Pocket

 

「カード利用金額に一律の制限を設けない」プラチナカード級のステータス性が味わえるクレジットカード!

 

入会キャンペーン

ご入会後、利用でオリジナルマイサインキット、または15,000ポイントプレゼント!

 

【ダイナースクラブカードとは?】

4cc7c8d06aecb2d7e15519875a59036a

 

ダイナースクラブカードは日本で最初のクレジットカード会社です!

 

 

「ダイナース」の意味は食事をする人という意味!!創立者がレストランで食事をして、財布を忘れて支払いに手間取ったっという経験から、現金が無くてもツケで食事が出来るクラブを作ろう!という形でダイナースクラブカードが創立されました!これが世界で初めてレストランで利用できるクレジットカードでした!

 

 

ダイナース1

 

 

このような歴史がある事から、ダイナースクラブカードは「食事」に関したサービスが充実している印象が有ります!

 

 

日本国内においては、アメリカンエキスプレスと並んで高ステイタスカードというブランドイメージは健在です。

 

 

2016年より、カードにicチップが導入されたことで、利用する際に暗証番号入力が必要になりセキュリティ面が格段に上がりました。

※一部ご利用店舗を除く

【ダイナースクラブカードの特徴】

ダイナース2

 

ダイナースクラブカードの年会費は高額で22000円(税抜)で家族カードは5000円+税で、他社のゴールドカード・プラチナカードランク以上の内容となっています!

 

 

入会資格(審査)の年齢も27歳以上となっていて、公式サイトの「カード発行クイック診断」では年収500万以上と入力しなければ申込までたどり着くこともできません。。。

 

また、利用限度額は「一律の限度額なし」でカード会員様ごと個別で設定されているのはダイナースならではです。

 

ポイントプログラムはダイナースクラブリワードポイントで100円=1ポイントが加算されて、ポイントの有効期限は無期限です。

 

1000ポイントから交換が可能となっていて、楽天スーパーポイントや三越商品券などなど、多数の交換先がありますが、総じて還元率0.4%と低くなっていますので、共通ポイントや商品券などへの交換はおススメ出来ません!

 

 

1318601315588

 

 

ただ、ダイナースクラブ ポイントモールに掲載されているサイトを利用すれば、ポイント還元率が上がったり、お得なキャッシュバック特典のサービスが適用されます。

ポイントは何に交換すればいいの?

実は!!ダイナースクラブカードはマイルが貯めやすいと評判のカードでもあり、ダイナースグローバルマイレージ(年会費:6000円+税)に参加で、1000P=1000マイルの高レートで交換出来るようになります。1%のマイル還元率を実現出来ます。

 

ダイナースポイントが無期限なので、1~2年はポイントをしっかり貯めて、マイル移行したい年だけにダイナースグローバルマイレージに参加すれば効率的です。ANAマイルへの移行時もダイナースグローバルマイレージ以外の手数料が発生しないので、ライバルのアメックスと比べても少ない手数料で100円⇔1マイルを貯める事が出来ます。

 

ダイナース3

 

ANAマイルやスカイマイルなど、1000P単位から移行手数料無料でマイルに交換できます!(ANAは年間8万マイルまで

 

2016年2月よりアリタリア・イタリア航空/大韓航空/デルタ航空/ユナイテッド航空への年間移行マイル数の上限が最大10万マイルとなります。また、アメリカン航空へのポイント移行も終了となりました。

 

 

《効率的なポイント交換先》

◆マイル  1000ポイント⇔1000マイル (還元率1.0~1.5%)

ANA、マイレージプラス、スカイマイルとその他3社

◆JCBギフトカード 70000ポイント⇔30000円分 (還元率約0.4%)

◆Amazonギフト券 5000ポイント⇔2000円分 (還元率0.4%)

◆JTB旅行券 13000ポイント⇔5000円分 (還元率0.38%)

【ダイナースクラブカードの付帯サービス】

3337-lang-multi

 

ダイナースが提供する空港ラウンジの利用が可能!世界の600ヶ所以上の空港に会員向けラウンジを提供しています!

 

 

カード発行会社でこれだけの数の空港ラウンジを提供しているのはダイナースだけです!これは世界中に優良なエグゼクティブ会員を抱えている何よりの証拠ではないかと思います!!

 

 

他に空港系のサービスではアメックス同様に空港送迎や空港パーキング、手荷物無料宅配のサービスなどもしっかりと付帯しています!

国内・海外旅行保険が自動付帯!

