Pocket

 

ANAマイルが最強に貯まる+ステータス性抜群のクレジットカード!

実質無期限で貯めることが出来るANAダイナースカード!

 

入会キャンペーン

最大35500マイル相当プレゼント!

 

ANAダイナースカードの特徴

544727b7c51a30abe4fcd08da5c1e5e4-1

 

ANAダイナースカードはその名の通り、ダイナースカードにANAのメリットが盛り込まれたカードです!

 

よく比較されるライバルカードはANAアメックスゴールドカードでANAカードの中では最上級カードです。ANAカードの中では審査が最も厳しいカードと言われています。

 

 

基本的に旅行などエンターテイメントの部分でメリットを享受できるカード、年会費27000円+税でETCカードの年会費・発行手数料も無料ANAマイルへの移行手数料が無料でマイル数の上限もなくいつ何時でも移行出来るのが特徴です!

2. ANAダイナースカードの還元率

ANAダイナースカードは、ANAマイルへの移行手数料が無料で移行上限が無い事に加え、このカードの特徴としてもう一つ上げられるのが、電子マネーEdyのチャージで200円=1マイルが貯まる事です!

 

 

これはANAJCBワイドゴールドカードとANAダイナースだけのサービスとなっています!もちろんEdyで支払った分に対しても200円で1マイル貯まります!よって、100円の支出で1マイルが貯められるという事になります!!

 

 

ポイントプログラムはダイナースクラブリワードポイントでショッピング100円につき1Pが貯まりますので還元率1%となり、ANAマイルプラス提携店でのカード利用なら、100円~200円で1マイルもポイントとは別で付与されますので、還元率が1.5%~2.0%になったりもします!このボーナスマイルは美味しい部分なので、提携店は意識的に利用した方がお得です!

 

1318601315588

 

 

主な提携店は下記で。。。ダイナースクラブリワードポイントは有効期限がありませんので、有効期限のプレッシャーなどを感じる事なく、じっくりと目標ポイント数を貯められます!筆者なんかは特にそうなのですが、ポイントの有効期限を気にしながら管理したりするのは苦手なので、有効期限が無いというのは安心できます!

 

 

ほとんど申し分の無い条件が揃っていると言えますが、年会費がそれなりにかかってしまいます。よって、以下で紹介する付帯サービス・カード特典を見て年会費以上の価値を感じて頂ければと思います!!

ANAマイルプラス提携店

img_anacard_mileplus02_1601

 

ANAグループ、マツキヨ、ENEOSなどで100円で2マイル貯まる

 

セブンイレブン、高島屋、松坂屋、大丸、阪急、出光、スターバックスなどで100円で1.5マイル

3. ANAダイナースカードの付帯サービス

ANAダイナースカードに付帯される、グルメ・トラベルのサービスを紹介したいと思います。

 

3337-lang-multi

【空港ラウンジ】

国内28空港、海外600以上の空港ラウンジがあり、無料で利用可能です。

【空港送迎サービス】

対象地域の指定場所から対象となる空港までのタクシー代金を片道分無料、もしくは一部負担で利用する事が出来ます。

【空港パーキングサービス】

「トラベルデスクにて1回のご購入金額が50万円以上の海外パッケージツアー、または日本発の海外航空券をご成約頂いた場合」という条件を満たせば成田空港、羽田空港の指定パーキングを旅行期間中無料で利用できるというサービスです。             

【手荷物宅配サービス】

ダイナースクラブカードと国際線搭乗券を提示するとカード会員1名につき、海外から帰国の際にスーツケース等の荷物1個を対象空港から指定の場所まで届けてもらえるサービスです!対象空港は成田、羽田、関空、中部。。

【一休.comプレミアムサービス】

pmr_hd

 

一休プレミアムサービスのプラチナ会員のサービスを利用できます!

【海外クラブホテルズ】

世界の人気ホテル、厳選ホテルで優待を受ける事が出来ます。

【国内クラブホテルズ】

国内のリゾートホテルなどで優待を受ける事が出来ます。

【エグゼクティブダイニング】

anaダイナース

 

厳選されたお店の特別なコース料理を1名分無料または、6名以上なら2名分が無料

【おもてなしプラン】

ダイナースクラブのおもてなしの心に由来するディナーに込めた思いに賛同したお店がおもてなしの心を表す、会員限定の特別なサービスでお出迎えしてもらえるサービスです。

【ダイナースクラブサインレス・スタイル】

専用デスクでの予約で、当日はカードの提示もサインも不要となりスマートにご会食をお楽しみいただけます!

【料亭プラン】

通常では予約が困難な高給料亭をダイナースクラブが代行で予約をしてくれるサービス。格式高い料亭で大人のたしなみを!!

