利用可能となっており、海外出張の際により有意義に搭乗待ちの時間を過ごすことができます。

 

このように、単なるビジネスカードとしてではなく、ビジネスパートナーとしてカードを利用したい方にダイナースクラブ ビジネスカードはおすすめできます。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードの特徴

三井住友トラストクラブのビジネスカードとして発行されているのがダイナースクラブ ビジネスカードです。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードは、年会費税別27,000円で利用することができます。

 

追加カードの発行に関しては枚数制限無しで無料で利用することができますので、社員数の多い会社の経営者の方にもおすすめです。

 

また、ETCカードも年会費無料・発行枚数の制限無しで追加することができますので、コストをかけずに社用車のETCカードを管理することができます。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードの国際ブランドはダイナースクラブのみとなっています。

 

ダイナースクラブのクレジットカードは、ダイナースクラブの加盟店はもちろんのこと、日本国内ではJCBの加盟店でも利用することができます。

 

国産の国際ブランドであるJCBの加盟店のカバー率は国内NO.1となっていますので、国内ではほぼ全ての加盟店でカードを利用することができるのですね。

ダイナースクラブ ビジネスカードの還元率

ダイナースクラブ ビジネスカードの利用では、月間の累利用金額100円に対して1ポイントの「ダイナースクラブリワードポイント」を貯めることができます。

 

貯まったポイントは1ポイント=1マイルに交換することができますので、マイル還元率1.0%で利用することができるお得なカードとなっています。

 

また、ダイナースクラブリワードポイントは有効期限・無期限で貯めることができるポイントとなっていますので、実質無期限でマイルを貯めることが可能となっています。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードではショッピングでの利用はもちろんのこと、SMART ICOCAへのチャージでもポイントを貯めることができます。

 

ただし、ダイナースクラブカードはiPhone7などで利用することができるApple Payには未対応となっています。

ポイントの交換先・お得な使い道

ダイナースクラブ ビジネスカードの利用では、100円に1ポイントのダイナースクラブリワードポイントを貯めることができます。

 

ダイナースクラブリワードポイントは、1,000ポイント=400円として旅行代金充当プログラム、100ポイント=30円としてご利用代金充当プログラムに利用することができます。

 

しかし、ダイナースクラブリワードポイントを最もお得に利用することができるのは、各航空会社のマイルへの交換でしょう。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、別途年会費6,000円でグローバルマイレージに登録することで、主要航空会社のマイレージにポイントを交換することができます。

 

グローバルマイレージで交換することができるのは、

 

ANA
アリタリア・イタリア航空
大韓航空
デルタ航空
ユナイテッド航空

 

と言った、主要の航空会社のマイルに1ポイント=1マイルとして交換することができます。

 

ビジネスカードで1.0%の高還元率でマイルを貯めることができるカードは貴重となっており、会社の経費の支払いでお得にマイルを貯めることが可能となっています。

 

会社の経費の支払いで貯めたポイントで、お得に各種航空会社の特典航空券を交換することも可能となっているのですね。

ダイナースクラブ ビジネスカードの申込資格・限度額・発行期間

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、ビジネスカードとなっていますので基本的には法人代表者の方が申込みをすることができます。

 

具体的には、年齢27歳以上の法人代表者・役員の方、または個人事業主の方が申込みをすることができます。

 

やはり、ハイブランドクレジットカードであるダイナースクラブ ビジネスカードでは、通常のカードよりも審査の基準は高くなっています。

 

赤字決算の会社の方や、起業したての個人事業主の方などでは審査の通過は難しくなってくるでしょう。

 

しかし、ダイナースクラブ ビジネスカードでは、審査難易度に見合う大きなメリットが用意されているのですね。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードの発行期間の目安は約2週間となっています。

 

また、ダイナースクラブカードの特徴でもあるのが、利用限度額に一律の制限が定められていない点です。

 

もちろん、制限無しでいくらでも利用できるという訳ではありませんが、ビジネスユースでも対応可能なパワフルな限度額を利用することができます。

ダイナースクラブ ビジネスカードの付帯保険

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、ダイナースクラブカードならではの手厚い付帯保険を利用することが可能となっています。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードの国内旅行保険では、利用付帯で最高1億円の補償をうけることができます。

 

ここでは、ダイナースクラブ ビジネスカードの海外旅行保険の内容を詳しく解説していきましょう。

海外旅行保険

海外旅行保険付帯条件 自動付帯
死亡・後遺障害 最高1億円
傷害治療 最高300万円
疾病治療 最高300万円
救援者費用 最高300万円
携行品損害 最高50万円
賠償責任 最高1億円

