Pocket

 

「ガソリン代の管理が面倒だから、法人ガソリンカードが欲しい」

「会社を設立したばかりで、法人カードの審査に落ちてしまった」

 

個人用のクレジットカードに比べると、審査のハードルも高くなってしまいがちな法人クレジットカード。

 

特に、起業したばかりの新法人などの場合、法人カードの審査に通過するのは至難の業となっています。

 

しかし、審査の必要なく、新会社でも作ることができる法人ガソリンカードが有るのをご存じでしょうか?

 

ここでは、スタートアップ法人の強い味方になってくれる「高速情報協同組合 法人ガソリンカード」の特徴・メリット・デメリットをまとめていきましょう!

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードとは?

ビジネスを行っていく中で、自分の足となる車のガソリン代というのは馬鹿にならない費用になってしまいます。

 

そうした、会社の経費となるガソリン代を支払うために、法人クレジットカードというのは必要不可欠なアイテムのひとつになっていますよね。

 

しかし、新規法人の方の場合、法人カードを作ろうと思ってもなかなか審査に通過することができずに、悔しい思いをされたことがある方も少なくないのではないでしょうか。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードは、そうした新会社でも作ることができる法人ガソリンカードとして、便利に利用することができるカードです。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードはガソリン専用カードとして、全国のガソリンスタンドで後払いでの支払いが可能な法人ガソリンカード。

 

仕事の経費として利用するガソリン代の管理を一括化することができますので、経費管理の点から見ても非常にメリットの多いカードとなっています。

 

新会社、中小企業の強い味方となってくれるのが、高速情報協同組合 法人ガソリンカードなのですね。

高速情報協同組合 法人ガソリンカードの特徴

通常、新会社の場合は法人クレジットカードなどを申込みすることが難しくなっているのが現状です。

 

そうした新会社でも作ることができる法人ガソリンカードとして発行されているのが、高速情報協同組合 法人ガソリンカードです。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードを発行しているのは、法人ガソリンカードの他に、法人ETCカードを発行している「高速情報協同組合」

 

高速情報協同組合は、中小企業協同組合として中小企業の法人ガソリンカードや法人ETCカードの発行を行っている団体です。

 

中小企業協同組合は、1つの中小企業では少ない影響力を、中小企業が団結することで大企業にも負けない交渉を行うために結成される団体です。

 

通常、中小企業単体では法人ガソリンカードの発行や、ガソリンスタンドとの価格交渉は不利になってしまいます。

 

高速情報協同組合は、中小企業が一つの団体として一括して法人ガソリンカードを申込むことで、中小企業にも有利に法人ガソリンカードを発行できるのですね。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードを発行するためには、高速情報協同組合の組合員に加盟することが必要ですが、特に組合の活動や会合などに参加する必要はありません。

 

全労災や県民共済などのように、サービスを利用する為に組合員になる必要があるだけですので、純粋に法人ガソリンカードを利用する為に加入すると考えて問題ないのです。

高速情報協同組合 法人ガソリンカードを利用する為の費用

高速情報協同組合 法人ガソリンカードは新規発行手数料・年会費ともに無料で利用することが可能となっています。

 

また、取扱手数料なども無料で利用することができますので、純粋に利用したガソリン・軽油の代金のみで利用することができるのですね。

 

ガソリン・軽油代金以外の無駄な費用の支払い不要で利用できますので、会社の経費を圧迫することが無いのは非常に嬉しいポイントとなりますよね。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードを利用するには、デポジットとして1万円のみを預けておく必要があります。

 

出資金という形で1万円を預ける形になりますが、預り金の1万円は高速情報協同組合 法人ガソリンカードを解約する際には返金されますので安心ですね。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードは、新会社でも発行することができるカードとなっていますので、倒産リスクを防ぐためにデポジットが必要となります。

高速情報協同組合 法人ガソリンカードはどこで使えるの?

高速情報協同組合 法人ガソリンカードには、2種類のカードが発行されており、全国のガソリンスタンドで給油をすることができます。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードには、

 

ENEOS

出光

 

それぞれのガソリンスタンドで利用できるカードが発行されており、会社の用途に合わせてカードを作成することができます。

 

全国11,000店舗と店舗数が多いENEOSで利用できるカードでは、全国の各地に店舗がありますので、出張の多い会社の方などが便利に利用することができます。

 

また、良く利用するガソリンスタンドが出光のスタンドの場合には出光のカードを、と用途に合わせてカードを発行することができるのは嬉しいですよね。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードは1枚しか発行することができませんので、どちらのガソリンスタンドを良く利用するかを考えて発行する必要があります。

高速情報協同組合 法人ガソリンカードのガソリン・軽油の価格は?