【アランデュカスからの招待】

パリ、モナコ、ロンドン、ニューヨークなどにレストランを展開するフランス料理シェフのアランデュカスからレストランの特典の紹介があります。

【ダイナースクラブナイトイン銀座】

銀座のバーやクラブを気軽に楽しめるように、優待サービスが受けられます

 

などなど、、代表的な優待の内容です。。。完全に富裕層向けの内容となっていますが、あえてこのようなサービスを受けて富裕層の気分を味わってみるのも人生を豊かにする為にありなんかなと思います。

特にダイナースと言う名前だけあって、グルメ系のサービスは魅力あるものが多いなと感じます!エグゼクティブダイニングやサインレススタイルなど、使いたいと思える内容の優待だと思います。

【旅行保険】

0711-lang-multi

 

《海外》

傷害死亡・後遺障害:最高1億円(自動付帯5000万、利用付帯5000万円)

傷害・疾病治療:300万円(自動付帯)

賠償責任:1億円(自動付帯)

携行品損害:50万円(自動付帯)

救援者支援:400万円(自動付帯)

 

《国内》

死亡・後遺障害:最高1億円(自動付帯5000万、利用付帯5000万円)

入院日額:10000円(自動付帯)

手術:内容に応じて10万、20万、40万(自動付帯)

通院:日額3000円(自動付帯)

 

※大半の保険が自動付帯となっており、一番使う可能性の有る傷害・疾病治療費用が300万円と携行品損害50万円は安心の内容となっています!

 

【ショッピングリカバリー】

500万円(利用条件付き)(自己負担額1万円)

4. ANAダイナースカードの審査・限度額

ANAダイナースカードの申込資格は27歳以上からとなっており、27歳以上の年齢からじゃないと使いこなせない内容が多いので納得できます。

 

利用限度額に関しては、このカードのみならずダイナースカードは限度額を設けていません!!っとなっていますが実際にはあります!!利用者には公表していないってだけです。。

 

 

ユーザーの年収から考えて、無理なく返済する事が可能な限度額というのが決められています!これはどんなに資産がある人でも必ずあって、普通に考えれば当たり前のことです!!!審査に関してはダイナースは厳しい事で有名です!ANAカードの中では間違いなく一番審査が厳しいカードです!!

 

 

ですがだいぶ審査のハードルが緩くなってきている事は間違いありません!申込資格が27歳以上という時点でそれがよくわかりますし、年齢を重要視していない証拠でもあるかと思います!

 

 

では、何を重視しているのか?いろいろと調べてみました所、公式サイトでカード発行クイック診断という機能があり、診断をしてみた結果、年齢よりも年収を重視している傾向がある事が分かります!年齢は27歳以上で何歳に設定しても年収が500万円以上の直近3ヶ月の実績と過去1年間の支払いの延滞がなければ、審査通過が可能との診断が出ます!!という事で年収500万円以上が直近3か月間実績が目安となりそうです!!

 

≪ANAダイナースカードのクイック診断はこちら≫

 

過去1年以内に遅延があった場合はマイナス要素になる事は間違いありませんが、ダイナースクラブカードは過去よりも現在の信用状況を重視する傾向がありますので、過去1年以内に遅延があった場合でも年収500万円が直近3ヶ月の実績としてあれば良しとされる可能席は高いです!ですので、過去に遅延などがあった場合でも直近の実績を3ヶ月程度作れば審査に通る事は出来るのではないかと思います。

5. ANAダイナースカードのメリット

ここでひとまずANAダイナースのメリットをまとめてみたいと思います。まずはANAマイルの移行手数料が無料で、移行上限が無い事が一番のメリットではないかと思います!!しかもマイルの元となるカードポイントは無期限!!

 

 

と言う事は!実質的にマイルを無期限で貯める事が出来るのと同じと言えますので、ANAダイナースは移行手数料無料!、上限無し!、期限無し!この理想的な3つを兼ね備えたANAマイルカードです!!ただ、ボーナスマイルはポイントではなく、最初からマイルなので、それには有効期限が有るのでその分のマイルと、ポイント移行分のマイルとのタイミングを上手く合わせていくのが重要です!それともう一つ個人的に良いと思ったのは、Edyチャージ200円で1マイルが貯まる事!これは他に少ないこのカードのメリットで注目するべきメリットです!!

 

 

後はグルメ系のカード特典は良いなと思いました!!色んなカードを見て来て、カードの特典で良いなと思った事ってあまり記憶にないので・・・・・でもこのカードの特典は良いなと思いました。エグゼクティブダイニングとかも良いですが、、、特に良いと思ったのはサインレススタイルです!!お得な特典とかとは違って、こうゆう「 スマートな富裕層 」的な気分を味わえる体験型の特典を用意するあたりは、さすがダイナース!!心得てるな~!!って思います!富裕層になったような気分を味わせてくれる事は間違いないです。

6. ANAダイナースカードのデメリット

ANAダイナースカードのデメリットは、審査が通りにくい事が上げられるのと、年会費の高さです!