 

ダイナースクラブ ビジネスカードの海外旅行保険では、自動付帯で最高1億円の補償をうけることができます。

 

特に、海外旅行の際に利用する頻度の高い傷害・疾病治療の補償金額も最高300万円までと、手厚い補償金額になっており、海外出張の際にも安心して利用することができます。

その他保険

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、国内外の旅行保険をはじめ、様々な保険を利用することができます。

 

ショッピング保険 年間500万円
ゴルファー保険 賠償責任保険最高1億円
ホールインワン保険10万円 など

 

このように、カードで購入した商品の盗難・破損の損害を補償してもらえるショッピング保険とゴルファー保険を利用することができます。

 

特にダイナースクラブ ビジネスカードを利用する層の経営者の方では、ゴルフをする機会も多くなっているかと思いますので、便利に使える付帯保険であると言えるでしょう。

ダイナースクラブ ビジネスカードの付帯サービス

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、ダイナースクラブ由来の上質な付帯サービスに加えて、ビジネスカード独自の付帯サービスも併せて利用することができます。

 

ここでは、ダイナースクラブ ビジネスカードで利用することができる付帯サービスの一例をご紹介していきましょう。

空港ラウンジサービス

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、世界550か所のダイナースクラブカード提携の空港ラウンジを無料で利用できる特典があります。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードの空港ラウンジサービスでは、VIPラウンジを含めたラウンジを利用することができますので、海外出張の際にも有意義に待ち時間を過ごすことができます。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、本会員はもちろんのこと、追加カードの会員でも空港ラウンジサービスを利用することができますので、社員だけでの出張の際にも便利に利用できます。

 

また、ダイナースクラブ ビジネスカードでは空港送迎タクシーサービスを利用することができます。

 

1回の購入金額が50万円以上の海外パッケージツアーを利用の際には、空港までのタクシーサービスを利用することが可能となっており、より手軽に海外出張に出かけることができます。

海外トラベルデスク

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、海外の主要都市に設置された海外トラベルデスクを利用することができます。

 

海外トラベルデスクでは、現地情報の案内はもちろんのこと、レストランやホテルの予約・手配をすることができます。

 

それだけではなく、海外トラベルデスクではエマージェンシーサービスも利用することができますので、海外旅行・出張の際のサポートを受けることができるのですね。

ダイナースクラブビジネスラウンジ

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、ビジネス誌を多く発行する「ダイヤモンド社」が運営する会員制ラウンジ「銀座サロン」を無料で利用することが可能となっています。

 

銀座サロンを利用することができるのは、限られた上場企業の会員のみとなっていますので、カード特典としてサロンを無料で利用することができるのは大きなメリットとなります。

 

サロンでは、商用での打ち合わせや商談などにも利用することができるビジネスラウンジとして有効活用することができます。

ダイナースクラブ ビジネスカードのメリット

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、ビジネスのパートナーとして利用することができる豊富なメリットが用意されています。

 

それだけではなく、ダイナースクラブ ビジネスカードでは上質なベネフィットも用意されており、プライベートでもカードをお得に利用することが可能となっています。

 

ここでは、ダイナースクラブ ビジネスカードのメリットとなる点を徹底解説していきましょう。

豊富なビジネスサポートでビジネスを加速する

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、最上級のビジネスカードとして様々なビジネスサポートをうけることが可能となっています。

 

ダイナースクラブ・ビジネス・コンシェルジュでは、電話での経営相談をすることが可能となっています。

 

専門家による経営課題解決のヒントを得ることができますので、ビジネスで悩んでいる際など、社員にはできない悩みを相談することができます。

 

また、ダイナースクラブ ビジネスカードの大きなメリットとなっているのは、専門家チームによるアドバイスをうけることができるプライベートアドバイザーサービスです。

 

プライベートアドバイザーサービスでは、

 

政務
企業再生
人事
企業法務
個人法務
相続

 

などの専門家チームが、ビジネスやプライベートの問題を解決してくれます。

 

それだけではなく、

 

会計ソフト「freee」の2か月無料サービス
ビジネス用品を優待価格で購入できる「ダイナースクラブ・ビジネス・オファー」

 

などを利用することができますので、これから成長しようとする企業のビジネスカードとしては最適のカードとなっているのですね。

最強のベネフィットでプライベートも完璧

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、ダイナースクラブカードと同等のベネフィットを利用することができます。

 

その中でも特別なベネフィットとして利用することができるのは、やはりダイニング関連の特典ではないでしょうか。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、エグゼクティブダイニングをはじめとした、最上級のダイニング特典を利用することができます。

 

