Pocket

 

2017年4月には銀座エリア最大の商業施設「GINZA SIX」がオープンし、ますます注目を集めているエリアが銀座です。

 

バブル期以前から、現在まで銀座と言えば憧れのエリアのひとつではないでしょうか。

 

銀座で食事やショッピングを楽しむことは、一種のステータスのような感覚でもありますよね。

 

銀座でよりラグジュアリーに、こなれたショッピングを楽しみたい方にピッタリのカードとなるのが「銀座ダイナースクラブカード」です。

 

ハイステータスクレジットカードの代名詞ダイナースクラブが、銀座でのメリットを満載に詰め込んだカードが銀座ダイナースとなっています。

 

今回は、銀座ダイナースクラブカードの特徴やメリット・デメリットをまとめていきましょう。

 

銀座ダイナースクラブカードの魅力とは

銀座ダイナースは、ダイナースクラブカードを発行する三井住友トラストクラブと、銀座に拠点を置く団体で組織されている「全銀連」が提携して発行しています。

 

ダイナースクラブカードの大きなメリットと言えば、ダイニングサービスを初めとした様々なベネフィットです。

 

銀座ダイナースは、そうしたダイナースクラブのメリットはそのままに、銀座エリアでのお買い物の際に様々なメリットをうけることができるカードとなっています。

 

特に、銀座でのお買い物の際の休憩などに利用することができる「ダイナース銀座ラウンジ」を利用することができるのが、銀座ダイナースクラブカードの大きなメリットとなっています。

 

銀座の中心部に立地する銀座ラウンジを利用することができることで、銀座でのお買い物の際に特別な優越感を得ることができるのですね。

 

銀座でのお買い物をスマートに楽しむ為に、銀座ダイナースは良きパートナーとなってくれるカードとなっているのですね。

銀座ダイナースクラブカードの特徴

銀座ダイナースクラブカードの国際ブランドは、当然のことながらダイナースクラブカードとなっています。

 

国際ブランドがダイナースクラブカードとなると、利用することができる加盟店が少なくて困ってしまう方も多いかと思います。

 

しかし、ダイナースクラブカードではJCBと提携しており、ダイナースクラブカードの加盟店だけではなく、JCBの加盟店のほぼ全ての加盟店でダイナースクラブカードを利用することができます。

 

銀座ダイナースの年会費は税別25,000円となっていますが、家族カードは無料で発行することができます。

 

また、家族カードには制限がありませんので、家族全員で銀座ダイナースクラブカードを利用すれば1枚当たりのカードの保有コストを下げることができるのですね。

 

ETCカードについても無料で発行することができますので、自動車を運転する方でもお得に利用することができます。

 

ダイナースクラブカードの大きな特徴ともなっているのが、利用限度額に一律の制限が設けられていない点です。

 

銀座ダイナースクラブカードにも利用限度額の制限は無く、前もってデポジットを入金しておくことで、数百万円単位の決済をクレジットカードで支払うことも可能です。

銀座ダイナースクラブカードの還元率

銀座ダイナースクラブカードの利用では、100円に1ポイントのダイナースクラブリワードポイントを貯めることが可能となっています。

 

ダイナースクラブリワードポイントは月間の請求額の合計から100円に1ポイントが付与されますので、切捨てられてしまう端数は最大でも99円と効率よくポイントを貯めることができます。

 

また、ダイナースクラブリワードポイントの大きなメリットになっている点が、ポイントを有効期限無期限で貯めることができる点です。

 

ダイナースクラブリワードポイントは各航空会社のマイルに1対1の等価レートで交換することができますので、マイルを実質無期限で1.0%還元で貯めることが可能となっているのですね。

 

銀座ダイナースクラブカードでは、カードを利用したお買い物はもちろんのこと、交通系電子マネーSMART ICOCAのチャージでも1.0%の還元率でポイントを貯めることができます。

ポイントのお得な使い道                 

銀座ダイナースクラブカードの利用では、1.0%の還元率でダイナースクラブリワードポイントを貯めることができます。

 

ダイナースクラブリワードポイントは各種の金券・厳選された商品と交換することができる、お得なポイントプログラムとなっています。

 

しかし、やはり最もお得なポイントの交換先として選ばれているのは、各航空会社のマイルとの交換です。

各航空会社のマイルに便利に交換して、特典航空券をゲット!

