Pocket

 

法人カードにも、単なる決済機能だけではなく「ステータス」の高いものが欲しい。

 

そうした方にオススメのクレジットカードとなるのが「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」です。

 

私も、取引先などの方に食事をご馳走になる際に、相手が出したクレジットカードが「アメックス」だと「おっ」と思ってしまいます。

 

法人経営者の方は、ステータスも仕事のうちである部分もあり、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはそうした点では申し分ないカードでしょう。

 

当然、ステータス性だけではなくアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはサービス内容も申し分の無い法人カードです。

 

  • 豊富なビジネスサポート
  • 充実した福利厚生
  • 安心の付帯保険

 

そのどれを取っても、さすがアメックス!といったサービス内容となっているのです。

 

それでは、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのメリット・デメリットを徹底的に調査していきましょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードとは

アメリカン・エキスプレスがプロパー法人カードとして発行する、基本のカードとなるのが「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」です。

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、上位カードとして「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード」が用意されています。

 

ですので、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは「通常カード」という立ち位置のカードになるのですが、他社ゴールド法人カードと比べても充実したサービス内容が魅力です。

 

同伴者1名も無料になる空港ラウンジサービスや、最高5000万円までの旅行保険など、アメックスでなければ実現できない充実したサービス内容が魅力です。

 

ビジネスカードとしてのサービス内容にも優れており、ビジネスサポートや福利厚生も申し分の無いサービス内容が付帯しています。

 

経営者であれば、1度は持ちたいカードが「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」なのです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの特徴

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの国際ブランドは、当然のことながら「アメリカン・エキスプレス」となっています。

 

日本国内ではアメックスが使えるお店が少ないのでは?と心配になってしまう方もいるかも知れません。

 

しかし、JCBの加盟店でもアメックスは利用することができますので、日本国内ではほとんどすべてのクレジットカード取扱店でアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは利用できます。

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの年会費は税別12000円、追加カードは1枚あたり税別6000円となっています。

 

因みに、年会費は経費として計上できるので、黒字企業の社長は安心ですね。

 

追加カードの発行枚数が無制限なのも法人カードとしては優秀な点であるといえるでしょう。

 

ETCカードは年会費税別500円で利用することができます。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの還元率

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの利用では、100円の利用につき1ポイントの「メンバーシップ・リワード・ポイント」が付与されます。

 

メンバーシップ・リワード・ポイントは1ポイント0.3円としてカード代金の支払いに使用することができます。

 

その他、2000ポイント=1000マイルの交換レートで「ANAマイル」に交換することも可能で、マイル還元率0.5%で利用することができます。

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのポイントはカードの利用ごとに付与され、年会費はポイント獲得後3年間となっています。

 

 

また、別途年会費税別3000円で登録することのできる「メンバーシップ・リワード・プラス」への登録もおすすめです。

 

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、ポイントの交換レートが優遇され、通常3年間のポイント有効期限が無期限になるメリットもあります。

 

ANAマイルへの交換の場合は、通常2ポイント=1マイルの交換レートがメンバーシップ・リワード・プラスに登録することで1ポイント=1マイルの等価となり還元率は1.0%となります。

 

 

法人カードを利用して、ポイントで得をしたい方はメンバーシップ・リワード・プラスに登録すると効率的です。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの申込資格・限度額

法人カードというと、法人経営者でなくては申込みができないのではないか?と思ってしまいがちなもの。

 

しかし、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、法人経営者はもちろん、個人事業主の方でも申込みをすることができます。

 

  • 個人事業主の方:20歳以上の方であれば身分証明書があれば申込み可能
  • 法人事業主の方:法人格を持つ法人の代表者が20歳以上であれば申込み可能、登記簿謄本と代表者の身分証明書が必要となっています

 

また、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの大きな特徴ともなっているのが、一定の限度額が設定されていない点です。

 