この年会費に見合うようなサービス内容にはなっていると思うので、27000円税金を支払ってでも持ちたい内容と言えます!本気でANAマイルを貯めたい!ANAマイルに絞りたい!と思った方にはおススメです!!

7.ANAアメリカン・エキスプレス・ゴールドカードと比較

ANAマイルが貯められるハイスペックなライバルカードのANAアメックスゴールドカードと比較してみたいと思います!

 

まずは入会基準ですが、アメックスは20歳以上、ダイナースは27歳以上となっています!こう見ると、ANAダイナースはある程度顧客を選んでいて誰でも入れる訳じゃないといったプレミアム感を感じさせます!

 

 

審査と発行期間に関してはANAアメックスは3週間くらい、ANAダイナースは最短3営業日という表記になっており、審査から発行までのスピードはANAダイナースの方が早そうです!

 

 

ポイント還元率は100円で1ポイントと同率で、還元率も0.4%程度と差はありません!

電子マネーは両カードともEdyですが、ANAダイナースはチャージ200円で1マイル貰えます。

 

 

結構差があるなと感じたのはマイル移行単位です!ANAアメックスゴールドは1000P=1000マイルですが、ANAダイナースは郵送だと1P単位から移行する事が出来て、電話だと10P単位となっています!細かく移行できる点ではANAダイナースは使い勝手が良さそうです!双方とも移行手数料は無料です!

 

 

旅行保険はほぼ同率ですが、国内の死亡補償額がANAダイナースは自動付帯で5000万円分多くなっています!それと賠償責任という項目もANAアメックスゴールドが4000万円なのに対してANAダイナースは1億円と大きな差があります。。年会費はANAダイナースの方が安いので、素晴らしいと思います!と言っても使う事があまり無さそうな項目ではありますが。。。

 

 

カード特典に関しては、両カードとも素晴らしいと思います!空港系のサービスではほとんど差は無いのではと思いますが、個人的に感じるのはANAダイナースの特典の方が使う機会がありそうだなと感じます!こればっかりは使う人によってメリットが違うと思いますので何とも言えない部分はあります!あくまで個人的感想です!

 

 

最後に年会費ですが、ANAアメゴールドが31000円でANAダイナースが27000円となっています!4000円アメックスの方が高いです!

 

個人的に目に留まる部分を見る限りではANAダイナースの方が年会費が高そうな印象ですが、ANAアメックスの方が4000円高いです!それとETCカードもANAダイナースが無料なのに比べてANAアメックスゴールドは500円掛かります!

 

 

家族カード年会費ではANAアメックスゴールドが15500円でANAダイナースが6000円と倍近くの年会費となっていますのでカード維持コストと内容を見比べても、ANAダイナースに軍配が上がるのではないでしょうか!!

 

総合的に見て、ANAダイナースの方が要所要所を抑えてきている印象です!

 

300x250_gold

8.まとめ

ANAダイナースは27歳以上で年収500万円の実績が直近3ヶ月あれば持てるカードです!

 

 

ANAマイルを沢山貯める事が出来る仕組みに仕上がっており、ANAマイラーには本当におススメ出来るカードです。ダイナースポイントは無期限である為、実質的にマイルを無期限で貯める事が出来る事になりますので、数十万マイルを貯めようと目論んでいる方でも期限切れになったりする心配もありませんし、移行上限も無制限で手数料もありません!

 

 

また、特約店で使うとボーナスマイルが貯まる仕組みもしっかりと用意されており、Edyチャージでもマイルが貯まる数少ないカードです!

 

 

カード特典も充実しており、特にグルメ系のサービスはさすが!と言える内容です!誰もが使えるような特典で、実際に使ってみたいと思える内容だと思います!旅行保険も充実の補償内容となっていてマイルを使って海外旅行に行った時にも安心できます!

 

ANAダイナースカードはこんな方におすすめです!!
有効期限を気にしずにANAマイルを貯めたい方
富裕層向けのサービスを味わいたい方
ワンランク上を目指している30代の男性

 

≪最大30000マイル相当プレゼント!ANAダイナースカード≫

 

 

Pocket

基本情報

申し込み資格年齢27歳以上の方
発行期間審査完了後1営業日
入会金無料
年会費(本人)初年度27,000円+税
2年目以降27,000円+税
年会費(家族)初年度6,000円+税
2年目以降6,000円+税
解約金無料
締日15日
支払日翌月10日
支払い方法 1回払い、ボーナス払い、リボ払い、
旅行障害補償海外最高1億円
国内最高1億円
ショッピング保険最高500万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社会社名三井住友トラストクラブ株式会社
所在地東京都中央区晴海一丁目8番10号 トリトンスクエアX棟
設立日1977年4月