ガソリン・軽油の給油用のカードで、気になってくるのは給油をした際の価格です。

 

ガソリンや軽油の価格ほど、1円単位での値段の上下が話題になる商品も珍しいのではないでしょうか。

 

やはり、1度給油するだけで30リットル〜50リットル、仕事で利用する際には毎日複数台を給油することもありますので、数円の価格の差も馬鹿にできないですよね。

 

また、ガソリンや軽油の価格は地域によっても価格差があることも多くなっています。

 

現在でも、最安値の徳島県と最高値の高知県ではガソリン価格に12円の差が出ており、地域によって全く価格が違うというのを知ることができますよね。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードのガソリン・軽油の価格は、全国の平均価格によって設定されます。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードにはENEOSと出光の2種類のカードがありますが、

 

ENEOS:毎月末の全国のENEOSの平均価格より算出
出光:毎月末の全国の出光の平均価格より算出

 

このように、それぞれのガソリンスタンドの平均価格でガソリン・軽油の価格が算出されます。

 

出張の際に「さっき通ったガソリンスタンドの方が安かった!」ということを気にせず給油をすることができますので、安心して利用することができますよね。

高速情報協同組合 法人ガソリンカードの申込み資格

高速情報協同組合 法人ガソリンカードは、法人ガソリンカードとなっていますが、法人の方だけではなく個人事業主の方でも申込みをすることができます。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードを申込みすることができるのは、

 

中小企業の経営者の方
個人事業主の方
フリーランスの方

 

となっており、法人・個人問わずに、ビジネスユースで給油をされる方に便利に使ってもらえる法人ガソリンカードとなっています。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードにはクレジットカードの審査を必要とせずに発行することが可能です。

 

ただし、高速情報協同組合による所定の審査がありますので、申込みをした方が全てカードの発行に至る、というわけではありません。

 

デポジットを預けると言っても後払いで給油の料金を支払うカードとなりますので、全ての方に無差別に発行するという訳にはいかないのですね。

申込みの流れ

高速情報協同組合 法人ガソリンカードを申込みする際には、

 

申込書をPDFでダウンロードしてFAXでの申込み
オンラインで申込み

 

と言った2種類の申込み方法でカードを申込むことができます。

 

スムーズに申込みをすることができるのは、オンラインでの申込みの方がシンプルでしょう。

 

オンラインでの申込みの場合は、入力フォームに従って必要事項を記入して送信します。

 

高速情報協同組合が入力内容を確認したら、必要書類と出資金の振込先が郵送で届きます。

 

必要書類に記入して返送をする際には、

 

法人の場合:履歴事項全部証明書・代表者の運転免許証などの身分証明書・ガソリンカードを利用する車両の車検証
個人事業主の場合:確定申告書・運転免許証などの身分証明書・ガソリンカードを利用する車両の車検証

 

といった、提出書類を同封して返送する必要があります。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードを申込みする際には、提出に必要な書類を前もって用意しておいた方がスムーズでしょう。

 

必要書類に記入捺印のうえ提出書類とともに返送、1万円の出資金の振込が完了すると、法人ガソリンカードが郵送され、利用が可能になります。

高速情報協同組合 法人ガソリンカードの付帯サービス

高速情報協同組合 法人ガソリンカードは、法人クレジットカードではありませんので、ポイントサービスや旅行保険などの付帯サービスは用意されていません。

 

あくまでも、ガソリン・軽油を給油するための専用カードとしてのカードとなっているのですね。

高速情報協同組合 法人ガソリンカードのメリット

高速情報協同組合 法人ガソリンカードは、新会社や個人事業主の方でも発行することができる法人ガソリンカードです。

 

ガソリン・軽油の給油というのは、頻度も多く、1円単位で毎回価格も違うために経理担当者のストレスにもなってしまいます。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードは新会社でもガソリン・軽油専用のカードとして利用することができますので、非常にメリットの多いカードといえるのですね。

 

ここでは、具体的に高速情報協同組合 法人ガソリンカードを利用することでのメリットを解説していきましょう。

新会社・個人事業主でも発行することができる

高速情報協同組合 法人ガソリンカードの最も大きなメリットとなるのは、やはり新会社・個人事業主の方でも発行することができるカードであるという点です。

 

法人クレジットカードの場合は起業後3年以上の法人・黒字経営であること、などの申込み条件が定められていることが多く、新会社の方では発行しにくくなっています。

 

そうした、法人クレジットカードの審査に落ちてしまった方の場合でも、高速情報協同組合 法人ガソリンカードは発行することが可能となっているのですね。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードにはクレジットカードの審査がなく、非常に発行しやすいカードとなっています。

 