もちろん、限度額無しでいくらでも利用できるという意味ではありませんが、通常のクレジットカードに比べ限度額に余裕はあるといえるでしょう。

 

高額なお買い物をする前には、コールセンターに電話をして事前に「与信」を受けておくと安全でしょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの付帯サービス

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、豊富なビジネスサポートをはじめとした充実の付帯サービスが用意されています。

 

また、ビジネスに特化したサービスだけではなく、通常のゴールドカードにも負けないサービス内容が大きなメリットです。

安心の付帯保険

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、最高5000万円の旅行保険をはじめ、充実した付帯保険が用意されています。

 

旅行保険の詳細をご紹介していきましょう。

 

国内旅行保険 

 

死亡・後遺傷害

最高5000万円

家族の死亡・後遺傷害

最高1000万円

 

海外旅行保険

 

死亡・後遺傷害

最高5000万円

傷害・疾病治療

最高300万円

救援者費用

最高400万円

携行品損害

最高50万円

賠償責任

最高4000万円

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードでは、旅行代金やチケット料金にカードを利用した際の「利用付帯」として旅行保険が付帯します。

 

国内旅行保険では、家族の死亡や後遺障害に対しても補償をうけることができるのは嬉しいメリットとなりますよね。

 

ショッピング保険

海外・国内の旅行保険だけではなく、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードでは年間500万円までのショッピング保険も付帯します。

 

高額な買い物が多くなりがちなビジネスユースでのお買い物には嬉しい補償ですよね。

空港ラウンジサービス

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードでは、国内主要空港のラウンジをカードを提示すると無料で利用できる特典が付帯します。

 

空港ラウンジでは、無線LANを利用したインターネットの利用や、雑誌・新聞の閲覧をすることができ、搭乗までの待ち時間を有意義に過ごすことができます。

 

また、無料のソフトドリンクが提供されているラウンジも多く、出張の帰りの搭乗前などをのんびりと過ごすことも可能です。

豊富なビジネスサポート

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのもっとも大きなメリットともいえるのが、豊富に用意されたビジネスサポートです。

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードでは、

 

  • ビジネス調査代行サービス
  • ビジネス情報サービス「ジーサーチ」

 

といった、上質なビジネスサポートをうけることが可能で、ビジネスにおける新規の取引先の信用情報などの与信に役立てることができます。

 

また、面倒なマーケティング業務などのサポートも充実しており、優秀な社員を1人雇用したようなサービスをうけることが可能なのです。

 

それだけではなく「クラブオフ」では、国内外での宿泊やレジャー・ショッピングを優待価格で利用することができます。

 

日ごろのビジネスから、休日の福利厚生までをカバーしてくれるのがアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの大きなメリットともなるのです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのメリット

充実の付帯保険と、ビジネスを加速させてくれるビジネスサポート。

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのメリットはそれだけではなく、ANAマイラーにもオススメできるクレジットカードとなっています。

ANAマイルを実質無期限で貯めることができる

上記でも説明をしたように、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードでは「メンバーシップ・リワード・プラス」に登録することで大きなメリットがあります。

 

メンバーシップ・リワード・プラスに登録することで、ポイントの交換倍率が有利になるだけではなく、通常3年間のポイント有効期限を「無期限」で利用することができるのです。

 

メンバーシップ・リワード・プラスに登録すると、1ポイント=ANAマイル1マイルで交換することができます。

※年間80000マイルまで

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの利用では、100円ごとに1ポイントのポイント付与をうけることができますので、マイル還元率1%でカードを利用することが可能なのです。

 

それだけではなく、ポイントを有効期限無期限で貯めることができますので、必要マイル数までポイントを貯めて交換することで、実質有効期限無期限でマイルを貯めることができます。

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードは、年会費が別途3000円必要なメンバーシップ・リワード・プラスに登録してもコストは年間15000円。

 

マイルをお得に貯めることができることを考えれば、メンバーシップ・リワード・プラスには登録しておくべきだといえるでしょう。

会社の経費支払いで社長がタダ旅行!