死亡・後遺障害保険が海外・国内最高1億円(5000万は利用付帯)です。

 

海外での傷害・疾病治療費用は300万円、携行品損害も50万円となっており、一番使う可能性の高い傷害・疾病治療保険が最高300万円ありますので、よっぽど心配なく旅行を楽しむことが出来るかと思います!(理想は500万円くらいの枠)

 

〖海外 自動付帯

死亡・後遺障害補償 最高5000万円(利用付帯で最高1億円)
傷害治療費用 最高300万円
疾病治療費用 最高300万円
賠償責任 1億円
携行品損害 50万円
救援者費用 最高300万円

 

〖国内 利用付帯

死亡・後遺障害 最高1億円
入院 日額5000円
手術 5~20万円
通院 日額3000円

充実した保険・付帯サービス!

ダイナース4

 

ショッピング保険も500万円と安心の待遇です!(自己負担1品に付き10000円)

 

JR東海プラスEXサービスで、新幹線のチケットを窓口に並ぶ事無く予約!スマートに乗車する事が出来ます!スマートな振る舞いを求めているエグゼクティブの気持ちを良く理解しているダイナースならではのサービスですね!

 

 

国内外のホテルに優待宿泊できる、海外・国内クラブホテルズや他にはスポーツや健康系のサービスも!!ゴルフ場の予約代行サービスもあり、優待ゴルフプランで楽しむことが出来たり、コナミスポーツクラブでの優待などもあります!

 

 

9d53e87865f969e9771327ffddd463b7_s

 

 

そして、ダイナースクラブカードで忘れてはならないのがグルメサービスです!!筆者も良いなと思うグルメサービスの一つが、「ダイナースクラブ・サインレススタイル」です!!

対象のレストランをダイナースが代行予約してくれて、当日は顔パスで帰る事が出来て、「お金持ちの常連さん」を味わう事が出来るこのサービスは、ステータスを感じる事が出来るセンスのあるサービスだと思います!大切な人との利用時にスマートな振る舞いでもてなす事が出来ます!!

 

 

ダイナース5

 

 

「ダイナースクラブ・エグゼクティブダイニング」も気の利いた良いサービスです!対象レストランの特別コース料金を、会員を含む2名以上で利用すると1名分が無料になるサービスです!無料の1名分が年会費に織り込み済みだという事は理解できますが、それでも分かり易いお得なサービスでうれしいですよね!!

 

 

他にも、通常では紹介者が居ないと予約が困難な高級料亭を、代行で予約してくれる「料亭プラン」などなど、グルメサービスはお手の物となっています!

トラベルデスクは、出発の10日前までにトラベルデスクに電話すれば、最適な旅行プランを案内してもらえます。

【ダイナースクラブカードのメリット】

やはり、ステータスという部分ではないかと思います!

 

 

今でこそ、普通の属性の人でもカードを保有する事が簡単になりましたが、一昔前は完全にお金持ちしか持てないカードでした!その名残もあり、いまだにステータスカードという位置づけは変わっていません!しかしアメックスと比べると知名度は落ちてしまうのは否めません。。。知らない人はホントに知りませんので、知る人ぞ知るカードでわかる人にはわかると言った感じです!

 

 

他にはやはり、マイルへの交換率が高く、マイルが貯まりやすい点ではないかと思います!ダイナースグローバルマイレージ(年会費6000円税抜)への加入が必要になってきますが、100円で1マイルとなりますので、毎月の決済額が多ければ多いほど、どんどんマイルが貯まって行きます!

 

 

さらに、2大ブラックカードで、アメックスセンチュリオンカードに次ぐ、最短1年で取得できるという噂もある、ダイナースプレミアムカードが目指せる点も大きなメリットになります!

【ダイナースクラブカードのデメリット】

ダイナースクラブカードのデメリットとしてよく言われているのが、使えないお店が多いんじゃないかという事です。

 

これについては、そんなに使えないお店ばかりとは思いませんし、それほど困る事はないんじゃないかという印象です!たしかに国内でのJCBやVISA,Masterなどと比べると少々分が悪いかもしれませんが、、、、8割がたは使えると思いますので、あまり問題なないのではないかと思いまます!ダイナースはJCBとの提携をしているので、JCBの加盟店で使う事が出来ますので、ほとんど問題無いと言って良いかと思います。

 

 

もう一つは年会費が高い事が上げられますが、いかに得かを競うような節約カードではありませんので、付帯サービスなど、カードコンセプトを見たうえで、年会費の高さが気になるようならやめておいた方が良いかと思います!お得さを追求したカードは他に沢山ありますので。。

【ダイナースクラブカードと比較されるカード】

charge_gold_jp_di_480x304

 

ダイナースクラブカードは通常ランクのカードですが、他社のゴールドカード並みの仕様となっています。よく比較されるカードとして上げられるのがアメックスゴールドです!