銀座ダイナースクラブカードの利用で貯めることができるダイナースクラブリワードポイントは、税別6,000円のダイナースグローバルマイレージに登録することで各種航空マイルに交換することができます。

 

ダイナースグローバルマイレージの年会費はカード年会費と別途となりますが、ダイナースクラブリワードポイントは有効期限無期限で貯めることができます。

 

特典航空券に必要なポイント数までポイントを貯めて、交換する際にだけダイナースグローバルマイレージに登録すれば、最小限の費用でポイントをマイルに移行することができます。

 

ダイナースクラブリワードポイントで交換できるマイルは、

 

ANA
ユナイテッド航空
デルタ航空
アリタリアイタリア航空
大韓航空

 

などの、スターアライアンス・スカイチーム加盟の各航空会社です。

 

銀座ダイナースクラブカードには、空港ラウンジやホテルなどのベネフィットも数多く用意されていますので、特典航空券で出かける旅行も特別なものに変えてくれるでしょう。

銀座ダイナースクラブカードの付帯保険

銀座ダイナースクラブカードには、ハイクラスのカードにふさわしい、充実の付帯保険が用意されています。

 

ここでは、銀座ダイナースクラブカードの付帯保険の内容を詳しく解説していきましょう。

 

国内旅行保険

国内旅行保険付帯条件

利用付帯

死亡・後遺障害

最高1億円

入院日額

5,000円

通院日額

3,000円

手術費用

5万円、10万円、20万円

 

銀座ダイナースクラブカードの国内旅行保険は、利用付帯で最高1億円まで補償をうけることができます。

 

入院・通院の費用も補償されますので、旅行中の万一の病気やケガの際も安心ですね。

 

海外旅行保険

海外旅行保険付帯条件

自動付帯

死亡・後遺障害

最高1億円

傷害治療

最高300万円

疾病治療

最高300万円

救援者費用

最高300万円

携行品損害

最高50万円

賠償責任

最高1億円

 

海外旅行保険は、自動付帯で最高1億円までの補償をうけることができます。

 

特に、海外の病院では高額になりがちな治療に備える、傷害・疾病治療の補償が最高300万円まで付帯しているのは優秀なポイントとなりますよね。

ショッピング保険

銀座ダイナースクラブカードでは、年間500万円までのショッピング保険が付帯しています。

 

高額な決済が多くなるであろう、ダイナースクラブのカードとしても、充分に安心できる付帯補償となるのではないでしょうか。

銀座ダイナースクラブカードの付帯サービス

銀座ダイナースクラブカードでは、ダイナースクラブの優秀なベネフィットはそのままに、銀座に特化したサービスをうけることが可能となっています。

 

ここでは、他のクレジットカードでは決して真似することのできない、銀座ダイナースクラブカードの付帯サービスの内容をご紹介していきましょう。

ダイナース銀座ラウンジの無料利用特典

銀座ダイナースクラブカードの目玉特典のひとつとなっているのが、ダイナース銀座ラウンジの無料利用の特典でしょう。

 

銀座ダイナースクラブカード会員は、銀座の中心地アルマーニの5Fに設置されている銀座ラウンジでお買い物中のゆったりとした休憩を楽しむことができます。

 

銀座ラウンジではフリードリンクと特別なスイーツが無料で提供されており、プライベートカフェのような優雅な時間を楽しむことが可能です。

 

中には、銀座ラウンジでしか味わうことができない、ブルガリ イル・チョコラートなども提供されており、休憩でなくても訪れたくなるラウンジとなっています。

 

銀座ラウンジでは手荷物を無料で預かってもらうことができますので、銀座でのお買い物をスマートに手ぶらで楽しむことができるのですね。

 

また、銀座ダイナースクラブカードの会員は、大丸東京店の11階にあるD’sラウンジトーキョーも利用することができます。

 

東京駅直結の大丸東京店のラウンジを利用することができますので、新幹線での旅行前などにも優雅にくつろぎの時間を持つことができるのですね。

銀座コンシェルジュ

ダイナース銀座ラウンジでは、フリードリンクやスイーツの提供だけではなく、銀座のレストラン・ホテルを手配してくれる「銀座コンシェルジュ」を利用することができます。

 