発行の際には高速情報協同組合による審査がありますが、クレジットカードの審査ほどハードルの高い審査ではありませんので、ほぼ問題なく発行に至るでしょう。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードは、新会社の方でも法人ガソリンカードを作成できることで、業務を拡大するパートナーになってくれるカードとなるのですね。

仕事で利用する車両の給油をまとめて清算することができる

法人カードをお持ちでない新会社の場合、従業員などに給油させる際、現金で給油させてから清算をするという方法を取られている方も多いでしょう。

 

しかし、ガソリン・軽油の給油の価格というのは、1円単位で毎回違うために、経理担当者にとっても大きなストレスになってしまいます。

 

また、社用車の給油などの場合、1回の給油が5,000円程度になってしまいますので、若い従業員の方などが一時立て替えをするのが負担になってしまう場合があります。

 

会社の看板が入った車を給油するのに1,000円分の給油では、ちょっとカッコ付かないですよね。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードを従業員に持たせておけば、給油の際の従業員の立て替えが必要ありませんので、従業員の負担を軽減することができます。

 

毎回現金で清算する必要もありませんので、経理担当者の無駄な業務も軽減できるのですね。

車両限定カードとなるので、管理がしやすい

新会社の場合、当然のことながら働く社員も新入社員ばかりということになりますよね。

 

中には、そうした信頼の浅い社員にガソリンカードを渡すのが不安、と言う社長もいらっしゃるかも知れません。

 

しかし、高速情報協同組合 法人ガソリンカードはそれぞれ車両限定となったカードとなっており、車両ごとの給油明細書が発行されますので管理も簡素化することができます。

 

万一、社員が自家用車などに不正に給油をしている場合でも、不自然に給油量が多い場合などには発見することができますので、不正使用を管理しやすいのですね。

 

また、給油明細書でどの車に何リットル給油したかも確認できますので、経費管理も簡単になるのです。

高速情報協同組合 法人ガソリンカードのデメリット

高速情報協同組合 法人ガソリンカードは、法人クレジットカードではありませんので、付帯サービスなどを利用することができません。

 

そうしたサービスが用意されていない点は高速情報協同組合 法人ガソリンカードのデメリットと言っても良いでしょう。

 

ここでは、高速情報協同組合 法人ガソリンカードのデメリット部分をまとめていきましょう。

ガソリンの給油でポイントが付かない

法人クレジットカードを利用するメリットのひとつとして、経費の支払いでお得にポイント還元をうけることができる点があります。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードでは、ガソリン・軽油の給油の際にポイントを貯めることが出来ませんので、その点はデメリットと言えるでしょう。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードは、あくまでも給油をするためだけのカードとなっているのですね。

 

ガソリンスタンドによっては、独自のポイントカードを発行しているスタンドもあります。

 

ENEOSの場合は、Tポイントカードを利用できるスタンドもありますので、利用するガソリンスタンドに確認をしてみても良いかも知れませんね。

オイル交換・洗車などには利用することができない

高速情報協同組合 法人ガソリンカードはガソリン・軽油の専用カードとなっていますので、オイル交換や洗車には利用することができません。

 

社用車の管理には、オイル交換や洗車・そして車検などの費用が必要となってきます。

 

そうした費用の支払いには高速情報協同組合 法人ガソリンカードは利用することができませんので、別途現金で管理をする必要があります。

 

しかし、ガソリン・軽油以外に使用できるカードの場合、社員の不正利用のリスクは高くなってしまいます。

 

無駄に社員を疑う必要が無い、と言う点では用途が限定されているのはプラスの要素なのではないでしょうか。

高速情報協同組合 法人ガソリンカードはこんな方におすすめ

新会社・個人事業主の方でも発行することができる高速情報協同組合 法人ガソリンカード。

 

新会社の方
個人事業主の方
社用車を多く抱えている会社の方

などに、便利に利用してもらうことができるカードとなっています。

 

ガソリン・軽油の支払いは、会社の経費支払いの中でも大きな費用になってしまうものです。

 

高速情報協同組合 法人ガソリンカードでは、新会社の方でもガソリン・軽油の支払いを管理することができますので、非常にお得に利用することができるのですね。

 

 

Pocket

基本情報

申し込み資格法人または個人事業主
発行期間
入会金出資金10,000円(退会時返却)
年会費(本人)初年度無料
2年目以降無料
年会費(家族)初年度-
2年目以降-
解約金-
締日月末締め
支払日翌月末日支払
支払い方法
旅行傷害補償海外
国内
ショッピング保険
紛失・盗難保証
ETCカード年会費
備考
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社会社名高速情報協同組合
所在地福岡県北九州市小倉北区神幸町9-1
設立日1993年3月