 

 

簡単ですが比較してみたいと思います!どちらも節約するためのカードではありません!T&Eカードです!言い方を変えれば、もっと贅沢をする為のカードです!

という事なので、年会費はどちらも張ります!!アメックスゴールドが29000円(税抜)なのに対して、ダイナースは22000円(税抜)です!ETCカードはアメックスゴールドが500円(税抜)なのに対してダイナースは無料です!

 

 

ポイント付与率の100円=1Pとポイント還元率の0.4%程度と有効期限が無期限という部分は変わりません(アメックスは1回でもポイントを使う事が条件)。マイル交換率はどちらも最高で100円=1Pの1%です。(アメックス、ダイナース共に追加の年会費が必要)

 

 

海外旅行保険どちらも最高1億円です。空港ラウンジもどちらも世界中で使えますし、空港系のサービスもどちらも似たり寄ったりでそれほど差はありません。ホテルやグルメなどの優待の内容もハッキリ言ってそれほど差を感じません!!国内での利用状況でも、双方がJCBと提携をしており、国内加盟店数ナンバーワンのJCBが使える場所で使えるので、ほとんどのお店で使える事になり問題はありません。

 

どちらも拮抗した内容となっていて、年会費などのカード維持コストで考えるとダイナースの方がお得なように感じると思います!!

 

 

ただ、知名度やブランドイメージにおいてはアメックスに軍配が上がるのではないかと思いますので、そこら辺を差し引いて考えると年会費などの差額が埋め合わされるのではないかと思います!

 

 

後は、個人の好き嫌いの問題なのではないでしょうか??ちなみに最上級カードのブラックカードを目指すのであれば、アメックスよりはダイナースの方が取得できる可能性は高いと思います。最上級カードを目指す為にカードの取得を考えていらっしゃる方は参考にしてみて下さい!

 

 

アメックスゴールドの公式サイトはこちら

【まとめ・こんな方におすすめ】

ダイナースクラブカードはこんな方におすすめです!

野心のあるビジネスマン
高級志向の方
将来ブラックカードの取得を目指している方
女性の前で良い格好がしたい見栄っ張りな男性
クレジットカード決済でマイルを貯めたいと思っている方

などなどです(^◇^)

 

ダイナースクラブカードは完全なるT&E(トラベル&エンターテインメント)カードです。節約がしたくてクレジットカードを作りたいと考えている方は見送りましょう!

 

 

富裕層が求めそうなサービスを沢山盛り込んでいるという印象のカードですので、金持ち気分を味わいたい方や、これから金持ちになる事を目指しているような方、は作ってみるのもありなんじゃないかと思います~!!

 

 

完全なるステータスカードです。普通カードでも他社のゴールド・プラチナランクと言っても過言じゃありません。高い年会費を払ってでも価値を感じられるステータス性と優待があります。特に飲食の優待は非常に価値の有るサービスだと思います。

 

 

また、上位カードであるダイナースプレミアムカードのインビテーションを狙っている方は最初の一歩となります。ポイント無期限で、マイル移行も高い交換レートで魅力的です。

 

関連記事

avd
世界的にステータスの高いクレジットカードブランドと言えば、アメリカン・エキスプレス・カード(通称アメックス)とダイナースクラブカード。

4cc7c8d06aecb2d7e15519875a59036a
ダイナースクラブカードは日本で最初に生まれたステータス性の高いクレジットカードです。 ダイナースカードは

IMG_4121
クレジットカードの2大ブラックカード、アメックスのセンチュリオンカードともう1つのブラックカードのダイナースプレミアムカードが2015年12月14日より運営

IMG_4122
ダイナースクラブプレミアムカードはアメックスのセンチュリオンカードに次ぐ2大ブラックカードの1つと言われています。

 

Pocket

基本情報

申し込み資格年齢27歳以上の方
発行期間審査完了後1営業日
入会金無料
年会費(本人)初年度22,000円+税
2年目以降22,000円+税
年会費(家族)初年度5,000円+税
2年目以降5,000円+税
解約金無料
締日15日
支払日翌月10日
支払い方法 1回払い、ボーナス払い、リボ払い、
旅行障害補償海外最高1億円
国内最高1億円
ショッピング保険最高500万円
紛失・盗難保証
ETCカード年会費無料
備考
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社会社名三井住友トラストクラブ株式会社
所在地東京都中央区晴海一丁目8番10号 トリトンスクエアX棟
設立日1977年4月