銀座コンシェルジュでは、銀座ダイナースの特約店の紹介やカードで利用できる優待プランなど、銀座ダイナースクラブカード会員にピッタリのプランを提案してくれます。

 

会員の趣向と要望に合わせた、特別な銀座スタイルを提案してくれますので、普段とは違った銀座ならではの楽しみ方ができるのですね。

空港ラウンジサービス

銀座ダイナースクラブカードでは、国内主要空港に加え、ハワイホノルル空港の空港ラウンジを無料で利用することができます。

 

また、それだけではなく、プライオリティパスと比較されることも多い「ダイナースクラブラウンジ」を利用することができる特典もあります。

 

ダイナースクラブラウンジでは、空港VIPラウンジを含めた国内外の豊富なラウンジで搭乗前の時間を有意義に過ごすことが可能となっています。

 

ラウンジを無料で利用することができるのは、本会員はもちろんのこと、家族会員も無料で利用することができます。

 

ダイナースクラブラウンジでは、フリーでアルコールを提供しているラウンジもあり、空港での待ち時間をラグジュアリーな空間に変えてくれるのですね。

空港サービス

銀座ダイナースクラブカードでは、空港ラウンジサービス以外にも豊富な空港サービスが用意されています。

 

ここでは、銀座ダイナースクラブカードで利用することができる空港サービスの一例をご紹介していきましょう。

 

・空港パーキングサービス:トラベルデスクで1回の購入金額が50万円以上のツアー・旅行を利用の際に、空港周辺の指定駐車場を無料で利用することができます

・手荷物宅配サービス:海外からの帰国時にスーツケース1つまでの手荷物を、自宅や勤務先などの指定の場所まで無料で配送してもらうことができます。

・パッケージツアー割引:トラベルデスクでは、大手旅行代理店のパッケージツアーを基本旅行代金の5%引きで購入することができます

・海外航空券情報:トラベルデスクでは、海外旅行の際の航空券の手配を、様々な提携航空会社の中からピッタリのチケットで手配してくれます。

・空港送迎タクシーサービス:トラベルデスクで1回の購入金額が50万円以上のツアー・旅行を利用の際に、提携タクシー会社で無料で片道を送迎してくれます。

・空港特急列車サービス:トラベルデスクで1回の購入金額が50万円以上のツアー・旅行を利用の際に、空港までの特急料金を一部無料で利用することができます。

エグゼクティブダイニング

食事をする人のカードと言う意味を持つ、ダイナースクラブカード。

 

銀座ダイナースクラブカードの最もお得なメリットのひとつともなるのが、エグゼクティブダイニングの付帯です。

 

エグゼクティブダイニングでは、提携する厳選レストランでの2名以上のコース料理の利用で、1名分を無料で利用することができる特典となっています。

 

エグゼクティブダイニングは、同一の店舗での利用は半年に1回となっていますが、使用する店舗を変えれば年間何度でも利用することができます。

 

5,000円程度のコースから、1名分20,000円程度のコースまで1名分が無料になりますので、エグゼクティブダイニングのみで余裕で年会費のもとを取ることができるのですね。

銀座ダイナースクラブカードのメリット

銀座スタイルを楽しむために発行されている銀座ダイナースでは、やはり銀座で利用する際のメリットが豊富に用意されています。

 

特別な街・銀座をさらにスマートに楽しむことができる銀座ダイナースのメリットをご紹介していきましょう。

銀座の600店の特約店でポイントが2倍

銀座ダイナースクラブカードの大きなメリットとなっているのは、銀座の老舗のお店から話題のお店までが軒を連ねる「特約店」の存在です。

 

銀座の600店舗以上の店舗が加盟する特約店での食事やお買い物では、カード利用でのポイントが2倍になる特典があります。

 

主な特約店としては、

 

和光
サンモトヤマ
銀座三越
松屋銀座
アルマーニ/銀座タワー
バーニーズニューヨーク銀座
銀座天一本店

 

など、高級百貨店をはじめとした特約店が軒を連ねます。

 