クレジットカードの支払いで還元されるポイントというのは、当然のことながら「収入」ではないので経理で計上する項目もありません。

 

たとえば、キャッシュバックなどに利用して実質的に経費削減に役に立ったのであれば別ですが、基本的には経費支払いで得たポイントは「社長のもの」と考えていいでしょう。

 

いままで、ただ頭を悩ませていた経費の支払いも、貯まったポイントでANAの特典航空券をゲットできると思えば、少しはストレスの軽減にもなりますよね(笑)

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのデメリット

やはり、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードのデメリットを考えると、ビジネスカードとしては高額の年会費がネックとなってしまいます。

 

年会費10000円台で維持することができるビジネスゴールドカードも多く、コストの面だけで考えるとデメリットとなってしまいます。

 

しかし「コストパフォーマンス」で見たときはどうでしょうか?

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードでは、他のカードにはないビジネスサポートをうけることができます。

特に、マーケティングや調査などのサポートは抜群の充実度といってもいいでしょう。

 

例えば、マーケティング業務を社員にさせることを考えると、年会費12000円というのは決して高いものではないでしょう。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードのサービスの差比較

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードには、上位カードとして「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード」がラインナップされています。

 

3か月ごとの利用記録の集計や、ビジネス経費の通年割引をうけることができる「ビジネス・セービング」など、よりビジネスに特化したカード構成となっています。

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードと、ビジネス・ゴールドカードの基本的なスペックの差を比べてみましょう。

 

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード

年会費

税別12000円

税別31000円

追加カード

税別6000円

税別12000円

旅行保険

最高5000万円

最高1億円

ビジネスサービス

ビジネス調査代行サービス

ジーサーチ

クラブオフ

ビジネスコンサルティングサービス

ビジネス調査代行サービス

ジーサーチ

クラブオフ

ビジネスコンサルティングサービス

ミーティングスクエア

ビジネスセービング

空港ラウンジ

有り

有り

還元率

0.5%

0.5%

 

年会費こそアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの倍近いコストが必要なアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードですが、うけることが出来るメリットは倍以上です。

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードだけに用意された付帯サービスは、ビジネスサービスだけではありません。

 

たとえば「ビジネス・ダイニングbyぐるなび」では、大切な取引先との接待にぴったりなレストランを、専任のコンシェルジュが予算や人数に合わせて手配してくれます。

 

さらに飛躍を目指す会社の法人カードには、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカードがオススメです!

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードはこんな方におすすめ

他社の法人カードとは一線を画すサービス内容が魅力のアメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード。

 

法人カードも高ステータスのカードが欲しい
経費支払いでマイルを賢く貯めたい
さらに自社のビジネスを拡大したい

 

といった方は、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードを申込むメリットがあるでしょう。

 

会社にとって法人カードというのは、単なる決済サービスではありません。

 

「そのカードを保有することで、自社にどのようなメリットがあるのか」それを、新人を面接するのと同じ、厳しい視点で判断する必要があるのです。

 

 

Pocket

基本情報

申し込み資格20歳以上の個人事業主、もしくは法人の代表者
発行期間通常1ヶ月程度
入会金無料
年会費(本人)初年度12,000円+税
2年目以降12,000円+税
年会費(家族)初年度6,000円+税
2年目以降6,000円+税
解約金-
締日入会時に通知
支払日入会時に通知
支払い方法 1回払い、その他
旅行傷害補償海外最高5,000万円(家族:1,000万円)
国内最高5,000万円(家族:1,000万円)
ショッピング保険年間500万円(免責1事故10,000円)
紛失・盗難保証
ETCカード年会費500円+税
備考
空港サービス空港ラウンジ
プライオリティパス
発行会社会社名アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド
所在地東京都杉並区荻窪4-30-16
設立日