エグゼクティブダイニングでは、提携するレストランでの2名以上のコース料理の利用で1名分が無料になる特典があります。

 

接待などでダイニングを頻繁に利用する方の場合、エグゼクティブダイニングの特典だけで年会費の元を取ることも充分に可能となっています。

 

また、ダイナースクラブ会員は、新しいダイニング特典として「ごひいき予約」の特典を利用することができます。

 

ごひいき予約では、通常では予約不可能な名店でのキャンセルで出た空席を利用することができます。

 

通常では、利用することができない名店での食事を楽しむことができるチャンスとなる、非常に嬉しいサービスとなっているのですね。

 

参考:ダイナースカードの「ごひいき予約」が激熱!すきやばし次郎も参戦!

 

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、ビジネスでのメリットはもちろんのこと、プライベートでの特典も完璧に用意されているのですね。

ダイナースクラブ ビジネスカードのデメリット

最高のビジネスサポートとベネフィットをうけることができるダイナースクラブ ビジネスカード。

 

年会費が高いのは致し方ないことだとしても、やはりApple Payに未対応と言う点はダイナースクラブのクレジットカードのデメリットとなるでしょう。

 

iPhone7/Apple Watch Series2で利用することができるApple Payは、今後キャッシュレス化が進む中で中心になってくる決済方法であるとも言えます。

 

また、Apple Payの利用ではポイントも貯めることが可能となっていますので、効率的にポイントを貯めることも可能となっているのですね。

 

現状、Apple Payには未対応のダイナースクラブカードですが、今後の対応を期待したいところですよね。

通常のダイナースクラブカードとの違い

ダイナースクラブ ビジネスカードは、三井住友トラストクラブが発行するビジネスカードとなっています。

 

ここでは、個人向けのダイナースクラブカードとの違いとなっている点を分析していきましょう。

 

 

両者の年会費を比べると、

 

  ダイナースクラブ
ビジネスカード
ダイナースクラブ
カード
年会費 税別27,000円 税別22,000円
家族会員(追加カード) 無料 税別5,000円

 

このように、本会員の年会費ではダイナースクラブ ビジネスカードの方が5,000円ほど高くなっています。

 

サービス内容では、基本的にダイナースクラブ ビジネスカードではダイナースクラブカードのサービスを全て利用することができます。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードには、ビジネスカードとしての手厚いビジネスサポートが付帯しているのですね。

 

ダイナースクラブカードでも追加税別2,000円でビジネスアカウントカードを発行することができますが、やはりビジネスサポートと言う点ではダイナースクラブ ビジネスカードの方が優れています。

 

経営者の方・個人事業主の方の場合は、ダイナースクラブ ビジネスカードを利用した方がより手厚いサポートをうけることができるのですね。

 

ただし、ダイナースクラブ ビジネスカードでは経営者・役員の方、または個人事業主の方にしか発行することができません。

 

また、将来的にダイナースプレミアムカードのインビテーションを目指したい方の場合も、ダイナースクラブカードを利用するメリットがあるのですね。

 

参考:ダイナースプレミアムカードを1年で取得した方法!ダイナースクラブカードの特徴・スペックなど徹底解説!

 

最上級のビジネスカードは、ただのクレジットカードではない

今回は、ハイブランドのクレジットカードの代名詞・ダイナースクラブカードのビジネスカードであるダイナースクラブ ビジネスカードをご紹介してきました。

 

ダイナースクラブ ビジネスカードでは、ここではご紹介しきれないほどの上質なビジネスサポートをはじめとした付帯サービスが用意されています。

 

特に、専門家によるアドバイスをうけることができるプライベートアドバイザーサービスでは、会社の中だけでは解決できない問題を解消する手助けになります。

 

それだけではなく、ダイナースクラブカードの基本のベネフィットを利用できますので、プライベート・ビジネスでの食事でも特別なサービスをうけることができます。

 

単なるビジネスカードとしてではなく、ビジネスの心強いパートナーとして利用できるカードがダイナースクラブ ビジネスカードなのですね。

 

 

Pocket

基本情報

申し込み資格27歳以上の法人代表者・役員の方、または個人事業主の方
発行期間約2週間
入会金無料
年会費(本人)初年度27,000円+税
2年目以降27,000円+税
年会費(家族)初年度-
2年目以降-
解約金無料
締日20日
支払日翌月10日
支払い方法 1回払い、ボーナス払い、リボ払い、
旅行傷害補償海外最高1億円
国内最高1億円
ショッピング保険年間500万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社会社名三井住友トラストクラブ株式会社
所在地東京都中央区晴海一丁目8番10号 トリトンスクエアX棟
設立日