こうした百貨店のお買い物では、1回のお買い物が高額になりがちですので、ポイント2倍の特典をうけられるのは大きなメリットとなりますよね。

銀座エリアのみで、プレミアムカードと同等の優待サービスが受けられる

ダイナースクラブカードの最上位カード、ダイナースクラブプレミアムカードでは、厳選レストランでの限定メニューやウェルカムドリンクなどの特別な優待サービスを提供しています。

 

銀座ダイナースクラブカードでは、銀座エリアのレストラン限定でダイナースクラブプレミアムカードと同等のサービスをうけることが可能なのです。

 

アルマーニリストランテでのプレミアムカード会員限定ランチ
瀬戸内料理すみのえでのプレミアムカード会員限定の特別プラン
玉木でのプレミアムカード会員限定のダイナースクラブおもてなしコース

 

など、通常ではダイナースクラブプレミアムカードをお持ちの方にしか味わうことができない特別メニューを楽しむことができるのです。

 

銀座ダイナースクラブカードでは、銀座エリアではプレミアムカードと同等の力を発揮するクレジットカードとなるのですね。

銀座ダイナースクラブカードのデメリット

銀座ダイナースクラブカードのデメリットと言えるのは、ダイナースクラブカードよりも3,000円高い年会費でしょう。

 

銀座ダイナースクラブカードの年会費は税別25,000円となっており、通常のダイナースクラブの年会費よりも高額になっています。

 

しかし、銀座ダイナースクラブカードには通常のダイナースクラブカードには無い銀座エリアでの優待サービスが充実しており、その付加価値分の値段と考えると安いくらいですよね。

 

また、ダイナースクラブカードでは家族カードの発行に税別5,000円の年会費が必要となりますが、銀座ダイナースクラブカードでは家族カードは年会費無料で利用することができます。

 

夫婦や家族で利用する際には、銀座ダイナースクラブカードの方がコストパフォーマンスに優れたカードになるのですね。

ダイナースクラブカードとの違いを比較

ここでは、ダイナースクラブカードと銀座ダイナースクラブカードのサービス・基本情報の違いを比較してみましょう。

 

 

銀座ダイナースクラブカード

ダイナースクラブカード

年会費

税別25,000円

税別22,000円

家族会員

無料

税別5,000円

ETC

無料

無料

旅行保険

最高1億円

最高1億円

還元率

1.0%

1.0%

空港ラウンジ

エグゼクティブ
ダイニング

空港サービス

銀座ラウンジ

銀座での
レストラン優待

 

銀座ダイナースクラブカードは、ダイナースクラブカードのサービスに加えて銀座エリアでの特別な優待サービスを付加したカードとなっています。

 

ですので、ダイナースクラブにあって、銀座ダイナースには無いサービスと言うものはありません。

 

銀座エリアでのサービス分の付加価値で、銀座ダイナースは税別25,000円と年会費が3,000円ほど高くなっていますが、家族カードの年会費は無料で利用することができます。

 

家族でダイナースを利用する場合には、銀座エリアでのメリットを考えなくても銀座ダイナースクラブカードの方が有利になってくると言えるかも知れませんね。

銀座ダイナースクラブカードはこんな方におすすめ

特別な街、銀座エリアで特別な優越感を与えてくれる銀座ダイナースクラブカード。

 

銀座が好き
家族でダイナースを利用する
特別なクレジットカードを持ちたい

 

このような方には、銀座ダイナースクラブカードは相応しいクレジットカードとなるのではないでしょうか。

 

銀座ラウンジの利用や、銀座エリアでのプレミアムカードと同等のサービスなど、銀座エリアでのより上質な楽しみ方を提案してくれる銀座ダイナースクラブカード。

 

ハイステータスカードの代名詞でもあるダイナースのカードは、ライフスタイルをより上質なものに変えてくれるパートナーとなってくれるのですね。

 

 

Pocket

基本情報

申し込み資格年齢27歳以上の方
発行期間最短3営業日
入会金無料
年会費(本人)初年度25,000円+税
2年目以降25,000円+税
年会費(家族)初年度無料
2年目以降無料
解約金無料
締日20日
支払日翌月10日
支払い方法 1回払い、ボーナス払い、リボ払い、
旅行傷害補償海外-
国内最高1億円
ショッピング保険500万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考無料
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社会社名三井住友トラストクラブ株式会社
所在地東京都中央区晴海1-8-10晴海トリトンスクエアX棟
設立日1977年4月